実際レアジョブ英会話を使っている私が口コミ・評判をまとめた

なんじゃこりゃあ

レアジョブの講師が可愛すぎる。

これまで10社以上のオンライン英会話を受講してきましたが史上最強のかわいいおなご衆である。

筆者
筆者

割とガチでレアジョブ講師と結婚したい…

つーかフィリピン人ってこんなかわいいのか?

レアジョブ明らかに顔採用してるはず。以下私が既にレッスンを受講して「この子好き」と感じた講師たちです。めっちゃ可愛くないですか?

驚くのがレアジョブ講師はかわいいだけでなく講師としての質も高い点です。

割と間違いの指摘もしっかりしてくれるし指摘の前に「フィードバックするけどいい?」と一々健気な気遣いまであるのです。

筆者
筆者

優しい♡

ただし問題もあります。

レアジョブは6000人以上講師がいるので中にはドタキャンする講師もいます。またそうしたドタキャン講師をプロフィールから見分けるのが難しいんです。

なぜならレアジョブのプロフィールには「評価点が表示されていない」からです。
他のオンライン英会話だと4.8点、4.92点など講師毎に点数が表示されていますがレアジョブにはそれがない。

だから地雷講師かどうか、ドタキャンしそうな講師かはレッスンを受けるまでは分からないのです。

今日の講師は地雷じゃないかどうかわくわく、ドキドキ。とはなりませんよね。

できれば講師を選ぶ段階で地雷講師に当たる確率を下げたいですよね。

とはいえこのデメリットを上回るメリットがレアジョブには間違いなくあります。

講師の質は高い講師は非常に高いですね。これは間違いないです。他のスクールの講師だとありがちなよそ見はしません。話をしっかり聞いてくれて指摘も的確です。発音も非常にキレイです。

なので筆者はレアジョブで質の高い講師を5,6人か見つけてその講師のレッスンだけ受ける様にしています。

今回はレアジョブを1か月以上受講している受講生の私がレアジョブについて感じるメリット・デメリットをぶっちゃけますね。

また他の受講生の口コミ・評判もまとめて解説しより客観的、多角的にレアジョブのメリット・デメリットをお伝えします。

レアジョブの口コミ・評判で判明したメリット・デメリット

レアジョブを受講した私が他の受講生の口コミ・評判も交えてレアジョブのメリット・デメリットを中立的にまとめて解説します。

デメリット

「講師のドタキャンあり」

「発音悪い講師がいる」

「講師の質にバラツキがある」

メリット

「教材の質が高い」

「優しめの講師が多い」

「講師の質が高い」

「レアジョブ独自のビデオ電話システム」


レアジョブのデメリット

デメリット①講師のドタキャンあり

レアジョブ名物のドタキャン

忖度せずに語りますが、レアジョブは他のオンライン英会話よりもドタキャンが多いです。

私が1か月毎日受講した中で2、3回ドタキャンがありました。ドタキャンされた時の図は以下です。

レアジョブ講師のドタキャンが多い

レアジョブ講師が入室していなかった

デメリット②発音悪い講師がいる

レアジョブ講師は発音が悪い、訛っているという悪評もありますね。

ただ私はこれまでレアジョブ以外にフィリピン系のオンライン英会話を10社ほど受講しましたが発音はどこも似たり寄ったりかなと思います。

私のお気に入りレアジョブ講師群は発音そんなに悪くないですけどね(※メリットの項目において動画で講師の発音も紹介しますね。普通に発音良いと思います)

発音悪い

フィリピン訛りが強い

デメリット③講師の質にバラツキがある

レアジョブの講師は6000人以上います。そうなるとやっぱり講師の質にはばらつきが出てきますね。

もう少し規模の小さいスクールであれ生徒数も少なく講師の質のコントロールも効くんでしょうがレアジョブほど大手になるとやはり講師の質がバラついてきます。

レッスンの質は講師による

レアジョブのメリット

メリット①教材の質が高い

レアジョブの教材、とくに「実用英会話」はイラスト付きで分かりやすいです。

ただイラストが若干オーバーなのが多いので面白いw

「実用英会話」は単語、発音、文法、応用の要素がぎゅっと教材に凝縮されているのでこれやりこめば英語力は普通に上がるでしょう。

教材の質が高い

教材がしっかりしている

メリット②優しめの講師が多い

レアジョブの講師は全体的に優しめの講師が多いなと思います。実際そういった口コミが多いですね。

指摘する時も「フィードバックするけどいい?」と事前確認してくる気遣いのできる講師が多いですね。

レアジョブ講師話しやすかった

ゆっくり話してくれた

柔和な雰囲気の講師が多い

メリット②講師の質が高い

レアジョブは講師が6000人以上いて中には米国人とフィリピン人とのハーフだったり米国在住歴のある講師も結構いてネイティブそのものな英語を話す講師もいます。

ネイティブ講師のレッスンを受けようと思うとどうしてもレッスン代は高くなります。DMM英会話のプラスネイティブプランだと月額1万5800円ですね。

でもぶっちゃけレアジョブの質の高い講師のレッスンをお気に入り登録すればそんな高額な料金払う必要ありませんよ。

レアジョブの講師の中には非常に質が高い講師がいます。これは私自身が受講して実際に体感したことでもあり確信を持って言えることです。

どうやらこれは講師の採用テストが結構厳しいのが関係してるみたいですね。レアジョブ講師に訊いてみました。

レアジョブ講師
レアジョブ講師

文法力をチェックする筆記テスト、レッスンをしっかり行えるか通信環境をチェックするテスト、レアジョブ社員による面接、模擬授業があったわ。あと3カ月に一回の頻度でレアジョブ社員に対して模擬授業をしないと駄目なの。

レアジョブは採用してからも講師の質を定期的にチェックしてるようです。講師にとってレアジョブは働きやすい環境みたいですがなあなあではないようなので生徒側からすると安心ですね。

講師の質が高い

以下が講師との実際のレッスンの様子です。発音いいでしょ?

あと凄い優しい講師でした。

レアジョブのレッスン様子

メリット④レアジョブ独自のビデオ電話システム

レアジョブでは自社のビデオ電話システムがあります。レッスン受講ではスカイプ不要です。レアジョブのサイトからそのままレッスンを受講できます。

スカイプをいちいち立ち上げなくていいのがストレスフリーですね。

スカイプ不要

レアジョブのコースと料金、おすすめ教材の紹介

月額料金日常英会話コース
毎日25分プラン5800円
毎日50分プラン9700円
月8回レッスン(1レッスン25分)プラン 4200円 
ビジネス英会話もしくは中学生・高校生コース
毎日25分プラン9800円
時間6時~25時
講師フィリピン人講師6000名以上在籍※採用率1%のテスト通過者のみ
オンライン電話ツール自社通話ツール(Skype不要)

レアジョブには大きく分けて以下3つのコースがあります。

・日常英会話コース
・ビジネス英会話コース

中学生・高校生コース

日常英会話コース、ビジネス英会話、中学生・高校生コースではそれぞれに使用できる教材と講師の質に違いがあります。

筆者
筆者

レッスンを受けてみて感じたことですがビジネス英会話コースじゃなくとも日常英会話コースの教材と講師で十分です。この日常英会話コースでしっかり勉強すれば英語を話せるようになるでしょう。

日常英会話コース

一般的なコースです。

使用できる教材は日常英会話だけでなくデイリーニュース、発音、ニュース、ディスカッション教材も使用可能。

自分のレベルを段階的に伸ばしていきたい人は日常英会話教材で段階を踏んでステップアップすることをおススメします。

日常英会話教材はレベル1~8まであります。

トピックは
・初めての英会話
・海外旅行
・伝統
・趣味&習慣
・仕事
・人間関係
・健康
・テクノロジー&サイエンス

などなど。

レベル8になると使用する英単語、構文もなかなかの難易度です。この内容をまんま習得できればTOEICで900点以上は取れるでしょう。

まずオンライン英会話を始めたいという人はこの日常英会話でも十分事足りると思います。

教材はビジュアル豊富で分かりやすいですね。

特に発音の説明が親切。このあたりレアジョブのこれまで蓄積したコンテンツパワー、老舗の底力を垣間見ました。

ビジネス英会話コース

ビジネス英会話コース担当の認定講師はTESOL保持者によるトレーニングを経ているのでビジネス英語にもガッツリ対応しています。

ミーティングの設定、商談、プレゼン、退職や契約、M&A、雇用、起業などビジネス英語に必要な表現を段階的に習得していけます。

ビジネス英会話コース教材

段階的に英語力を向上させていきたい、ビジネス英語を身につけたい人にとって重宝すると思いますね。

中学生・高校生コース

レアジョブの中学生・高校生コースは

・英検®二次試験対策
・読む・聞く・話す・書くの4技能を鍛えるカリキュラム

この2つに特化した内容となっています。

英検®二次試験対策のための模擬面接をレアジョブ講師の助けを借りて実施できます。

インプット(読む・聞く)とアウトプット(話す・書く)を繰り返してむ・聞く・話す・書くの4技能を鍛えていきます。

おすすめ教材)デイリーニュースはかなりオススメ

日常英会話コース、ビジネス英会話コース、中学生・高校生コースのどのコースでも利用できるデイリーニュースはトピック的にも割と楽しいネタが多くおススメです。

デイリーニュースの記事の一例ですが「NASAが宇宙用のトイレのコンテストを開催

筆者
筆者

おっこの記事面白そう!

デイリーニュースを使って講師とディスカッションすることもできます。

英語の音声の再生プレイヤーもついているのでリスニングの練習も可能です。

レアジョブ英会話の体験レッスンの流れ

レアジョブで実際にレッスンを受講する際の流れを紹介します。

今回はまだレアジョブに入会していない読者の方向けに私がだいぶ前に体験レッスンを受けた時の流れを解説します。

①講師を選択

②レッスン受講

③復習

➀講師を選択

講師は年齢・性別・趣味・職業などで条件検索できます。

趣味は映画・読書・インターネット、職業はマーケティングにチェックを入れて検索するなどできます。

レッスンは朝6時~夜25時で受講できるのがありがたい。この時間帯なら仕事前や仕事後にも受けることが可能ですね。

ちなみにレアジョブはレッスン開始時間5分前のぎりぎり直前に予約することも可能です。これはかなり助かります。

レアジョブには講師が6000人以上在籍しているからこそ可能な芸当です。

今回、私はジョイ先生にレッスンをお願いすることにしました。

ジョイ先生はフィリピンの私立大学セント・ラ・サル大学の経営学部を卒業されたとのことで人事マネージャーとしての職務経歴があります。

映画やサイエンスフィクションが好みだそう。日本語は話せないそうですね。講師の中には日本語をある程度話せる人もいるようです。

②レッスン受講

レアジョブのトップ画面に行くとレッスンの予定が表示されています。レッスンを受講するには赤枠のレッスンルームに入室しましょう。

レッスンの前に使用する教材を選択しておきます。

教材は講師と画面共有しながら使用できます。これは便利です。

早速レッスン開始です。

ジョイ先生がまずは自ら先に自己紹介をして話しやすい雰囲気を作ってくれるので恐れることなく話せますね。

ちなみにジョイ先生の英語力は普通にネイティブに近いものでした。こちらの発音もチェックしてくれますしジョイ先生の英語にはフィリピン英語の訛りもありませんでした。

今回は初回レッスンでしたのでレベルチェックとして簡単な自己紹介をお互いにしていきます。その後、自分の仕事、好きな食べ物、最近使用したサービスについて話していきます。

結果としてレベル6と診断されました。通級の興味があることについて、会話が続くレベルとのことですね。

私はTOEICも910点所持しているのですがアウトプットはまだまだ駄目なのだと判明しました。

レベルチェックの後は自分のレベルに応じた教材を講師が提示してくれますのでそちらを利用して英語力向上のためのレッスンをしていきます。

教材のテーマは「同僚とミーティング日時を決定する会話のやりとりを習得する」でした。

同僚とミーティングの日時を決める上で使用する頻出表現を音読します。

頻出表現を覚えた後は実際に対話形式のロールプレイングで英語を練習していきます。

最終的には講師を同僚に見立ててミーティングのアポイントを取るための会話を練習します。目的はミーティングのアポイントを立てることなのでレッスンで練習した頻出表現を使用しても良いですし自分なりの表現でも問題ありません。

③復習

レッスンの後は講師からフィードバックをもらえます。

使った誤表現「More few years」

正しい表現 「few more years」

発音についてcityはsih-tee、arrangeはuh-REYNJと発音しましょうと指摘してもらいました。

またいざレッスンで話すと簡単な内容であっても文を組み立てて正しく話すのが難しいことに気づけました。

レッスンで使用した教材はPDFでいつでもダウンロードできますのでスマホで持ち歩いて復習に使用すると良いでしょう。

レアジョブを他のスクールと比較してみる

レアジョブの月額料金は5800円。

教材と料金、内容を鑑みてレアジョブが向いている人は

安い金額で手軽に質の高い講師のレッスンを受けたい大人

です。

他のオンライン英会話と再度比較します。

レアジョブ日常英会話コース
毎日25分プラン5800円
毎日50分プラン9700円
月8回レッスン(1レッスン25分)プラン 4200円 
ビジネス英会話もしくは中学生・高校生コース
毎日25分プラン9800円
DMM英会話毎日25分プラン5980円
ビズメイツ 毎日25分プラン1万1000円
Hanaso毎日25分プラン5980円
Kimini毎日25分プラン5480円

ビジネス英会話ならビジネス英語に特化したビズメイツの方がおすすめです。

小中高生なら値段の変わらないKiminiの方がおすすめです。

色んな国の講師のレッスンを受けたいならDMM英会話がおすすめです。

Hanasoと比較した場合ですがHanasoレアジョブより講師の質が平均的に高いです。
ただ質の高い講師同士の比較であればレアジョブに軍配が上がりますね。あとHanasoはスカイプが必要ですのでそれが少し不便。

安い金額で手軽にサクッと質の高い講師のレッスンを受けたい人にレアジョブは向いています。

無料レッスンを受講してみよう

レアジョブの日常英会話コースに関しては文句なしのコスパの良さでしょう。

講師はしっかりとこちらの英語の間違いを優しくも指摘してくれて英語力を伸ばそうとする姿勢が見られます。

無料体験レッスンは公式サイトから受講できます。

レアジョブ公式サイト
https://www.rarejob.com/

タイトルとURLをコピーしました