【迷い解消】TechAcademyとCodeCampを比較

TechAcademyとCodeCamp似すぎ!一体どっちがいいんだ!

TechAcademyCodeCampは双子の様なスクールですね。

どちらも現役エンジニアがマンツーマンで教えてくれるスクールですし料金に大きな違いもありません。

何が違うのか極めて分かりづらい。

しかしですね。

この2つのスクールは一卵性双生児ではなく二卵性双生児と言ったら良いでしょうか。

よく見るとしっかり違いがあるんですよね。

まずは以下の表をご覧ください。

TechAcademyCodeCamp
料金・1か月(レッスン7回)
社会人14万9000円
学生 12万9000円
・2か月(レッスン15回)
社会人19万9000円
学生 15万9000円
・3か月(レッスン23回)
社会人24万9000円
学生 18万9000円
・4か月(レッスン31回)
社会人29万9000円
学生 21万9000円

※レッスン1回30分
・2か月(レッスン20回)
14万8000円
・4か月(レッスン40回)
24万8000円
・6か月(レッスン60回)
29万8000円

※レッスン1回40分
進捗管理週2回の進捗管理なし
講師現役エンジニアが専属講師としてつく教えるのが上手な現役エンジニア。レッスン毎に講師を選択。
※講師採用テスト通過率20%前後
オンラインチャット15時~23時なし
カリキュラムオリジナルWebアプリ開発ありオリジナルWebアプリ開発なし、初心者向けの教材が充実
レッスン対応時間専属講師によります毎日7時〜23時40分

先に結論からぶっこんでいきますね。

TechAcademyに向いている人、CodeCampに向いている人、それぞれ紹介します。

TechAcademyに向いてる人

・スポット的に現役エンジニア講師の力を借りたい人(Webアプリ開発でアドバイスをもらいたいなど)

・学生で料金を安めに抑えたい人

・オリジナルWebサービスやWebアプリを開発したい人

CodeCampに向いてる人

・教えるのが上手い講師にマンツーマンレッスンで教えてもらいたい人

・長期スパンで学習に取り組みたい人

・ステップバイステップで着実にプログラミングを学びたい人


ざっくり言うとWebアプリやWebサービスを開発したいならTechAcademyで、初心者からじっくりプログラミングを学びたい人ならCodeCampでしょうね。

初心者向け

CodeCamp > TechAcademy

WebアプリやWebサービス開発向け

TechAcademy > CodeCamp

以降ではCodeCampとTechAcademyそれぞれの違いを

①料金・期間の違い
②進捗管理の違い
③講師の違い
④オンラインチャットの違い
⑤カリキュラムの違い

上記5つの比較軸で比較検討していきます。

スポンサーリンク

①料金・期間の違い

TechAcademyCodeCamp
1か月(レッスン7回)
社会人14万9000円
学生 12万9000円

2か月(レッスン15回)
社会人19万9000円
学生 15万9000円

3か月(レッスン23回)
社会人24万9000円
学生 18万9000円

4か月(レッスン31回)
社会人29万9000円
学生 21万9000円

※レッスン1回30分
2か月(レッスン20回)
14万8000円

4か月(レッスン40回)
24万8000円

6か月(レッスン60回)
29万8000円

※レッスン1回40分

両スクールともに料金は結構近い価格帯なので頭の片隅に置いておく位で良いかなと思います。

TechAcademyは学生なら学割で料金が安くなる点には注目ですね。

あとTechAcademyは1か月のド短期プランあります。
ただ1か月で一定レベルのプログラミングスキルを獲得するのは不可能なので初心者にはおすすめできません。

Progate(オンライン教材)でプログラミングの基礎学習は済んでるんだよね。これからはWebアプリ開発に取り組みたいんだけど現役エンジニアにアドバイスをもらいたい。

こんな感じのスポット的に現役エンジニア講師の力を借りたい人におすすめです。

CodeCampの場合は6か月の長期プランがあるのとマンツーマンレッスンの回数・時間がTechAcademyよりも多い点が優れていますね。

TechAcademy2か月CodeCamp2か月
社会人19万9000円
学生 15万9000円
14万8000円
レッスン15回
※レッスン1回30分
レッスン20回
※レッスン1回40分

スポンサーリンク

②進捗管理の違い

TechAcademyは専属講師がついて週2回進捗管理を行ってくれます。

次のレッスンまでに指定されたところまで勉強しなくちゃヤバい!

と学習を誘発するための程よいプレッシャーがあります。進捗管理はTechAcademyならではのメリットかなと思いますね。

CodeCampの場合は専属講師はつかずレッスン毎に講師を指定することになります。進捗管理はありません。

スポンサーリンク

③講師の違い

TechAcademyもCodeCampもどちらも現役エンジニアが講師をしています。

CodeCampの講師は「教えるのが上手」という定評がありますね。
現役エンジニアでかつ模擬授業を通過した人のみ講師として採用してるんですよね。

CodeCampの講師採用テスト通過率はたった20%前後。厳しめに講師の「教える力」を見ていることが分かります。

「教えるのが上手い」講師を期待する人にはCodeCampがおすすめ。

TechAcademyの講師は全員現役エンジニアですが「教えるのが上手い」かというとそこまでです。

講師の質の高さで行けばCodeCampに軍配が上がります。

スポンサーリンク

④オンラインチャットの違い

TechAcademyでは15時~23時の間、講師に質問し放題のオンラインチャットを利用できます。一方、CodeCampにはオンラインチャットがありません。

プログラミング学習の最初の段階では「分からないことが何か分からない」わけでTechAcademyの様にオンラインチャットで質問しまくれる環境があるのは滅茶苦茶ありがたいんですよね。

TechAcademyのオンラインチャットは質問すれば数分で返信が返ってきます。オンラインチャット用の講師陣が待機してるので返信が速いんですよね。

スポンサーリンク

⑤カリキュラムの違い

TechAcademyではオリジナルWebアプリ開発がカリキュラムにありますがCodeCampにはありません。

TechAcademyでは教材・カリキュラムを一通り終えるとオリジナルWebサービスやWebアプリ開発に移行します。

たとえば過去のTechAcademy受講生には「研究室と学生をマッチングする」研究室マッチングシステムといった面白いWebサービスを考案した人もいます。

オリジナルWebサービスを開発できるのはTechAcademyの最大の良さですね。

受講検討者
受講検討者

自分で作りたいWebサービスあるんだよね。それを具現化するにはエンジニア講師の助けがいるな~。Webサービス開発ならTechAcademy良さそうだね。

CodeCampはというとオリジナルWebサービスの開発はありませんが基礎をキッチリ固めるカリキュラムとなっており以下の様な成果物を作れるようになります。

・料理レシピ検索サイト
・チャット/掲示板機能
・カート機能付きECサイト
・ログイン、パスワード認証、検索などの機能

着実に成果物を作っていきたい人にはCodeCampがおすすめですね。

スポンサーリンク

おさらい:TechAcademyに向いている人、CodeCampに向いている人

再度、TechAcademyに向いている人とCodeCampに向いている人を再掲しておきますね。

TechAcademyに向いてる人

・スポット的に現役エンジニア講師の力を借りたい人(Webアプリ開発でアドバイスをもらいたいなど)

・学生で料金を安めに抑えたい人

・オリジナルWebサービスやWebアプリを開発したい人

CodeCampに向いてる人

・教えるのが上手い講師にマンツーマンレッスンで教えてもらいたい人

・長期スパンで学習に取り組みたい人

・ステップバイステップで着実にプログラミングを学びたい人

初心者向け

CodeCamp > TechAcademy

WebアプリやWebサービス開発向け

TechAcademy > CodeCamp

どちらのスクールも無料体験レッスンを提供しているので一度どちらともレッスンを体験してみて決めるのが良いでしょう。

無料体験レッスンは公式サイトから予約できます。

TechAcademy公式サイト
https://techacademy.jp/

CodeCamp公式サイト
https://codecamp.jp/

タイトルとURLをコピーしました