【騙されるな】GEEK JOB(ギークジョブ)の就職先がヤバい

ゼクウ、RJC、ゼロスピリッツ…

知らないですよね。GEEK JOB卒業生の就職先です。

GEEK JOBの就職先は有名企業ではなく無名企業がほとんどとなりますが、大企業向けのシステム開発を行っている堅実な企業が多いです。

結論から言いいますがGEEK JOBからメルカリやサイバーエージェントの様な有名企業には就職できません。

しかしゼクウ、RJC、ゼロスピリッツの様なしっかりスキルを磨ける企業への就職は可能です。そこは間違いないです。

ネット上の記事にはGEEK JOBから有名企業のサイバーエージェント、DMMに行けるかのように紹介してる記事もありますが間違っています。誤解しないように気をつけましょう。

確かにGEEK JOBは有名企業の「企業ロゴ」をサイト上に掲載しています。

引用元:GEEK JOB

しかしサイバーエージェントやDMMはGEEK JOBが紹介している求人の一例です。あくまでも”一例”なのです。

サイバーエージェントやDMMに就職できるのは「すでにプログラミングでの実務経験が何年もある人」ですね。

完全未経験の人がサイバーエージェント、DMMなどの有名な自社開発企業に行くのは難しいです。有名企業への就職はほぼ不可能です。

現役エンジニア須賀
現役エンジニア須賀

しっかり正確な情報を掴んだうえでGEEK JOBを利用しましょう。普通に良いスクールでではあるのですが過剰な期待は禁物です。

今回、当メディア編集部所属のエンジニア須賀がGEEK JOBに取材を行い就職先について徹底調査しました。本記事ではその結果を共有しますね。

スポンサーリンク

GEEK JOBの就職先ってどこ?

結論を言うとGEEK JOBの就職先は基本的にはSES企業となります。

就職先の内訳は非公開ですが先日GEEK JOB担当者に取材した際に「就職先はほとんどSES企業です」と確認が取れています。

GEEK JOBは就職先データは非公開ですが卒業生の就職先の90%以上はSES企業と考えて良いでしょうね。

そもそもこのSES企業とは何なのかあまり詳しくない人向けにサクッと解説しておきますね。

エンジニアが勤務する企業は大きく分けて以下の3つに分かれます。

企業の種類

SES企業:SESとは特定の業務にITエンジニアの労働を提供する契約。自社のITエンジニアをクライアント企業に派遣する事業を行っている企業が多いです。

受託開発企業:受託開発はクライアント企業からソフトウェアやアプリケーションなどの開発を受注して開発する事業形態のこと。

自社開発企業:自社サービス開発企業とはつまり自社でWebサービス(WebサービスとはつまりクックパッドとかWantedlyとかそういったサービスのこと)を運営している企業のこと。

就職難易度は前から順に以下となります。

自社開発企業 > 受託開発企業 > SES企業

SES企業のビジネスモデル

SES企業は求人が最も多く就職しやすいです。自社開発企業の就職難易度はかなり高いのでみんながみんな就職できるわけではないです。未経験の人にとってSES企業は狙い目です。

ただしSES企業には当たり外れがあります。全くスキルが身につかないエクセルのコピペみたいな雑用ばかりやらされる”地雷”企業もありますからね。

とはいえすべてのSES企業が”地雷”なわけではありません。しっかり社員のキャリアを考えてくれるSES企業もあります。

そうしたSES企業を選ぶためにもGEEK JOBを利用しましょう。

GEEK JOB担当者
GEEK JOB担当者

紹介先企業はすべてキャリアアドバイザーが精査して排除しているので安心していただいて大丈夫です。

GEEK JOBは専属のキャリアアドバイザーが受講生につき就職先企業をしっかり精査して紹介してくれるので安心して就活できます。

現役エンジニア須賀
現役エンジニア須賀

現役エンジニアの立場から言わせてもらいますね。SES企業は残業が少ない企業が多いので就労環境は悪くないです。むしろ零細規模の自社開発企業の方が残業は多い傾向があります。SES企業はあまりにも悪く言われすぎです。優良なSES企業もあります。

SES企業のメリット・デメリット

GEEK JOBを受講するとSES企業に就職することになる可能性は高いです。

特にGEEK JOBを1か月だけ受講して就活する場合はSES企業への就職となるでしょう。なおGEEK JOBは最大3か月受講可能でして3か月受講する場合は就職先は変わってきます。

3か月受講する場合はオリジナルECサイトを開発します。そのオリジナルECサイトをポートフォリオに就活すればSES企業以外の受託開発企業や自社開発企業に就職できる可能性も出てきます。

とはいえ依然としてGEEK卒業後の就職先はSES企業になる可能性が高いのでSES企業のメリットとデメリットを事前に知っておきましょう。それぞれ中立的に紹介しますね。

SES企業のメリット

メリット①管理業務が少なく技術を磨きやすい

自社開発企業ではコードを書くことに専念できない場合も多いです。チームメンバーの管理など管理業務が多く発生しやすく意外と技術を磨けない場合もあります。

SESだと基本的に管理される側でありコードを書くことに専念でき技術を磨きやすいケースも多いです。

メリット②複数の現場を経験できる、上が詰まっていない

自社開発企業だと現場は1つです。先輩がいて「上が詰まっており」ずっと同じ仕事をさせられるリスクもあります。

一方、SESの場合は半年~1年ほどの期間、クライアント企業に派遣されて客先常駐するわけで必然的に複数の現場を経験できます。

メリット③定時で帰れる

SESは自社開発企業と比較してサービス残業は原則ないです。SESでは派遣先の企業が残業代を払うことになりますが、企業は残業代を払うのを嫌がるのでSESから派遣された社員は定時できっちり退社させます。

SES企業のデメリット

デメリット①給料が安い

SESで実務未経験の人の場合だと給料は年収250万~320万程と安めです。

SESの給料が安いのは多重下請け構造の末端で、間にたくさんの企業が挟まっているがゆえです。

エンドユーザーが案件を発注 → A社 → B社 → C社※SESエンジニアの常駐先

デメリット②長期的なキャリアデザインが難しい

派遣先によって求められるスキルが異なるケースも多々あります。

SESエンジニアの場合は正社員としてSES企業に所属するので自分の希望が100%通るわけではないです。

キャリアアップにつながる常駐先を毎回選べる保証はありません。ゆえに長期的なキャリアデザインは難しい傾向があります。

デメリット③上流工程に携わるのは難しい

SESで客先常駐する場合、プロジェクトマネジメント(PM)やプロジェクトリーダー(PL)など上流工程の仕事に携わる機会はほとんどありません。

エンジニアも年齢が高くなるとコードを書くだけでなくマネジメント寄りのスキルも身につけないと生き残りが難しくなってきます。

ある段階でマネジメント寄りのスキルを身に着けるために自社開発企業に転職するなど長期的なキャリアプランを練った方が良いです。

スポンサーリンク

【実例】GEEK JOB卒業生の就職先企業

現役エンジニア須賀
現役エンジニア須賀

GEEK JOB卒業生に取材をして実際の就職先企業名を3社突き止めました。あくまでも3つの企業例でしかありませんが、GEEK JOB卒業生の就職先はこの3社に近い企業が多いでしょう。

ゼクウ(未経験から就職した場合の初年度の年収250万円)

ゼクウは採用管理クラウドシステム「RPM」などの採用管理システムの開発・販売を手掛けるシステムベンダーです。

ゼクウは自社開発の採用管理システムを300社以上の顧客企業へと提供しています。転職口コミサイトのVokersを見ても評価高いですね。

GEEK JOB卒業生
GEEK JOB卒業生

自主学習への福利厚生があったり経験に合わせたタスクを振り分けてもらえるなどの就労環境は良いです。また分からないことがあっても先輩社員に訊きやすい環境もあります。

飲み会に強制参加させるカルチャーもなく社員同士がフラットな関係でエンジニアにとって働きやすいですね。

RJC(未経験から就職した場合の初年度の年収300万円)

RJCはJavaを中心としたWeb系システム開発会社です。基本的にはクライアント企業への客先常駐での仕事となります。

RJCはかなり広範な業界の企業からシステム開発や改修の仕事を請けています。

たとえば進学情報サイトのエンハウス業務など。エンハンス業務とは既存のサイトに改善を加え品質の向上や新たな機能の追加を行うことです。

入社後の研修がかなりしっかりしています。派遣先では設計からテストまでいろいろ経験させてもらえるのでやりがいをもって働けています。

ゼロスピリッツ(未経験から就職した場合の初年度の年収300万円)

ゼロスピリッツはJavaを中心としたWeb系システム開発会社です。

顧客と直接システム要件の検討をおこなうなど上流工程の仕事も担当させてもらえれるポジション。

保険の代理店向けのシステムづくりに携わっています。業務のバランスとしては、設計、コーディング、テストがだいたい3割ずつくらいのイメージです。UI設計なども担当しています。

どうしたらいいものが作れるのかユーザーのことを考えて、チームで話し合いながら開発を進めるのが楽しいです。

GEEK JOB卒業生の就職先として特定できたのは上記の3社だけです。

ただそれでもGEEK JOBはITエンジニアとして働くうえで職場環境の良い企業を選抜していることが分かりますね。

スポンサーリンク

就職先や年収はその人の学習能力に大きく左右される

現役エンジニア須賀
現役エンジニア須賀

エンジニアとして働き始めると分かりますが入り口がSES企業だろうが自社開発企業だろうがどこにいても稼げるようになる頭角を現す人はいます。正直、その人の能力や働く姿勢によって年収は決まるでしょうね。

GEEK JOB担当者が言っていたことですが、GEEK JOBを卒業生が数年後に飲み会で集まった際に元GEEK JOB受講生の間で年収に結構な開きが出ていることがままあるそうです。

GEEK JOB卒業生の初年度の年収に関しては250~350万円となります。

そこから徐々に差が出てきます。特に転職に成功した場合は年収が400万円、500万円と上がるケースも多い様です。

ある人は1年目はSES企業で開発経験を積んだのちに自社開発企業へと転職。そこで開発経験を積んだのちにフリーランスエンジニアに転身し年収800万円以上の高額な報酬を得ている人もいると言います。

そうやってエンジニアとして年数を経るごとに年収をアップさせていっている人がいる一方で年収がずっと変わらない人もいます。

数年すると数百万円もの収入の開きが出てしまっているのです。エンジニアの世界はそういったシビアな側面がありますね。

GEEK JOB担当者曰く、年収を増加させている人には受講の時からある共通点があるそうです。

それが端的に言うと好奇心旺盛で主体的に学べる能力の有無です。

主体的に学べる人は受講している時から他の受講生に教える傾向にあるそうです。
彼らは教えることで学びがより習熟することを経験的に知っていおり知識をしっかり身につけているからこそ教えられるわけです。

その学習能力の高さや主体的に学べる能力が買われて優良企業(SES企業、受託開発企業、自社開発問わずです)に採用されます。

そして年収も順当にアップさせることに成功しているのです。

スポンサーリンク

無料カウンセリングあり

GEEK JOBは無料カウンセリングもやっておりプログラミング体験もできるのでエンジニアの適性があるかどうか試してみると良いでしょう。

あと前述した様にネット上ではGEEK JOBはネット上では具体的な求人企業名はあまり多くは公表していないです。

無料カウンセリングの機会にキャリアアドバイザーに直接聞くことをおススメします。

公式サイト
https://camp.geekjob.jp/

併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました