【断言】30歳でプログラミングを学ぶのは遅くない、その理由をエンジニアが解説

30歳からプログラミングとか遅すぎ

こんな話を聞くことありませんか?

つい不安になりますよね。

ただ結論から言いますが「30歳からプログラミングを学ぶのは遅くないです。断じて遅くないです。

人生100年時代。リカレント教育と言う言葉があるように年齢に関係なく「新しいことを学ぶ」のは今後スタンダードになってくるでしょう。

ではなぜ「30歳からプログラミングを学ぶのは遅い」 と言われているのでしょうか。これは30歳を超えた辺りからエンジニア転職をする難易度が上がり始めることに由来しています。

エンジニア転職する場合、20代の若いうちにプログラミングを勉強しておいた方が有利になるのは確かです。

ただ、だからと言って30歳からプログラミングを学ぶのが遅いわけでは全くないです。またエンジニア転職するにしても30歳からプログラミング学習開始しても十分間に合います。

本記事では現役フリーランスエンジニアでかつ転職エージェントとしてエンジニアの採用代行もしている須賀が「30歳からプログラミングを学ぶのが遅くない理由」を解説します。

編集部(須賀)より

編集部の須賀です。これまで20社以上のプログラミングスクールと受講生を取材してきました。各スクールの教材や講師についても授業を受講しチェックした上でおすすめスクールをこちらの記事「本当に力のつくおすすめプログラミングスクールまとめ」で掲載しています。

