【辛口レビュー】実際どう?JACリクルートメントの評判

転職エージェントの中でもJACリクルートメントは相当に特色あるエージェントだ。

簡単に特徴をまとめると

・外資系企業の求人が多い
・年収600~2000万円の高年収の求人が多い
・海外勤務の求人も多い
・業界”経験者”が担当エージェントにつく

JACリクルートメントがオススメな人は

マネジメント経験や特定のプロフェッショナルなスキルがある
・高学歴(早慶上同旧帝大)
・英語、中国語などの言語スキル(TOEIC700以上)所持

JACリクルートメントは一定の経験やスキルが求められる求人が多いので利用者の年齢層は高め。25~29歳の人でもマネジメント経験やプロフェッショナルなスキルがあればマッチした求人があるが基本的には30~50代のハイキャリアな人向けの求人が過半数を占めている。


JACリクルートメントが外資系企業の求人や海外勤務の求人に強いのはその発祥による。JACリクルートメントは1988年に英国ロンドンで創設された。



東京本社の他、海外(マレーシア、シンガポール、香港、インドネシア、韓国、タイ、中国北京、ベトナム、インド、英国、ドイツ)にもオフィスを構えている。他の転職エージェントでは入手できない海外現地の企業の採用情報にいち早くキャッチアップできる優位性を持っている。

以降では実際JACリクルートメントはどうなのか、利用者の声を紹介していこう。

スポンサーリンク

JACリクルートメントの良い評判

良い評判➀業界”経験者”が担当エージェントにつく

JACリクルートメントの担当エージェントは精鋭揃いという声が多い。

新卒から担当エージェントを育成する大手転職エージェントと異なり、JACリクルートメントはその業界で勤務経験のある人が担当エージェントになる。つまりITエンジニアの求職者にはITエンジニア経験のある担当エージェントが、法人営業の求職者には法人営業経験のある担当エージェントとしてつく。

専門性の高い担当エージェントを集められる理由はシンプルに報酬体系の問題である。四季報によるとJACリクルートメントの平均年収は704万円(33.8歳)。できる人であれば年収は800万円超えている。評価体系も実力主義で精鋭のエージェントが集まりやすい環境を用意している。

「担当エージェントが精鋭ぞろい」

「各業界の担当者がつく」

「担当の人は誰と話しても”できる人”って感じ」

良い評判②担当エージェントの面談の質が高い

JACリクルートメントの担当エージェントは求職者の希望する業種での勤務歴があるなど専門知識が豊富なこともあってかなり正確なアドバイスをもらえる。

また担当エージェントは企業と求職者を1人で担当している。その分、企業と連絡を頻繁に取り求人に対する理解も深いためマッチングの精度が高くなる。

ただその分「○○のスキルと○○の経験が不足しているのでこの企業の求人は難しいですね」とダイレクトに伝えられる厳しさはある。

「的確な現状分析で信用できる」

「リクルートの比じゃないくらいきめ細かいアドバイス」

「親切、丁寧。今後のキャリアのことも考えてくれた」

「海外就職での現地の生活水準やビザ要件もアドバイスくれた」

良い評判③年収が高い外資系の求人が多い

JACリクルートメントの求人には年収600万円~2000万円のレンジの外資系の求人が多く総じて質が高い。

大手エージェントにありがちなブラック企業の求人は紛れ込んでおらずハイキャリアな人なら時間を無駄にすることなく安心して転職活動ができる。

「年収150万円アップの外資系の内定もらった」

「高年収、業界に特化した求人」

「外資系の案件に強い」

良い評判④海外勤務の求人が多い

JACリクルートメントには海外勤務の案件もある。ただしリクルートと比較すると案件数は少ない。

リクルートの海外勤務の求人は未経験でもOKな求人が多いが年収は現地大卒並みの給料のものも多い。一方、JACリクルートメントの場合は海外勤務の求人にしても高年収なものが多く経験・スキルが求められる。

「海外転職で使用。案件少ないが丁寧」

スポンサーリンク

JACリクルートメントの悪い評判

悪い評判➀年収が低いと紹介される求人が限られる

現在の仕事の年収が600万円以下だと紹介される求人はかなり限られる、もしくは紹介してくれない。

20代の人の口コミに多く見受けられるがJACリクルートメントが全く取り合ってくれなかったと不評。

「紹介できる求人はありませんと言われた」

悪い評判②経験が浅いと紹介される求人が限られる

JACリクルートメントの場合はポテンシャルを見られるというよりもすでに経験や特定の分野のスキルを持った人を求める求人が多い。第二新卒で経験が浅いと紹介される求人は少ない、もしくは存在しない。

「第二新卒だと求人はかなり限られる」

スポンサーリンク

自分の市場価値を知るのにも有用

JACリクルートメントは以下の条件に当てはまる人に適している。

マネジメント経験や特定のプロフェッショナルなスキルがある
・高学歴(早慶上同旧帝大)
・英語、中国語などの言語スキル(TOEIC700以上)所持

特定の業界での経験年数は十分あるし特定スキルもある、ただ転職経験がないので自分にどれだけ市場価値があるのか、転職できるかも分からないという人は多いだろう。

JACリクルートメントの精鋭揃いな担当エージェントと面談をすれば自分の市場価値をかなり正確に理解できる。そういった意味でも登録する価値は十分にあるだろう。

タイトルとURLをコピーしました