レアジョブのメリット・デメリットと効果を受講生が率直に語る

レアジョブの名物がヤバい

レアジョブには名物があります。

筆者
筆者

さ~て。今日もレッスン受けようか

1分経過…
2分経過…
3分経過…

まさか…

ドタキャン?!

レアジョブって大手だしまさかそんなこと起きないよね?

5分経過…

ピコンッ

「ご迷惑をおかけしております」

あっこれがいわゆるドタキャンか。

そうなのです。

レアジョブは講師のドタキャンが割と多めです。1か月受講して2、3回ほどあったと記憶しています。

私はこれをレアジョブ名物の「講師のドタキャン」と名付けました。

はい思い切りディスってますね。

でも私はレアジョブを1か月受講し続けたうえで、さらに昨日、継続受講を決定しました。

たまにドタキャンがある程度ではレアジョブは解約しませんよ。

筆者
筆者

私はレアジョブのデメリットも甘んじて受け入れます。なぜならレアジョブのメリットがデメリットを大きく上回っているからです。

本記事ではレアジョブのメリット・デメリット、レアジョブの効果について率直レビューします。

レアジョブの料金・コース

日常英会話コースビジネス英会話コース
中学生・高校生コース
毎日25分5800円9800円
毎日50分9700円1万780円
毎日100分1万6000円
月8回4200円

日常英会話コース

日常生活で使う英語を学習できる一般的なコースです。

日常英会話、発音、デイリーニュース、ウィークリーニュース、会話練習など目的別に教材も利用できます。

筆者
筆者

日常生活の英語と言ってますが、日常英会話コースレベルの内容をマスターすればTOEIC900点以上は普通に超える濃厚な内容になってます。

ビジネス英会話コース

ビジネス向けに特化したコースです。

日常英会話コースと異なる点は以下です。

・ビジネス英語に対応した講師が担当
・ビジネス英会話教材を利用できる

日常英会話コースよりもビジネスに特化したコースです。ただし料金が4000円高い。ぶっちゃけると日常英会話コースで十分だと思います。

中学生・高校生コース

中学生・高校生向けのコースです。

日常英会話コースと異なる点は以下です。

・聞く・話す・読む・書くを強化できる教材(大学入試にも対応)
・英検対応教材
・講師が中学生・高校生向けに教えられる講師

受講して判明したレアジョブのメリット・デメリット

デメリット

「講師のドタキャンあり」

「講師の質にバラツキあり」

「講師の評価システムがない」

「ビジネス英会話コース、中学生・高校生コースは料金が高い」

メリット

「料金はそこそこ安い、コスパは良い」

「講師がかわいい」

「質の高い講師はかなり質が高い」

「レアジョブ独自のビデオ電話システムが意外に便利」

「教材の質が高い」

レアジョブのデメリット

レアジョブにはデメリットがあります。私が受講する中で感じたレアジョブのデメリットを率直にぶっちゃけます。

デメリット①講師のドタキャンあり

レアジョブを1か月受講して2、3回ドタキャンがありました。ドタキャンした講師は初めて予約した講師ばかり。

ドタキャンされて途方に暮れてる図は以下w

他のオンライン英会話、たとえばHanasoとかKiminiだとドタキャンは1か月に1回あったかないかですね。

というかドタキャンはなかった。別の代行講師が配備されたと記憶してます。

筆者
筆者

レアジョブのプロ意識の高い講師の名誉のためにフォローしておきます。レアジョブの中でもプロ意識の高い講師は遅刻もドタキャンもしません。


「お気に入り登録」したレアジョブ講師にドタキャンされたことは一度もないです。

デメリット②講師の質にバラツキあり

前提ですがレアジョブの質の高い講師はかなり良いですね。料金が2倍するビズメイツに匹敵する講師のレベル感です。

米国在住歴があったりネイティブみたいな英語話しますし本業は会計士やってるみたいなビジネス経験豊富な講師も結構います。

他のスクールと比較するとレアジョブの質の高い講師の質は非常に高いです。

ただレアジョブの講師は6000人以上いるので質にバラツキもあります。質の高い講師がいる分に質の低い講師がいると目立つんですよね。

そしてドタキャンしてる講師は間違いなく質の低い講師ですね。

デメリット③講師の評価システムがない

レアジョブには講師を評価するシステムがありません。講師ごとの4.8点、4.9点みたいな評価点が存在しません。

そのため講師が地雷なのかどうかがレッスンを受けるまで分からないんですよね。

ただこの評価システムがないのはレアジョブは敢えてこうしてるのでしょうね。

講師にとってはリラックスして働ける良さもあって「レアジョブは他のスクールよりも講師にとっては良いスクールなの」と言っている講師もいました。

デメリット④ビジネス英会話コース、中学生・高校生コースは料金が高い

日常英会話コースは月額5800円ですがビジネス英会話コース、中学生・高校生コースは月額9800円です。

正直高いですね。

それだけの価値があるかと言われたら微妙かなと。

ビジネス英会話コースはビジネス英語に対応した講師が担当、ビジネス英会話教材を利用できるのが日常英会話コースと違う点です。

ただ日常英会話コースの教材でも十分に高いレベルの英語は身につきますし講師の質も高いです。

そして本当により本格的なビジネス英語を学習したいならビズメイツの方が良いです。ビズメイツはビジネス英語の学習に特化してるオンライン英会話なので。

中学生・高校生コースはなら学研のKiminiの方がおすすめです。Kiminiは月額5480円で中学生・高校生向けに対応してます。

レアジョブのメリット

それでは以降ではレアジョブのメリットについて見ていきましょう。デメリットを上回るメリットがあるなと率直に思います。

メリット①料金はそこそこ安い、コスパは良い

レアジョブの料金を他のオンライン英会話と比較しましょう。

オンライン英会話各社月額料金(毎日25分プラン)向いてる人
レアジョブ5800円社会人
DMM英会話5980円大学生~社会人
ビズメイツ 1万1000円ガチでビジネス英語習いたい人
Hanaso5980円大学生~社会人
Kimini5480円小中高生

まあレアジョブの料金は平均的な金額ですね。

最安は学研のKiminiですが500円程度の違いなら誤差範囲ですしそこはこだわるポイントでもないかなと。

レアジョブとKiminiとを比較した場合ですが講師の質はKiminiもかなり高いですし同じくらい。

ただKiminiは受講生が小中高生が多いからなのか講師が異常に優しいんですよね。小学校の先生っぽいというか体操のお兄さんみたいな講師が多いです。話すのが超ゆっくり。

社会人、大学生なら講師が大人向けの対応をしてくれるレアジョブの方がいいかと思います。

メリット②講師がかわいい

レアジョブの特筆すべき点は講師がかわいい点です。

絶対、レアジョブは顔採用してるでしょと思うレベル。以下、私のアイドル、いやお気に入り講師陣です。

筆者
筆者

求婚したくなるレベル

メリット③質の高い講師はかなり質が高い

レアジョブの講師は質の高い講師のレベルは相当高いです。

筆者
筆者

レアジョブの講師は本業が米国企業と取引してる会計士だったり、アメリカ人とフィリピン人のハーフで英語がネイティブ級だったり、発音に癖はなくネイティブみたいな英語を話す講師がいます。

質の高い講師のレッスンを受けた時のお買い得感が凄いんですよね。

ネイティブ講師のレッスンを受けようと思うとDMM英会話のプラスネイティブプランは月額1万5800円が最安です。
でもレアジョブ講師に在籍する質の高い講師だとそれと同等の質の高いレッスンを月額5800円で受講できます。

なぜ質の高い講師が多いのか。

講師にレアジョブの裏事情を聞いてみたのですが

レアジョブは講師の数と生徒の数がバランス取れてて、たくさんレッスンを担当できるからたくさん稼げる。他のスクールは講師の数が多すぎてレッスンをあまり担当出来ず稼げないの。講師からするとレアジョブの方が働きやすい。

と講師側からの評判がいいですね。質が高い講師がレアジョブに集まりやすいのはこれが理由でしょうね。

あと講師の採用テストが結構厳しめみたいですね。

レアジョブ講師
レアジョブ講師

文法力をチェックする筆記テスト、レッスンをしっかり行えるか通信環境をチェックするテスト、レアジョブ社員による面接、模擬授業があったわ。あと3カ月に一回の頻度でレアジョブ社員に対して模擬授業をしないと駄目なの。

レアジョブは採用してからも講師の質を定期的にチェックしてるようです。レアジョブは講師的には働きやすい環境みたいですがなあなあではないようなので生徒側からすると安心ですね。

以下は実際のレッスンの様子ですが発音が凄い良いですよね。この講師は英語教授法の学科を出てる人でした。もちろん美人さんでしたw

レアジョブのレッスン様子

メリット④レアジョブ独自のビデオ電話システムが意外に便利

レアジョブではスカイプは不要です。レアジョブは独自のビデオ電話システムがあるんですね。

レアジョブのサイトにログインしてそのままサイト上の「レッスンルーム」でレッスンを受講できます。

スカイプを一々立ち上げたり面倒な手続きは一切不要。

メリット⑤教材の質が高い

レアジョブの教材の質が高いですね。他のスクールよりも「凝ってるな」と感じる点が多いです。

特に発音とデイリニュースという教材が素晴らしいですね。

レアジョブの発音教材は特に日本人が苦手とするLとRの違いなど英語の発音を克服するための教材です。

教材はイラスト豊富なのに加えてクリックすれば発音を再生できるという凝り具合。

デイリーニュースも良いですね。日々興味深い記事が追加されておりこの記事を使って講師とディスカッションするなど飽きがこないです。

記事の例「NASAが宇宙用のトイレのコンテストを開催」

レアジョブの効果的な使い方、1か月受講して感じたこと

レアジョブ受講したいんだけど英語力上がるのかしら?

はい。英語力は上がります。

間違いなく。

ただレアジョブだけに限らずオンライン英会話は「ちりつも」です。

少しずつ英語表現や英単語が積み重なっていくものです。

ある日、

筆者
筆者

あれっ俺ちょっと話せるようになってね?

と実感するようになってきます。

私はこの4か月間、オンライン英会話を毎日25分受講してきましたが間違いなく4か月前よりも英語は上達しています。

オンライン英会話を毎日やると間違いなく、やる前よりも英語力は向上します。なので安心してレアジョブを受講して大丈夫です。

ただし毎日受講することを強くおすすめします。語学は継続的に学習しないと上達しないからです。

レアジョブで効果を得るためのポイントを3つお伝えします。

ポイント1.毎日受講すること
ポイント2.少し難しいレベルの教材を使う
ポイント3.フィードバックを積極的に貰う事

ポイント1.毎日受講すること

レアジョブに限らずオンライン英会話は毎日受講すべきです。

せっかく毎日25分プランがたったの5800円で受講できるのだから毎日受講したほうが間違いなく良いです。

なぜ毎日受講すべきかというと1つには英語学習が習慣化されやすいというのが大きいですね。

毎日している、頻度高くしている行動というのは「習慣化」されやすいのです。

習慣化されると「やる気必要なく」その行動に取りかかれるようになります。習慣として英語学習を継続してれば英語力は確実に上がります。

ポイント2.少し難しいレベルの教材を使う

オンライン英会話を使う際に意識したいのはレッスンで使う教材の難易度を少し高めにすることです。

既に知っている単語や英語表現を使ってレッスンばかりしてもあまり力はつきません

分からない単語や英文法が一定割合ある少し難しめの教材を使うようにしましょう。

少し難しいくらいの方が達成感もありますし結果的に続きやすいです。

ポイント3.フィードバックを積極的に貰う事

講師から英文法や英単語で間違っている点があれば指摘してもらいましょう。

オンライン英会話の最大の良さは講師から「フィードバック」を貰えることです。

英文法や英単語が間違ったままだといつまで経っても英語力は上がりません。

もちろんオンライン英会話をやらないよりはやる方が英語力は確実につきます。

しかしフィードバックのあるなしで英語力がつくスピードは全く違ってきます。

繰り返しますがレッスンを担当する講師には「積極的に指摘してください」と伝えましょう。

「あっここが間違ってたのか」と認識できると英語が記憶にも定着しやすいです。

まとめ

レアジョブには講師のドタキャンが割とあるというデメリットがあります。

しかし講師の中には掘り出しもの講師とでも言いましょういか。極めて質の高い、プロフェッショナルな講師が一定数います。

その講師のレッスンを月額5800円で受けられるのであれば「レアジョブ名物講師のドタキャン」というデメリットくらい目をつぶろうといった感じですね。

レアジョブは無料体験レッスンも受けられるので一度受講してみて自分の目で確かめてみてください。無料体験レッスンは公式サイトから予約できます。

公式サイト
https://www.rarejob.com/

タイトルとURLをコピーしました