【1か月受講】レアジョブ英会話の教材・料金について正直に語る※動画あり

大変である

レアジョブは講師がこれまで受講したオンライン英会話史上最もかわいいです。

筆者
筆者

レアジョブ経営陣はよくわかってるな~まんまとハニートラップにかかったぜ

なぜ私がレアジョブを1か月間にわたり毎日欠かさず受講できたのか。
その最大の秘訣はレアジョブの教材が良いからでもレアジョブお手製の電話ツールが良いからでもなく「講師がかわいいから」です。

う~ん。レアジョブの教材と料金のこと知りたいんだけど…

ごほん。そうですね。

オンライン英会話って毎日25分プランの料金は5000~6000円のところが多いですよね。
レアジョブも例にもれず毎日25分プランは月5800円という平均的な料金設定です。

他のスクールとレアジョブとは何が違うのかしら?何がレアジョブの良さなの?

たくさんオンライン英会話がある中で必然的にレアジョブの良さは何なのか気になってきますよね。

本記事では10社以上のオンライン英会話スクールを受講した私が他のスクールと比較した際の
・レアジョブの料金
・教材の質
・講師の質
を評価し
レアジョブのコスパどうなの問題」を徹底評論していきます。

ちなみにレアジョブ競合のDMM英会話などは140回以上受講済みですw

でも講師の質はDMM英会話よりレアジョブの方が圧倒的に良いと感じます。DMM英会話の方は色んな国の講師がいるので色んな英語を聞ける点が良いので続けてます。

それはさておき本題に入っていきますね。

1か月受講して判明したレアジョブならではの特徴

レアジョブは2007年10月18日にフィリピンで設立されたオンライン英会話スクールの先駆けです。講師はフィリピン人が中心。

10年前以上、当時大学生だった筆者はレアジョブで初めてオンライン英会話を受講したことを昨日のことのように覚えています。

スゲェエ、遠くにいるフィリピン人と無料で話せる!

10年前はまだスカイプが普及し始めていた時だったので新鮮でしたね。当時はスカイプでの受講でしたが今ではレアジョブ独自のビデオ電話システムも備えています。

それはさておきレアジョブを受講してる中でフィリピンと米国人のハーフの講師にもたびたび遭遇します。ハーフ講師はネイティブそのものな英語です。

他のオンライン英会話スクールだとネイティブ講師は料金高くなるのでお買い得感ありましたw

以下レアジョブ4つの特徴になります。

4つの特徴

特徴1.毎日プランは5800円と比較的安め、月8回プランなら4200円

特徴2.毎日新しい教材が追加されるため飽きがこない

特徴3.講師は6000人以上、かなり質の高い講師もいてお買い得感あり

特徴4.スカイプ不要、レアジョブ独自のビデオ電話システム

特徴1.毎日プランは5800円と比較的安め、月8回プランなら4200円

レアジョブの各コースの料金

日常英会話コースビジネス英会話コース
中学生・高校生
毎日25分5800円9800円
毎日50分9700円1万780円
毎日100分1万6000円
月8回4200円

レアジョブでは日常英会話コースだと月額たった5800円で毎日25分授業を受けられます。他のスクールと比較して料金的にはどうなのでしょうか?

他社との月額料金比較(毎日25分プラン・税別)

レアジョブ5800円
DMM英会話5980円
ビズメイツ 1万1000円
Hanaso5980円
Kimini5480円

平均的ですね。

レアジョブの日常英会話コース5800円

一般的な日常生活で使う英語を学習する英会話コースです。

とはいえこの日常英会話コースレベルの内容をマスターすればTOEIC900点以上は普通に狙えるでしょう。

日常英会話、発音、デイリーニュース、ウィークリーニュース、会話練習など目的別の教材も利用できます。

レアジョブのビジネス英会話コース9800円

・ビジネス英語に対応した認定講師が担当
・ビジネス英会話教材を利用できる

が特徴です。

でも正直、この教材と認定講師の違いだけで日常英会話コースより4000円も多く払うのは微妙かもです。

というのも私が日常英会話コースを受講してる中でレッスンを担当してくれた講師たちはビジネス用語にも楽勝で対応できます。

レアジョブ講師には本業は会計士とかガチのビジネスやってる講師とかもいますしね。

ビジネス英会話の教材は確かに日常英会話の教材よりビジネス寄りの内容です。

でも「絶対にビジネス英語じゃないと駄目!」って人じゃない限り必要性はそんなに高くないかなと。

どうしてもビジネス英会話をバリバリ習いたい人なら完全にビジネスパーソン向けに特化しているビズメイツの方がおすすめです。

>>ビズメイツの実際の受講レビュー記事はこちら

レアジョブの中学生・高校生コース9800円

レアジョブの中学生・高校生コースは

・聞く・話す・読む・書くを強化できる教材(大学入試にも対応)
・英検対応教材
・講師が中学生・高校生向けに教えられる講師

が特徴ですね。

中学生・高校生ならプランを中学生・高校生コースにしても良いかなと思いますね。

ただしです。学研のKiminiだと料金を上げなくても月額5480円で小中高生に対応した講師と教材がレッスンを担当してくれます。

なので中学生・高校生向けのオンライン英会話を選ぶ場合はKiminiで良いかなと。

>>Kiminiの実際の受講レビューはこちら

それじゃあレアジョブはどんな人に向いているの?

他のスクールと比較した際のレアジョブの良さが以下です。

・教材が続々追加されており飽きがこない
・6000人以上いる講師の中には図抜けて質の高い講師や自分にピッタリの講師がいる
・つい結婚したくなるくらい、かわいくてしっかり者の講師がいる

とりあえずオンライン英会話で英語を習いたいんだけど…

そんな人には最初の入門としてレアジョブは最適だと思いますね。

特徴2.毎日新しい教材が追加されるため飽きがこない

レアジョブの教材はレアジョブ自社で制作しているものなので質は非常に高いです。

日常英会話、ビジネス英会話(ビジネス英会話コース9800円)、発音、デイリーニュース、ウィークリーニュース、会話練習

レアジョブ教材の独自性ですがとにかくイラストが豊富で分かりやすいんですよね。イラストがオーバーな感じもあって「ぷっ」と笑えることもあってそれも加点対象ですw

率直にレアジョブの教材良いと思います。

あとレアジョブはデイリーニュースやウイークリーニュースなど時事ニュースの教材が豊富なので飽きがこないんですよね。

レアジョブの日常英会話の教材は文法事項も多くてカッチリした内容なのですが飽きやすいです。
かっちりしてるので知識を積み重ねやすい点では良いんですがなんせ飽きる。

飽きてきたときにデイリーニュースを使ってレッスンを受けるとまたフレッシュな気持ちで英語学習に取り組めます。

週に4日は日常英会話
×
週に3日はデイリーニュース

こんな感じで組み合わせるとモチベーションを保ちやすいと思いますよ。

レアジョブの教材は音声も再生できダウンロードも可能なのでリスニングにも使用できます。

特徴3.講師は6000人以上、かなり質の高い講師もいてお買い得感あり

レアジョブには講師が6000人以上います。

色んな経歴の人がいるのでその中から自分に合った経歴の人を見つけると良いでしょう。

たとえば私はマーケティングを仕事にしているので「マーケティング」と指定検索して講師を探して元マーケターの講師を見つけました。

やっぱ業界知識が合うと話も合うんですよね。

ただ人数が多いだけあって講師の中にはよろしくない人もいます。

1か月受講してみてドタキャンが2、3回あったのは残念でした。これが「レアジョブ名物のドタキャンか」と思いました。

以下のような感じで講師が時刻になっても出てきません。

これ言うとレアジョブ受講したくなくなる人もいるかもですがぶっちゃけますとレアジョブはドタキャン率が他社より高めです。

ただしレアジョブの質の高い講師は図抜けて質が高いのでドタキャンする講師がいたとしてもレアジョブの良さは揺るがないかなと。少なくとも私はそう感じました。

あとレアジョブはドタキャン講師など質が著しく悪い講師はしっかり排除する様にしてるみたいですね。

講師に訊いたのですが、

レアジョブ講師
レアジョブ講師

文法力をチェックする筆記テスト、レッスンをしっかり行えるか通信環境をチェックするテスト、レアジョブ社員による面接、模擬授業があったわ。あと3カ月に一回の頻度でレアジョブ社員に対して模擬授業をしないと駄目なの。

レアジョブは採用してからも講師の質を定期的にチェックしてるようです。レアジョブは講師的には働きやすい環境みたいですがなあなあではないようなので生徒側からすると安心ですね。

レアジョブの質の高い講師は絶対にドタキャンしませんし遅刻もしません。質だけでいけば料金が2倍近くするビズメイツの講師に匹敵すると思います。

>>ビズメイツの受講体験記事はこちら

私の場合、質の高い講師と可愛い講師をお気に入りに追加してその講師を中心に受講していってますw

特徴4.スカイプ不要、レアジョブ独自のビデオ電話システム

レアジョブではスカイプが不要です。レアジョブ独自のビデオ電話システムを使用してレッスンを受講します。

10年前自分が大学生だった時のレアジョブはスカイプでレッスンだったので「レアジョブ進化してる!」と感動しました。

レアジョブのサイトには「レッスンルーム」があり入室するとそこでそのままレッスンを受講できます。

ただ講師のネット環境が悪い場合は若干画像が飛ぶこともあります。とはいえ基本的にはしっかり動作しますわざわざスカイプを立ち上げなくても良いので便利ですね。

レアジョブのビデオ電話システムを使ったレッスンの様子は以下です。

レアジョブのレッスン様子

レアジョブのメリット・デメリット、受講した人の口コミ・評判から判明

筆者1人だけの受講体験だとどうしても意見の偏りが出てしまうので他の受講生の感想も参考に紹介しますね。

レアジョブにはメリット・デメリットがあると理解できますね。

デメリット

「ドタキャンあり」

「ビデオなしの講師がいる」

「講師の当たりはずれ」

メリット

「教材の質が高い」

「講師の質が高い」

「講師が丁寧、優しい」

レアジョブのデメリット

デメリット①ドタキャンあり

レアジョブ名物のドタキャンですね。

忖度抜きで語りますがレアジョブは他のスクールよりもドタキャン率は高いです。

この理由ですがレアジョブには講師への評価システムがないからなのか講師によっては結構ルーズなところがあるんですね。

ただ質の高い講師に関してはプロフェッショナル意識が強いことはレアジョブのとレアジョブ講師の名誉のために補足しておきます。

ドタキャンされた場合は振替チケットが出るのでそれを使って別の時間にレッスンを受け直します。

デメリット②ビデオなしの講師がいる

どうやらレアジョブにはビデオなしでレッスンをする講師もいるようですね。

ただ私の場合ですが1か月間おおよそ15人以上の講師のレッスンを受けましたがみんなビデオつきでレッスンをしてくれました。

1人もビデオなしの講師はいませんでした。

デメリット③講師の当たりはずれ

レアジョブは6000人以上も講師がいるので講師の当たり外れは間違いなくありますね。

新入り講師には要注意です。新入り講師はドタキャンする傾向あり。

ただ質の高い講師は優しいし話もしっかり聞いてくれてフィードバックもしっかりしてくれます。講師の当たりはずれ

レアジョブのメリット

メリット①教材の質が高い

レアジョブの教材の質の高さは多くの人が同意することろでしょうね。

特に発音教材は他社スクールよりもレアジョブの方が秀でていると思います。

メリット②講師の質が高い

レアジョブは講師によっては非常に質が高いです。これは私自身が受講して実際に体感したことでもあり確信を持って言えることです。

メリット③講師が丁寧、優しい

確かにレアジョブは全体的に講師が優しいですね。特に女性講師にその傾向が強いです。

しっかり間違いを指摘してくれますが、指摘する前に「フィードバックをするけどいい?」と前置きしたうえで指摘してくれたり気遣いが見られますね。

結論:レアジョブ向いている人

教材と料金を鑑みて結論から言うとレアジョブが向いている人は
安い金額で手軽に質の高い講師のレッスンを受けたい大人向けです。

他のオンライン英会話と再度比較します。

レアジョブ5800円
DMM英会話5980円
ビズメイツ 1万1000円
Hanaso5980円
Kimini5480円

ビジネス英会話 → ビズメイツ

小中高生 → Kimini

色んな国の講師 → DMM英会話

Hanasoと比較した場合ですがHanasoレアジョブより講師の質が平均的に高いです。
ただ質の高い講師同士の比較であればレアジョブに軍配が上がりますね。あとHanasoはスカイプが必要ですのでそれが少し不便。

安い金額で手軽にサクッと質の高い講師のレッスンを受けたい人にレアジョブは向いています。

レアジョブは無料体験レッスンもやっていますので一度受講して体感してみることをおすすめします。

無料体験レッスンは公式サイトから予約可能です。

公式サイト
https://www.rarejob.com/

以下口コミもまとめてます。参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました