【※写真あり】顔面ニキビからツルツルすべすべ肌にする方法

私は高校から大学、さらに社会人になってからニキビに悩まされた。

特に高校時代はひどく顔面が常にかゆい状態だった。

大学に入ってからは少しマシになったものの依然としてニキビが突然できては数か月引かない状態だった。

当人にしかわからないかもだがニキビは本当につらい。ニキビが顔面中にあると誰にも顔をじっと見てられたくないし誰にも近くに寄ってきてほしくない。

「自意識過剰すぎ」と言われるかもしれないがニキビができてる当の本人はどうしても自意識過剰になってしまう。

自意識過剰で非社交的な男がモテるわけもない。ニキビは僕の人生に暗い影を落としていた。

でニキビが治ったのはいつ頃かと言うと本当につい最近である。

私は社会人になってから筋トレを開始。これが良かった。筋トレをすると栄養バランスに気を遣うようになった。すると肌の調子がよくなり始めたので勢いづいて肌の保湿をしたり質の良い睡眠を心がけるようになった。

すると一気に肌荒れがなくなりツルツルすべすべ肌になったのだ。これには当の本人が驚いた。

剃り残しのひげは汚いが肌はツルツルスベスベ

今回は私がツルツルすべすべ肌になるために行った4つの施策を紹介する。もちろん万人に効果があるかはわからないがお金もかからないので一度試してみて損はないだろう。

スポンサーリンク

ツルツルすべすべ肌施策➀食生活の改善

ツルツルすべすべ肌になるために最も効果的だったのは食生活の改善だった。

オロナインを塗ったりニキビ薬を使うよりも食生活の改善にまずは取り組もう。

私の場合は砂糖と油の摂りすぎがニキビができる主要要因だった。砂糖の摂取量をWHO(世界保健機構)が指定している25グラム以下に抑えて油っぽいものを食べるのをやめた途端に肌荒れが収まった。

これは本当に驚きだった。なぜならそれまで私は砂糖がニキビ、肌荒れの原因だなんて思いもよらなかったのだから。

砂糖と肌荒れの相関関係は科学的に明らかになっている。

砂糖を摂取するとタンパク質が糖化反応を起こしエイジス(AGEs:終末糖化産物)が生成される。このエイジスがニキビの元となる老廃物を生成するのだ。

私はコンビニの菓子パンが大好物であった。特にクリームたっぷりの菓子パンが。あれなどは砂糖を30グラム以上含んでいるものもある。

また肌荒れしやすい体質を根本から変えるためには腸内環境を良くすることも大切だ。

便通が悪いと腸内環境の悪玉菌が排出されずに増殖、その有害物質は血液に溶け込み身体中に運ばれる。有害物質が肌の皮脂や老廃物と結びつき肌荒れにつながるのだ。

私は腸内環境を良くする食生活の改革に取り組んだ。そして私が編み出したのが「野菜たっぷりインスタントサラダ」 である。

《材料》
・トマト
・ブロッコリー(2分炒める)
・アボカド
・レタス
・ゆで卵2個
・ドレッシング適量

「野菜たっぷりインスタントサラダ」 を食べると便通はすこぶるよくなる。このサラダを食べた次の日の朝は肌がもちもち状態となる。

スポンサーリンク

ツルツルすべすべ肌施策②洗顔後の保湿

元々、私の肌は粉が吹くくらいに乾燥肌だった。

無知な私は乾燥しているほうがニキビできにくくて良いだろうと思っていた。これが大きな過ちだった。

肌は乾燥している状態だと肌はむしろ皮脂を必死で出そうとして過剰分泌してしまうのだ。するとその過剰な皮脂がニキビの元になる。

乾燥肌の人は洗顔後は絶対に保湿しなければならない。私は朝、洗顔をした後と入浴した後の5分以内に保湿液を塗り込むようにしている。

保湿は薬局のワセリンでも良い。ただワセリンはベタつくのでお金に余裕がある人にはオルビスユーローションがオススメだ。朝に塗って夜まで保湿がしっかり持続しながらもベタつかない唯一の保湿液だ。

保湿液はしっかり肌に浸透させるために洗顔後と入浴後5分以内に塗り込むのが肝だ。

食生活を改善して保湿をしっかりしていると次第に肌がモチモチになってきているのをあなたは実感できるはずだ。

スポンサーリンク

ツルツルすべすべ肌施策➂良質な睡眠

食生活を保湿をしっかりしていてもたまに肌が荒れるときがある。

それは大体において睡眠をしっかりとれていない時だ。仕事が忙しかったりストレスで寝れなかったり夜更かししたときは大体その数日以内に肌荒れが引き起こる。

睡眠時間はおおよそ7時間はとるようにしよう。睡眠の質にも気を付けたい。

良質な睡眠を取るためには4つのポイントがある。

1.食生活

コロンビア大学医療センターの研究で興味深いことが判明している。
・食物繊維を多く含む食事をした人は質の良い深い睡眠をしていた
・砂糖や脂質を多く含む食事をした人は質の悪い浅い睡眠をしていた

つまり睡眠のためにも食生活を改善する必要があるという事だ。

2.入浴

就寝30分~1時間前にお風呂に入ると寝つきが良くなる。

3.運動

1回につき30分〜1時間くらいの運動を週3回すると良い。私の場合は筋トレを週に3回やっているが寝つきがかなりよくなる。ただ注意点だが睡眠直前の運動は身体を覚醒させてしまうので控えよう。

4.騒音対策

音に敏感な人はホワイトノイズマシンがオススメだ。私も近所の騒音がうるさいので使用している。

スポンサーリンク

ツルツルすべすべ肌施策④定期的な運動

ストレスホルモンが肌荒れに影響することが研究で判明している。

これはコレチゾールが分泌されて肌の下にある血管を傷つけて炎上を引き起こすからだ。ストレス軽減に運動が欠かせない。

一流の頭脳』 によるとストレス軽減に最も有効なのは有酸素運動であるとのこと。日頃から有酸素運動を行っている人は日常生活のストレスに遭遇してもコルチゾールの値が上がりにくいそうだ。

ちなみに私の場合はランニングと筋トレを週に3回行っているが運動の後はムカムカが消え気分がすっきりすることは実感できている。なんといっても圧倒的に寝つきが良くなる。

スポンサーリンク

肌がツルツルすべすべになると気分も明るくなる

肌がツルツルすべすべになると気分も明るくなるものだ。

今回紹介した4つの施策はコストもほとんどかからない。

➀食生活の改善
②洗顔後の保湿
➂良質な睡眠
④定期的な運動

肌に良い影響があるのはもちろん健康やメンタルにも良い影響を及ぼすだろう。是非試してみて欲しい。

タイトルとURLをコピーしました