Hanaso教材「発音トレーニング」で発音矯正に成功した話

LとRなんて一緒だろう!腹立つわ。

ネイティブ話者と会話していてよく指摘されるのが「LとR」です。

ほんと、この使い分け良く分からないですよね。

筆者は男ですがアメリカ人女性と話している時にこのLとRの使い分けができておらず気まずくなった経験があります。

彼女と私は米国の大統領選挙の話をしていたのですがelection(選挙)とerection(直立)を使い分けずに話していました。私のelectionがどう考えてもerectionに聞こえたようですね。

致命的なミスです。erectionって男のあそこがたつっていう意味だったのです。

本当に英語の発音は日本人を生涯悩ませ続けるものだと思います。

今回、私はHanasoの教材「発音トレーニング」を使ってLとRの使い分けに挑戦してみました。

出典 Hanaso

結論ですが「発音トレーニング」を使ってレッスンを受けることでLとRをどのように発音すれば良いのか無茶苦茶わかりやすく理解できました。

講師も発音矯正トレーニングに慣れている感じでしたしHanasoの教材がかなり良いのだと思います。

今回はHanasoの教材「発音トレーニング」を使ってみた感想、利用メリットについてレビューしていきます。

Hanasoの「発音トレーニング」で学べる内容

出典:Hanaso

Hanasoの教材「発音トレーニング」がどんな人におすすめなのかというと以下に当てはまる人におすすめです。

発音トレーニングがおススメな人

・フレーズ・文法は正しいのに何度もネイティブから「何て?」と聞き返されてしまう人

・英語のリスニング力を向上させたい人

必死でコツコツ参考書で音読して勉強してきた甲斐もあって英文をしっかり組み立てれるようになっている。
でも発音が悪すぎてネイティブに話を理解してもらえないことはよくあります。そういう人こそ発音矯正することで英語力が飛躍的に伸びる可能性は高いです。

またリスニングにしても自分で発音を正しくできない場合、必然的にリスニングの英単語も聞き取りにくくなりますま。リスニング力を向上させようと思うと発音矯正に取り組むのが大切なことは確かでしょう。

Hanasoの「発音トレーニング」は特に日本人特有の英語の訛り、日本語という母語に影響されたカタカナ発音を矯正するためのカリキュラムです。

発音にしっかり取り組みたい人は全部受けて損はないでしょう。 私の場合ですが特に自分の発音の中でも難しいと感じていたlとr、sとzなどピックアップして発音矯正に取り組みました。

Hanasoの「発音トレーニング」のレッスンレビュー

正直なところレッスン前まではこの「発音トレーニング」にはあまり期待していませんでした。

しかし発音トレーニングを受けてみると驚くほど有意義でした。もっと早く受けとけばよかったと後悔してます。

レッスンを受けるまではLとRの違いも分からないしましてや使い分けもままならない状態でした。レッスン後の今ではLとRを聞き分けれるようになりましたしLとRの発音の違いを意識して話せるようになりました。

「発音トレーニング」をレッスンの流れ

①発音をイラストで学ぶ

②関先生のワンポイントアドバイス

③英単語で発音練習

④短めの英文で発音練習

⑤長めの英文で発音練習

①発音をイラストで学ぶ

まずはイラスト付きでLとRの発音の仕方の解説文を読みます。

Lの発音は舌先を前歯の歯茎につけて発音し、Rの発音は舌先を丸めてどこにも触れないようにして発音する。

イラスト付きでかなりわかりやすい解説です。

発音の仕方を頭で理解した後は講師と一緒にLとRの発音練習をします。

②関先生のワンポイントアドバイス

関先生によるワンポイントアドバイスもいちいちまた分かりやすいんですよ。

舌先を上の歯の根元に押し付けて「ラ・リ・ル・レ・ロ」と言おうとすると発音が「う・う・う・う・う」になります。ただこれこそが正しいLの発音なんだと関先生は教えてくれます。分かりやすい。

③英単語で発音練習

Lの単語とRの単語で似ている単語を講師に続いて交互に読んでいきます。
たとえばLightとRight、LawとRaw、LoadとRoad。

日本人にとってはLとRの使い分けってかなり難しいですよね。

でも既に①と②でLとRの発音の仕方を学んでいるので自分で発音してみると「LightとRightって発音結構違うな」と実感するようになっているはずです。

④短めの英文で発音練習

講師に続いて短めの英文を読んでLとRの使い分けを繰り返し何度も発音していきます。舌がもつれそうになりますがここが踏ん張りどころ。

⑤長めの英文で発音練習

LとRがミックスされた少し長めの英文を講師に続いて読んでいきます。

LとRを使い分けようとするさらに舌がもつれそうになりますが確実に使い分けができる感覚がつかめてきます。

しっかり使い分けれていない場合は講師が指摘してくれました。

無料体験レッスンで発音トレーニングをやってみよう

Hanasoの教材「発音トレーニング」 は予想してた以上に発音矯正に役立つ教材でした。一度やってみるとそう思う人がほとんどだと思います。

無料体験レッスンでも受講できるのでHanasoで発音矯正を検討している人はぜひ受講してみることをおすすめします。

無料体験レッスンは公式サイトから予約可能です。

公式サイト
https://www.hanaso.jp/

タイトルとURLをコピーしました