GEEK JOB(ギークジョブ)評判、実際受講した感想【駄目な点も語ります】

「GEEK JOBってどんなスクールなのか。リアルな受講感想を知りたい。卒業生は実際にどんな職場でどんな風に働いてるのだろうか。」

気になりますよね。

真偽を確かめるためGEEK JOB卒業生のS・Yさんへコンタクトを取り、GEEK JOBを受講した感想を赤裸々に語っていただきました。

また現在エンジニアとして携わっている業務内容や働き方についても語っていただきました。勤務企業の事情から顔出しはNGとのことでしたので覆面で公開しますね。

S・Yさん(28歳)
S・Yさん(28歳)

新卒で入社した企業は投資情報会社です。働く中でITシステムが企業の競争力のコアになっているのを痛感し、ITシステムを開発できるITエンジニアになりたいと思いITエンジニアへの転身を決心しました。
2020年9月にGEEK JOBのスピード転職コースを受講して同年12月から金融システムを開発する受託開発企業でエンジニアとして働いています。

『ノースキルの逆襲』編集部(須賀)より

『ノースキルの逆襲』編集部の須賀です。当メディア編集部では足かけ1年にわたり20社以上のスクールと卒業生を取材してきました。

もちろんGEEK JOBの教材・カリキュラムも確認した上で「本当に就職に役立つスクールなのか」を解説しますね。

おすすめプログラミングスクールを今すぐ見たい人はスキップしてください。

GEEK JOBの特徴

運営会社グルーヴ・ギア株式会社
期間・料金1か月~3か月 無料
場所東京四ツ谷校もしくは九段下校
※現在はオンライン完結
受講形態オンライン
質問対応平日 10:00 〜 23:00
土日 10:00 〜 23:00
学習言語Java
年齢制限受け入れ対象は19歳~28歳
違約金あり

GEEK JOBの強みは大きく分けて以下の3つになります。

1.最短1カ月で就職を目指せる
2.ライフスタイルに合わせて受講可能
3.転職のプロがサポート

1.最短1カ月で就職を目指せる

GEEK JOBでは受講生個々の希望をヒアリングしゴールから逆算してカリキュラムを設計してくれます。

じっくり学んでから転職したいのであれば3か月フルに学習しポートフォリオとなるオリジナルECサイトを開発する学習プランを提案してくれます。

一方、速攻で転職したいのであれば最低限必要な知識とスキルを習得し最短1か月でエンジニア転職できる学習プランを提案してくれます。

GEEK JOBならではの良さはスピーディーに転職活動をできる点にあるでしょう。

2.ライフスタイルに合わせて受講可能

仕事をしている人なら夜に受講し学べます。仕事をしていない人であれば丸一日フルタイムで学習し短期集中で学習することが可能です。

仕事をしながら学ぶ場合でも卒業後は退職し就活することが前提になるのでその点はご注意を

3.転職のプロがサポート

GEEK JOB運営元のグルーヴ・ギア株式会社は2008年の創業以来、IT人材紹介業を営んできた転職エージェントになります。
このグルーヴ・ギアの転職のプロともいえるキャリアアドバイザーがついて「徹底した採用者目線」で面接のロールプレイングを行ってくれるため就職に超強いです。

未経験のエンジニア転職では技術力以上に「なぜエンジニアになりたいのか」志望動機に一貫性があるか強く見られます。
というのも未経験は戦力になるまで少なくとも1年間は育成期間が必要でコストもかかるので採用してすぐ辞められたら元も子もないからですね。

GEEK JOBは転職のプロがこの「なぜエンジニアになりたいのか」の志望動機に一貫性を持たせるために指導してくれるので転職に成功しやすいのです。

S・Yさん
S・Yさん

私の場合、受講期間中はフルタイムで1日10時間ほど勉強しました。2カ月弱で就職が決定したのでかなりスピード感のある日々でした。

以降ではS・YさんにGEEK JOBを受講した感想を語っていただきます。

GEEK JOBを受講した理由

金融業界からITエンジニアへ転身~この先ITに精通していないとマズいという焦り

大学では国際公共政策を学び卒業後、投資情報会社に入社しました。

その会社は証券会社に投資情報を提供している会社で大手証券会社や銀行など金融業界出身の人が多かったです。

社内には投資情報部とIT部があり、私はその投資情報部に配属となりました。

投資情報部の上司はITに精通していなかったです。

そこで年齢の若い私がSEOや運営しているWebサービスのカスタマイズなどIT周りのことを担当することになりました。

プログラミングは元々は触れたことがなかったです。でも業務を通してHTML/CSS、JavaScriptを自分で勉強し自社のWebサービスのフロントエンドも触るようになりました。

フロントエンドとは…

Webサイトの中でユーザーが直接見たり操作するフロント側(前面)のこと

しかししばらくすると自分がフロントエンドしかできないのがもどかしくなってきました。
サーバー側で行われる処理やデータを取り扱うサービスの裏側のサーバーサイド領域についてはIT部のITエンジニアの方に任せていたんですね。

自分でフロントエンドからサーバーサイドまで一気通貫してやりたいという思いが強くなりました。

当時、私は証券外務員など金融の資格も取っていたり順調にキャリアを積み重ねている実感はありました。なのでキャリアに対する大きな不安はなかったです。

しかし、今からの世の中でプログラミングができないと何もできなくなりそうだという焦りがありました。

金融業界ではビジネスのコアとなる部分はすべてITが占めるようになっています。

在籍していた投資情報会社でも実質的に収益を生んでいるのはIT部が開発したシステム、仕組みです。

もちろん前提として金融の知識は必要です。

しかし金融に知見のある人が2,3人いてその知見をいったんITの仕組みに入れ込んでしまえば事足ります。

さらに言ってしまえばITエンジニアが証券外務員の資格を取って金融知識を付ければ金融知識しかない人は不要となります。

これは金融だけでなく教育でも旅行でも同じでしょう。どんな業界においてもITがビジネスのコアになっていることを強く実感していました。

また金融業界には金融の知見が豊富な人は多いものの、ITシステムを十分活用できる人材が圧倒的に不足している状態に不自然さも感じていました。

それなら自分が金融に強いITエンジニアとしてキャリアを積んでいくのは良いかもしれないと。
より希少価値が出るのではないかと考えITエンジニアへの転職を検討するようになりました。

GEEK JOBを選んだ理由~親身になって助言をくれたから

前職でHTML/CSS、JavaScriptには触れていたのですが、サーバーサイドの言語には触れたことがなかったです。

ただサーバーサイドはハードルが高く、独学でマスターするのは難しそうだと感じていました。

独学でやるにしても周りに訊ける人もいなかったので間違いなく挫折しそうだなと。

その同時期、友人に無料プログラミングスクールのプログラマカレッジに通っている人がいたんです。
その友人の話を聞いている限り、独学ではなく身近に訊ける人がいるスクールで学ぶ方が早道だと思いました

また無料で学べるだけでなく求人の紹介や面接対策まで一貫してやってくれる点に魅力を感じました。

それでその友人が通っているプログラマカレッジに加えてGEEK JOBの説明会にも応募しました。

評判を見ていると、どのスクールも賛否両論でしたが、GEEK JOBは運営メディアに卒業生のインタビューも豊富にあったのがとても参考になりました。



正直、最初は「本当にこの人、GEEK JOB卒業したのかな?」と疑ったのですが笑

ただ卒業生のインタビューをいくつも読んでいくうちに全くの異業種からITエンジニアになっている経歴の人がたくさんいて、リアルな話が多く信頼できるなと感じました。

それでGEEK JOBの説明会に参加することにしました。説明会の後に対面でGEEK JOBのメンターの方が個別面談に応じてくれました。

真摯に助言して頂きました。

コロナ渦で求人が減っていること、そして年齢的に27歳でIT未経験なのでそれを補うためのアピールを考える必要がある」など親身になって助言を頂いたのがかなり印象が良かったです。

あと最初は簡単にWebアプリを開発できるRubyを学ぶのも良いかなとも思っていました。

でもメンターの方に「就職にはJavaが一番有利だし最初に難解なJavaをやっておくといいですよ」という助言もいただきJavaを学べるGEEK JOBの受講を決めました。

GEEK JOBの良かったところ

1.学習のロードマップが見えるカリキュラム
2.困ったときに訊けるメンターが心強かった
3.就活対策が手厚かった
4.想像してた以上に良い企業に就職できた

1.学習のロードマップが見えるカリキュラム

学習の進め方を説明してもらうオリエンテーションを終えたらすぐに受講を開始しました。

GEEK JOBが作成しているオンライン教材を使用して学んでいきました。オンライン教材はProgateのような教材のイメージです。

Googleスライドを参考に学習していき、章ごとに課題に取り組みます。課題はGEEK JOB独自のコードエディターを使ってブラウザ上でコードを打ち込んで提出します。

すると講師から合格、不合格が判定されコメントでフィードバックをもらえました。

この課題がかなり多く、アウトプットも相当な量が求められたのでその分力がついたように思います。

私の場合ですが仕事を辞めていたので朝から晩までフルタイムで毎日10時間学習したため2週間でカリキュラムの折り返しとなる中間テストまで到達できました。

「○○日までにこの単元まで終えましょう」
「○○日までに中間テストをしましょう」
など次に何を学習すべきか学習の全体像が見えたのでモチベーションを保ちやすくて良かったです。

※補足)GEEK JOBの学習内容は以下です。

GEEK JOBの主な学習内容

プログラミング基礎

  1. PCの基礎知識
  2. ネットワークの基礎知識
  3. プログラミング基礎知識(プログラミングの仕組み)
  4. フローチャート、アルゴリズム)
  5. Gitの基礎知識

Java

  1. 変数・定数
  2. 四則演算
  3. 文字列
  4. 条件分岐(if文, while文, switch文)
  5. 配列
  6. 連想配列
  7. ループ処理
  8. サーブレット
  9. サーブレットとJSP
  10. 中間テスト
  11. メソッド
  12. オブジェクト指向
  13. クラス
  14. フレームワーク
  15. 標準クラス
  16. データ操作
  17. データベース基礎
  18. データベース操作
  19. 巨大なソースコードの改修
  20. 総まとめ
  21. オリジナルサイト作成(仕様作成 開発 テスト)

中間テストを終えると週1回のグループレッスンと就活対策が始まりました。グループレッスンではペアプログラミングで課題に取り組んでいきました。

ペアプログラミングとは…

2人のエンジニアが共同でプログラムを書いていく開発スタイル

私の場合は早めに就活を進めたいと考えていたので、オリジナルサイト作成まではやらずに就活に移行した形になります。

2.困ったときに訊けるメンターが心強かった

課題に取り組んでわからなかった点はいつでもメンターに訊けたのが助かりました。

チャットで訊けることはチャットで訊きましたが基本的にはビデオ電話で質問していました。

メンターの方は経験・知識共に豊富でした。プログラミングがわからない人たちをずっと見てきた人なので、こちらがどこに躓きやすいのかもわかった上で丁寧に教えていただけました。

でも最初はメンターに質問しづらかったのが正直なところです。

ただ最初にメンターに質問した時に「自分で2,3時間悩んで考えてもわからなかったらすぐ質問しないともったいないですよ」と言われました。

その言葉をかけてもらったおかげで質問しやすくなり、それからはどんどん質問するようになりました。

あと過去の受講生とメンターさんへの質疑応答の内容がGEEK JOBのSlackにそのまま残っていたのでそれを見て参考にしてもいました。

3.就活対策が手厚かった

カリキュラムの中間テストを終えると同時に就活を開始しました。

2日に1回ほどキャリアアドバイザーの方についてもらって履歴書添削、面接対策を進めていきました。

キャリアアドバイザーの方の指導は今振り返ってみてもすごく良かったと思います。

キャリアアドバイザーの方とのキャリアカウンセリングで原体験に基づいた志望動機も練り上げることができました。

前職でGoogleAppsScriptでデータ集計をして業務を自動化した経験からITの便利さに気づくようになった。それをきっかけにITシステムを開発する側に回りたいと思うようになった
この様に原体験に基づきエンジニアの志望動機を言語化するのを手伝っていただけました。

4.想像してた以上に良い企業に就職できた

GEEK JOBから求人を提案された中で2社ほど行きたい会社があったので応募しました。

その2社に応募し、そのうちの1社から内定をいただき就活を終えることができました。
現在、勤務している企業は大手証券会社のサービス開発を受託しているシステム開発会社になります。

その企業を選んだのはキャリアアドバイザーの方から「本当にいい会社です」とリコメンドいただいたこと。そして平均残業や収入についても詳細が開示されており信頼できる内容だったからです。

実際、思っていた通りの業務内容と職場環境だったので違和感なく働けています。

給与に関しては実は求人票に乗っている額よりも多くをオファーしていただきました。未経験にしては運が良かったなと。
もちろん決して多くはないですがそれでも未経験にしては全然もらえてる方かと思います。

業務内容ですが、これも希望していた内容をできています。アジャイルなのでAngularでフロント作ってJavaでサーバーサイドまでフルスタックで一気通貫にやらせてもらっています。開発しているのは金融系のアプリになります。

あと勤務スタイルが柔軟なのも良いですね。週1出社で基本はリモートでの勤務です。在宅で働いています。

ただちょっと外に出なさすぎで日を浴びれていないのが課題ですね笑

GEEK JOBの悪かったところ

1.コミュニティがあれば尚よかった
2.難しくて挫折しそうになった

1.受講生同士交流できる機会があったら良かったかも

オンライン完結の受講だったので、受講生同士交流できる機会があったらあったで楽しかったかもしれません。基本的に会話はメンターの方とだけだったので。

ただ特段、別になくてもよかったとも個人的には思いますね。その分、オンラインでの学習に集中できましたしね。

2.難しくて挫折しそうになったことあり

中間テスト後にトランプゲームの『ブラックジャック』を開発する課題が課されました。難易度が一気に上がったので、その時は一瞬無理かもと思いました。

これについては事前にメンターに「みんなブラックジャックで躓きます。鬼門になるかもしれないです」と言われたので覚悟はしていたのですが難しかったですね。

ググったりメンターに質問しながら徐々にわからない点が解消されてクリアできました。ただその時はとにかく難しく感じました。

GEEK JOB受講して転職活動はどうなったか

応募2社

提携求人のSES企業と受託開発企業の2社に応募しました。

面接2社

内定は1社
受託開発企業から内定をもらいました。

就職先の受託開発企業からは前職の金融業界での経験も評価されたように思います。
というのもその受託開発企業は大手証券会社向けのWebアプリを開発しているからです。金融の知識も加味して評価され採用されたのだと思います。

エンジニアになってどうですか?

僕の場合ですがエンジニアになって本当に良かったです。

基本、リモートワークなので服はスーツ着なくて良いですし、電車乗らなくても良いですし、嫌な人に会わなくても良いです。

あとはエンジニアの仕事では1つ1つ物事を終えていかないといけません。そのマインドが料理とか買い物とかどんなことにでも応用できるようになったのが良いですね。

ただし、リモートワークは在宅なので外出する機会が減りました。日を浴びるのも重要だなと最近は思います。

またプログラミングスクールを選ぶならGEEK JOBを選びますか?特におすすめなポイントは何ですか?

もちろんGEEK JOBを選びます。自分の場合、学習から就職まで全部順調にいったので。すごく感謝しています。

メンターがやっぱり良かったです。メンターが嫌な人だったらプログラミング学習は絶対に嫌になっていたと思います。

メンターの方2人が本当に良い人だったので。好きなメンターでしたね。優しくも厳しいメンターでした。

プログラミング学習を検討してる人に何かアドバイスはありますか?

「GEEK JOBにとにかく行けば」と言いたいです。私自身、エンジニア転職検討してる人から度々、質問を受けることもありますが、そう回答してます。GEEK JOBに行って損することはないですので。

無料カウンセリングの流れ

S・Yさん
S・Yさん

説明会の後に対面でGEEK JOBのメンターの方が個別面談に応じてくれました。

質問に真摯に答え頂きました。コロナ渦で未経験のエンジニア転職が難しくなっている点なども包み隠さず教えていただけたので好印象でした。

GEEK JOBは無料カウンセリングを開催中です。

無料カウンセリングの流れは以下となっています。

①Webサイトから申し込み

②日程確認メールが到着

③当日、オンライン(GoogleMeet)で参加

①Webサイトから申し込み

Webサイトから基本情報を入力して無料カウンセリングを申し込みます。

②日程確認メールが到着

GEEK JOBから日程確認メールが来ます。メールには無料カウンセリングに参加するためのビデオ電話のリンクが掲載されています。

③当日、オンライン(GoogleMeet)で参加

当時、オンライン(GoogleMeet)で無料カウンセリングに参加します。

口コミ・評判から判明したメリット・デメリット

デメリット

・違約金が発生する

・学習言語がJAVAのみ

・受け入れ対象は19歳~28歳

・就職先は1都3県

メリット

・転職メンターが素晴らしい

・最短1か月でエンジニア就職

・働きながら学べる

GEEK JOBのデメリット

デメリット①違約金が発生する

GEEK JOBは無料ですが条件によっては違約金が発生します。

以下の場合に違約金が発生することに留意しておきましょう。

違約金支払い条件

・開始日から14日間経過後に、本人が自主的に退学した場合

・終了日から30日間以内に、自己応募または他社サービスを経て面接もしくは転職された場合

・終了後一ヶ月以内に企業より採用内定通知が出たにも関わらず辞退した場合

つまりGEEK JOBが紹介する企業に就職しなかった場合に違約金が発生するわけですね。

就職しない場合は就職するからこそ無料にしていた受講料分を支払う必要があります。

GEEK JOBの受講料は通常なら1が月12万円(税抜)。その月額料金を日割した違約金が請求されることになります。

デメリット②学習言語がJavaのみ

GEEK JOBで学習できる言語はJavaのみです。
なぜなら日本ではJavaをシステム開発に採用している企業が圧倒的に多いからです。求人もJavaが圧倒的に多いです。

JAVAを学習したくない人はGEEK JOBは選ばないほうが良いでしょう。

学べる言語が限られている

デメリット③受け入れ対象は19歳~28歳

GEEK JOBの受け入れ対象は19歳~28歳です。

デメリット④就職先は1都3県

GEEK JOBの紹介求人企業は東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県に所在しています。

GEEK JOBのメリット

メリット➀転職メンターが素晴らしい

受講生のGEEK JOBの転職メンターへの評価が図抜けて高いですね。

転職メンターは転職支援の経験豊富なキャリアカウンセリングのプロです。

この転職メンターはGEEK JOBの圧倒的な強みでしょう。

転職活動も初めてだったので、自己分析から始める必要があって、かなり助けてもらいました。(略)選考日程を組むことや、他にも自分でやるものだと思っていたこともほとんど転職メンターの方にやってもらったので、学習に集中出来ました。

メリット②最短1か月でエンジニア就職

GEEK JOBの就職支援はプログラミングスクールの中でも手厚く、最短1か月で就職できることもあって続々と受講希望の人がやってきています。

美容師だった人、客室乗務員を目指していた人、自衛隊だった人など様々な職種の人がITエンジニアへ転職するためにGEEK JOBに入校しています。

チャレンジのしがいありそう

正社員就職できる

受講生の評判
入ったのは7月の後半あたりで、内定を取ったのは9月の始めくらいでした。(略)GEEK JOBで何を学んで、何を自主的にやったことがあるかっていうのを言えることが大事にしていましたね。

メリット③働きながら学べる

GEEK JOBの学習カリキュラムは柔軟に組んでもらえます。

たとえば仕事していない人なら週5日10時間短期集中でがっつり学習できるカリキュラムを組んでもらえます。
仕事をしている人なら夜だけ学習できるプランを組んでもらえます。

自分のライフスタイルに合わせて学習を進めていけるようになっています。

キャンプ自体がそこまで時間に追われる感じではないのも利点だと思います。授業ではなく自主学習なので、自分のペースで勉強できるのがポイントですね。

【実例】GEEK JOB卒業生の就職先企業

ゼクウ、RJC、ゼロスピリッツ…

GEEK JOB卒業生の就職先です。知らない企業ですよね。

GEEK JOBの就職先は冒頭のような無名の企業がほとんどですが、大企業向けのシステム開発を行っている堅実な企業が多いです。
無名企業ではあるももの、しっかり技術を磨ける”手堅い”企業に就職可能です。そこは間違いないです。

ネット記事にはGEEK JOBからサイバーエージェントやDMMに行けるかのような紹介をしている記事もありますが半分正解で半分間違いです。

完全未経験の人がサイバーエージェント、DMMなどの有名な自社開発企業に行くのは相当難しいです。というかほぼ不可能です。

これらの企業に関しては大学の情報学科を出ていたり学生時代からばりばりプログラミングをしていた様な人でないと就職できません。未経験から就職はほぼ不可能です。

GEEK JOBは基本的には、大企業向けのシステム開発を行っているSES企業や受託開発企業への就職が多いです。

SES企業、受託開発企業とは何か?

エンジニアが勤務する企業は大きく分けて以下の3つに分かれます。

企業の種類

SES企業:SESとは特定の業務にITエンジニアの労働を提供する契約。自社のITエンジニアをクライアント企業に派遣する事業を行っている企業が多いです。

受託開発企業:受託開発はクライアント企業からソフトウェアやアプリケーションなどの開発を受注して開発する事業形態のこと。

自社開発企業:自社サービス開発企業とはつまり自社でWebサービス(WebサービスとはつまりクックパッドとかWantedlyとかそういったサービスのこと)を運営している企業のこと。

就職難易度は前から順に以下の様になります。

自社開発企業 > 受託開発企業 > SES企業

SES企業のビジネスモデル

SES企業は求人が最も多く就職しやすいですので、未経験の人が狙うべき企業です。

ただし、SES企業には当たり外れがあります。全くスキルが身につかないエクセルのコピペみたいな雑用ばかりやらされる”地雷”企業もありますからね。

とはいえすべてのSES企業が”地雷”なわけではありません。しっかり社員のキャリアを考えてくれるSES企業もあります。冒頭のゼクウ、RJC、ゼロスピリッツなどの企業はエンジニアとして育ててくれます。

そうしたSES企業を選ぶためにもGEEK JOBを利用しましょう。

GEEK JOBは専属のキャリアアドバイザーが受講生につき就職先企業をしっかり精査したうえで紹介しているので安心して就活できます。

GEEK JOB卒業生の実際の就職先企業例

ゼクウ(未経験から就職した場合の初年度の年収250万円)

ゼクウは採用管理クラウドシステム「RPM」などの採用管理システムの開発・販売を手掛けるシステムベンダーです。

ゼクウは自社開発の採用管理システムを300社以上の顧客企業へと提供しています。転職口コミサイトのVokersを見ても評価高いですね。

RJC(未経験から就職した場合の初年度の年収300万円)

RJCはJavaを中心としたWeb系システム開発会社です。基本的にはクライアント企業への客先常駐での仕事となります。

RJCはかなり広範な業界の企業からシステム開発や改修の仕事を請けています。

たとえば進学情報サイトのエンハウス業務など。エンハンス業務とは既存のサイトに改善を加え品質の向上や新たな機能の追加を行うことです。

ゼロスピリッツ(未経験から就職した場合の初年度の年収300万円)

ゼロスピリッツはJavaを中心としたWeb系システム開発会社です。

顧客と直接システム要件の検討をおこなうなど上流工程の仕事も担当させてもらえれるポジション。

GEEK JOB卒業生の就職先を見るとITエンジニアとして働くうえで職場環境の良い企業に就職できていると分かります。

GEEK JOB卒業後の就職先の企業について詳しくはこちらの記事「GEEK JOB就職先徹底調査」をご覧ください。

GEEK JOBとプログラマカレッジとを比較

以降では競合スクールプログラマカレッジと比較していきますね。

プログラマカレッジGEEK JOB
期間・料金3か月無料1~3か月無料
受講形態オンラインオンライン
学習内容Java
PHP
ECサイト開発
チーム開発
Java
ECサイト個人開発
講師現役エンジニア現役エンジニア

GEEK JOBと比較するとプログラマカレッジはよりがっつり学ぶスクールです。チーム開発もあり。

就活時の習得スキルレベルが高いので就職先企業を選べるようになります。就職先企業にこだわりたい人にはプログラマカレッジをおすすめします。

一方で速攻で就職して働きながら現場でスキルアップしていきたい人にはGEEK JOBをおすすめします。最短1か月でエンジニア就職が可能です。

しっかり学びスキルをつけてから就活したい → プログラマカレッジ

サクッと1か月で就職したい → GEEK JOB

プログラマカレッジの卒業生にも取材しました。こちらの記事「プログラマカレッジの評判、実際に受講した卒業生の感想【駄目な点も】」を参考にしてください。

GEEK JOBやプログラマカレッジは無料スクールですが有料スクールとの違いについて知りたい方は「評判の良いおすすめプログラミングスクール7選」を参考にしてください。

下手な有料スクールに行くよりGEEK JOBに行くのがおすすめ

GEEK JOBは最短1か月で転職できるのが最大の良さですね。それも受講料無料。下手な有料スクールよりGEEK JOBの方が間違いなく良いでしょう。

現在、GEEK JOBでは無料カウンセリングも開催しています。

GEEK JOBで学んだ後、ITエンジニアとして就職した受講生らが実際どのような企業に就職しているのか等、無料カウンセリングで納得いくまで質問攻めにしましょう。

一緒によく読まれている記事

GEEK JOB卒業後の具体的な就職先企業については下の記事で解説しているので参考にしてください。

エンジニアとしてスキルアップできる企業が揃っています。

以下記事ではGEEK JOBと他の無料スクールと比較しています。

以下記事ではGEEK JOBと有料スクールとの比較もしています。

タイトルとURLをコピーしました