実際受講した際に使用したスクールの教材、取材させていただいた方々(※一部)
スポンサーリンク

30歳からプログラミングを学び始めるのは別に遅くない理由

30歳からプログラミングを学び始めるのが全然遅くない理由について解説していきますね。

大きく分けて以下2つの理由から説明できます。

1.30歳以上でプログラミングを学び始めてる人は山ほどいるから
2.プログラミングを扱える人へのニーズは急増しているから

1.30歳以上でプログラミングを学び始めてる人は山ほどいるから

そもそもですが30歳以上でプログラミングを学び始めた人は本当にゴロゴロいます。

たとえばですが有名なプログラミングスクールのテックキャンプだと受講生の20%ほどが30代以上となっています。

みなさんプログラミングを学習してエンジニア転職を目指しているんですよね。転職に成功してる人も普通にたくさんいます。

実際に私の知人に以下の様な人もいますので紹介しておきますね。

30歳以上でエンジニア転職に成功した知人の例

私の知人で36歳ながらも営業からRailsエンジニアに転職した人がいます。

彼は常々、手に職がない状態に危機感を持っていましたね。「もう少し歳をとってリストラされた場合、再就職先は見つかりそうにない」と不安がっていました。

普段から仕事でExcelやVBAも扱うケースがあったためプログラミングに興味を持ちエンジニアへの転職を決断。

実務レベルのプログラミングスキルがつくと有名なテックキャンプ エンジニア転職を受講してプログラミングを習得し転職に成功しました。

現在はWebサービスの開発・運営をしているITベンチャーに勤務しています。

2.プログラミングを扱える人へのニーズは急増しているから

とにかく今の日本にはIT人材が足りていません。

ベテランエンジニアはこれからどんどん退職していくことになります。一方で少子高齢化によって若年層のエンジニアの数はどんどん減ってきています。

2030年には最大で約79万人ほどIT人材の不足が拡大すると推定されています。

企業は猫の手も借りたいレベルでIT人材が不足することになるでしょう。というかすでにIT人材獲得競争は熾烈さを増しています。以下の図を見てください。

人材会社のDodaが発表した求人倍率です。
IT・通信がエンジニアにあたりますが求人倍率はなんと5.22倍です。この不景気の中でこの求人倍率の高さは凄い。

企業がIT人材を取り合っている中、30歳という年齢はエンジニア転職においては大きなハンデにはならなくなっています。

もちろん企業は若い人材を好む傾向もありますが30歳であればまだまだ若い部類に入るのでほとんどハンデにはならないですね。

スポンサーリンク

趣味にするつもりでプログラミングを始めてみる

プログラミング自分は習得できるかな…あんまり自信ないのよね。

その気持ちもわかります。確かに新しいことを始めて失敗するのって怖いですよね。

それなら、とりあえず趣味的に始めてみると良いと思うんですよね。あまり意気込んで始めなくても良いでしょう。

何もしないで悶々としてるよりもとりあえず軽い気持ちで行動した方がよっぽど有効な時間の使い方になると思いますよ。

もしプログラミングを学習して挫折してもそれはそれで1つの学びです。

「自分にはプログラミングが向いていなかったんだな」と諦めがつきます。チャレンジしてみて別の道が開けてくる事も往々にしてありますしね。

たとえば「自分にはプログラミングは向いてなかったけどWebデザインは結構得意かも」みたいに気づきもたくさんあります。

とりあえず趣味的にプログラミング学習を始めてみると良いでしょう。

以降では30歳からプログラミングを学ぶのにベストな方法をお伝えしますね。

スポンサーリンク

30歳からプログラミングを学ぶのにベストな方法

30歳からプログラミングを学ぶのにベストな方法は2通りあります。

方法①独学で勉強する
方法②プログラミングスクールで勉強する

方法①独学で勉強する

1つ目は独学での勉強です。

プログラミング練習サイトを使用すると月額980円ほどと格安で勉強することができます。無料で学習できるサイトもありますよ。

おすすめのプログラミング練習サイトは以下

です。

ただし独学での勉強は挫折しやすいです。一般的にですが90%は独学に挫折すると言われています。これはあながち間違ってない数字かと。

プログラミングが難しいから挫折するわけではないです。プログラミングをどのように学習すれば良いか分からずモチベーションが続かないから挫折するのです。

独学は言うなればゴールが全く見えない、どこまで走ればよいのか分からないマラソン大会に参加するのに近い感じです。

私自身も独学でのプログラミング学習に失敗してTechAcademyを受講した経験がありますので。独学挫折経験者の1人です笑

お金に余裕がある人はプログラミングスクールを利用したほうが良いです。

方法②プログラミングスクールで勉強する

まず独学にチャレンジしてみても良いと思いますが 独学挫折経験者としては最初からプログラミングスクールを利用することをおすすめします。

プログラミングスクールの何が良いのかというと「何をどのように勉強すればどんなことができるようになるのか」ゴールが見えやすい点です。

プログラミング学習を熟知した講師がついて学習計画の策定や進捗管理をしてくれるのでモチベーションも保ちやすいです。

おすすめのスクールは目的別に以下の2つがあります。

1.とりあえず勉強したい → TechAcademyのPHP/Laravelコース
2.30歳以上でエンジニア転職したいなら → テックキャンプ エンジニア転職

1.とりあえず勉強したいならTechAcademy

エンジニア転職する気はないけど、ちょっとプログラミングを勉強してみたいなって思ってるんだよね。

とりあえず勉強だけしたい人にはTechAcademyがおすすめですね。

TechAcademyでは現役エンジニアの専属講師が受講生1人1人について週2回学習計画の策定と進捗管理をしてくれます。

最終的にはオリジナルWebアプリの開発も可能ですよ。オリジナルWebアプリを開発するだけのスキルがつけば副業で案件を獲得できる可能性も十分にあります。

なおTechAcademyには多種多様なコースがありますのでどれにすればよいか迷うかもしれません。

おすすめしたいのがPHP/Laravelコースですね。PHPは日本全国の沢山の企業がWebサイトやWebアプリの開発に採用している言語です。企業が外注するケースも多く副業案件も豊富にあります。

副業で月5~15万円ほどサクッと稼ぎたい人におすすめできるコースです。

TechAcademyでは無料体験レッスンを1週間受講できるので一度試してみると良いでよう。

TechAcademy無料体験レッスン詳細はこちら

2.30歳以上でエンジニア転職したいならテックキャンプ

エンジニア転職したい人にはテックキャンプ エンジニア転職をおすすめします。

テックキャンプ エンジニア転職は有名人気スクール「テックキャンプ」のエンジニア転職に特化したコースで最短70日でのエンジニア転職を目指せます。ただし1日の学習時間は10時間前後求められるのでかなりハードです。

他のプログラミングスクールだと30歳以下と年齢制限を設けているスクールも多いですがテックキャンプ エンジニア転職は30歳以上もウェルカムです。

しかし、なぜ多くのスクールは30歳以下と年齢制限を設けるのか。

この理由はプログラミングスクールは受講料以外に受講生を企業に紹介することで紹介料を受け取るビジネスモデルとなっているからです。30歳以上になると企業が採用を躊躇し始めるので就職できる可能性の高い30歳以下のみを受講生として受け入れてるわけです。

一方でテックキャンプ エンジニア転職は30歳以上の受け入れにも積極的です。この理由は30歳以上でもエンジニア転職を成功させるだけの充実したカリキュラムとサポート体制を持っているからです。

テックキャンプ エンジニア転職は無料カウンセリングも提供しているので参加して話を聞いてみましょう。エンジニア転職の話、卒業後の就職先企業の年収など何でも質問できますよ。

>> テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリングはこちら

スポンサーリンク

まとめ:プログラミングを学習すると選択肢が増えて人生の自由度が上がる

強調しておきたいのが「プログラミング学習 = エンジニア転職」ではない点です。

エンジニアにならずともプログラミングスキルは有用なスキルです。お金を生むスキルです。

プログラミングを組めると業務効率化のためのシステムを開発できたりマーケティングを自動化したりと何かと便利です。

そうやってプログラミングをビジネスに活用できるIT人材は企業が喉から手が出るほど欲しがっています。

たとえばですがある会員制サイトの運営企業がログイン頻度の低いユーザーをターゲットに営業メールを送信する作業を自動化したいと考えていたとします。

そんな時にプログラミングを知っているあなたが大活躍するでしょう。

ログイン頻度が低い会員を自動検出しメールを送るプログラムを組むことで業務効率化を達成し膨大なコスト削減に成功。

この様にプログラミングをビジネスに活用できるIT人材はエンジニアでなくとも企業から引っ張りだこです。キャリアの選択肢は無限に広がっていきますよ。

断言できますがプログラミングはコスパの良いスキルです。30歳になった今こそプログラミングを習得してキャリアの選択肢を広げていきましょう。みなさんの健闘を祈っています。

併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました