筋トレで人生変わる、人生好転するのは割とガチ【体験談】

筋トレで人生変わったって言ってる人沢山いるけどちょっと盛ってるんじゃないの?

こんな疑問にお答えしますw

結論から言うと筋トレで人生変わるのは割とガチです。

筆者自身、筋トレを習慣化することで人生が良い方向に変わった実感を持っています。

・メンタルが安定
・経済的に上向き始める
・モテ始める

筋トレは直接的、間接的に好影響を人生に与えていると感じます。

そもそも私がなぜ筋トレを始めたのかですが自分のひょろひょろ体型にコンプレックスがあったからです。

以下、筋トレ前後のビフォーアフター写真です。筋トレ前はマジでヒョロヒョロだったんですよね。

今の自分はガチムチというわけではないですがヒョロヒョロではなくなりました。

本記事では私が筋トレをしてきた中で感じた筋トレで人生が変わる5つの理由について解説します。

スポンサーリンク

筋トレで人生が変わる理由①成功体験ができ「自分もやればできる」と自信がつく

筋トレをする前の自分は「ヒョロヒョロ」な身体がコンプレックスでした。

こういう外見コンプレックスって結構根深いんですよね。

「そんなの気にしなくてもいいじゃん」と言われても何の慰めにもならないわけで。

筋トレを始めたことで少しずつ筋肉がつき始めたら

筆者
筆者

あれっ俺でも筋肉つくのか?

と軽く驚いたんですよね。筋肉がつかない体質だと思っていたので。

筆者
筆者

俺もやればできるじゃん!

と自信がついたんですよね。コンプレックスも消えました。

重要なのは「自分も変われる」「自分もやればできる」という成功体験を筋トレで獲得できたことです。

後で知ったのですがこれってバンデューラという有名な心理学者が発見した自己効力感そのものなんですよね。

自己効力感とは…

自分はある行動を実行できると信じられる「自信」の一種

この自己効力感が面白いのは成功体験を得た対象だけでなく別の対象にもこの自己効力感が働くようになる点です。

筋トレで成功して英語やスペイン語、プログラミングなどの習い事、副業など別のことでも「自分もやればできる」と挑戦できるようになったんですね。

筋トレで得た「自分は変われる」という自信が思考・行動全体に波及し人生が変わるわけです。

スポンサーリンク

筋トレで人生が変わる理由②意志力が鍛えられる

筋トレで意志力を鍛えられます。

意志力って何か?

意志力

行動、衝動を自制し物事を成し遂げる力

私たちの生活の中にはYouTube、AV、パチンコなどなど欲望を喚起する誘惑が山の様にあります。

それらの誘惑を振り払い長期的な目標の実現にコミットするには意志力が必須です。

忘れがちなことですが私たちの持っている時間は等しく24時間。

その24時間を何にどう配分するかで人生は大きく変わります。当たり前な事なんですが意外と忘れられがち。

この時間配分において意志力が極めて重要な役割を持つのです。

古代ローマの思想家セネカは著書「人生の短さについて」で以下のように語っています。

セネカ
セネカ

われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。人生は十分に長く、その全体が有効に費されるならば、最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている。けれども放蕩や怠惰のなかに消えてなくなるとか、どんな善いことのためにも使われないならば、結局最後になって否応なしに気付かされることは、今まで消え去っているとは思わなかった人生が最早すでに過ぎ去っていることである。全くそのとおりである。われわれは短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである。

そして意志力は「新しく規則的な習慣をつけることで鍛えられる」ことが数々の研究で判明しています。

習慣としての筋トレは意志力を鍛えるのに最適なんですよね。

筆者は筋トレを習慣化したのを皮切りに連鎖的に英語やスペイン語学習などなど別の習慣を作ることに成功しました。

補足ですが意志力だけに頼るのは厳禁ですよ。

環境の力を借りるのも重要です。ただし環境の力だけでもダメです。意志力と環境の両輪を揃えて初めて物事を成し遂げられます。

スポンサーリンク

筋トレで人生が変わる理由③体力がつく

身体がダリい…

アラサーになると「怠い」という声を良く聞きます。筆者の大学時代の同級生も良くこう言ってますね。

はーつらい。身体がしんどい。だるい。あかんゆるゆる。屁こきそうやわ。プゥー

筆者自身はこれとは無縁です。

風邪や病気の時以外は基本的に「元気溌剌」です。

体操のお兄さん並みです。

筋トレで明らかにスタミナが増したと感じています。これ科学的な根拠があります。

人間の体内にはミトコンドリアがいて食事で摂取した糖や脂質、酸素でATPという物質を作っているんですね。このATPは身体を動かしたり脳の活動を支える“エネルギーのもと”になります。

エネルギーを生み出すもととなるミトコンドリア

ただ30代を超えるエネルギーを生み出すミトコンドリアが減少し始めます。

だからアラサー付近で身体が怠いと感じ始めるわけです。

しかしながらミトコンドリアは筋トレの様な少しキツめの運動をすることで増やせることが判明しています。

スタミナは人間の活動のベースなわけで筋トレでそのスタミナが増すのであればやらない手はないでょう。

スポンサーリンク

筋トレで人生が変わる理由④モテ始める

筋トレをすると筋トレする前よりもほぼ間違いなくモテます。

もちろん程度の差はあるでしょうけど筋トレ前よりも筋トレ後の方がモテるようになります。

筋トレでモテるのは前述した自信がつくというのも要因としてあるのでしょうが個人的にはテストステロンが大きく影響しているのではないかと踏んでいます。

筋トレするとテストステロンが増えます。テストステロンが増えると異性関係に積極的になります。まるで獲物を追うかの如く本能が呼び起こされるのでしょうか。

豪マッコーリー大学の研究でも女性は男の体臭からテストステロン値の高低を嗅ぎ分け、テストステロン値の高い男を魅力的に感じる傾向があると判明してます。

スポンサーリンク

筋トレで人生が変わる理由⑤メンタルが安定する

筆者は元々メンヘラチックなところがありました。基本的には表には出さないのですが。

誰しも大小有れどメンヘラチックな所ってあると思うんですよね。

ただし極度にネガティブになったり、視野狭窄になると仕事のパフォーマンスもがた落ちしてしまいますよね。

なぜなら仕事に充てるべき「関心」をネガティブなことを考えることばっかりに費やしてしまうからです。

でも筋トレを始めると割とメンタルが安定にするようになったのは感じますね。ちょっとネガティブになってる時は筋トレしにいってベンチプレスで80キロをフンっと上げます。

するとジムから帰るときにはネガティブな感情が消えてるんですよね。

もちろん筋トレでメンタルの問題がすべて解決するわけではないでしょうがメンタルへの好影響は少なからずあると思います。

スポンサーリンク

まとめ

筋トレで人生変わるのは割とガチです。

ジムに通うのもアリでしょうし家で自重トレーニングをするのでも良いでしょう。どちらせによやらんよりはやったほうが間違いなく良いです。

筆者は毎日15分だけジムで筋トレしています。15分なのでさほど負担にもならず良い感じです。

まずはサクッと始めてみましょう。

併せて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました