評判:DMM WEBCAMP漬けの3カ月で人生が激変した話

DMM WEBCAMPってぶっちゃけどうよ

そんな疑問に答えます。

今年2月にDMM WEBCAMPを卒業した猪原将志さんに直撃取材しました。顔出しはNGとのことでしたので顔出しなしで取材させていただきました。

猪原さん
猪原さん

前職は全国展開の某眼鏡チェーンの店舗で販売員をしていました。
2020年6月にDMM WEBCAMPを受講開始し、11月に学習カリキュラムを終えて転職活動に移りました。
最終的にDMM WEBCAMP経由の求人企業から内定を頂き、2021年2月に卒業しました。

猪原さんにはDMM WEBCAMPに通って良かったところだけでなく悪いところも正直に打ち明けて頂きました。

さらに本記事では猪原さんの受講感想に加え、他の受講生52人の口コミ・評判を分析して分かったDMM WEBCAMPのメリット・デメリットも解説しています。

DMM WEBCAMPを受講すべきか判断するための1つの選択基準として本記事を役立てていただけば幸いです。

当メディア『ノースキルの逆襲』編集部より

当メディア『ノースキルの逆襲』編集部です。当メディア編集部では足かけ1年にわたり20社以上のスクールと卒業生を取材してきました。厳選したおすすめのプログラミングスクールはこちら「本当に力のつくおすすめプログラミングスクールまとめ

チェックしたスクールの教材、取材させていただいた方々(※一部)
DMM WEBCAMPの教材もチェックしました。

DMM WEBCAMPの各コースの料金

DMM WEBCAMP COMMITDMM WEBCAMP
PRO
DMM WEBCAMP
SKILLS
料金(税込)3か月
69万800円
3か月
62万4800円
1か月
22万円~
コース内容ITエンジニアに転職。転職保証付き。ITエンジニアに転職。転職保証なし。ビジネス教養としてプログラミングスキルを学ぶ
仕事と両立×
受講形態通学(東京・大阪)

オンライン
オンライン通学(東京・大阪)

オンライン
年齢制限30歳以下対象

DMM WEBCAMPには3つコースがあって最も人気のコースは3か月でエンジニア転職を目指すDMM WEBCAMP COMMITになります。

今回、取材した猪原さんはDMM WEBCAMP COMMITを受講されました。

以降では猪原さんにDMM WEBCAMPを受講することにした理由、受講して良いと感じところ、悪いと感じたところ、受講後のエンジニア転職の結果について語っていただきます。

猪原さん
猪原さん

DMM WEBCAMPには本当にお世話になりましたし凄く感謝しています。ただしここではフィードバックの意味も込めて忖度抜きで語りました。

DMM WEBCAMP卒業生の感想~2020年6月猪原将志さん

DMM WEBCAMPを知ったきっかけ~眼鏡屋の販売員からエンジニアへの転職を決意した理由

前職は全国展開の某眼鏡チェーンの販売員でした。

私は美術大学でプロダクトデザインを学び、眼鏡のデザインができたらと思って眼鏡チェーンに入社したのです。
入社当初はまず店舗で現場を学んでからデザイナーを目指そうと希望を抱いていたんですね。

しかしデザイナーのポストはこの先いつまでも空きそうになかったです。

またその時は2020年3月、4月頃で新型コロナウイルスが一番やばい時だったので「リアル店舗での仕事はこの先消滅するのではないか、食えなくなるのではないか」という不安もあってキャリアチェンジすることを決心しました。

もともと何かしら物やプロダクトを作るのが好きなのと今後求められるスキルをつけたいと考えプログラミングを学ぶことにしました。

そんな時、偶然YouTubeでDMM WEBCAMPの広告を見かけたんです。

それでDMM WEBCAMPの無料カウンセリングを受けました。

無料カウンセリングではDMM WEBCAMP卒業生の離職率が1%という説明に特に強く惹かれました。DMM WEBCAMPなら良い職場につける確度が高そうだなと。

DMM WEBCAMPを選んだワケ~卒業生の離職率1%で転職失敗しないと予測できたから

もちろんDMM WEBCAMPと他のスクールもいくつか比較検討しました。テックキャンプの無料カウンセリングにも参加しました。

当時の私はさほど知識がなかったのでスクールの細かな違いはあまり分からなかったです。

そんな中でDMM WEBCAMP卒業生の離職率1%という目に見えるデータが決め手となったんですね。

せっかく高いお金を払うわけなので転職後のことも考えた上でスクールを選ばなければならない。そう思っていたので離職率が低く転職に失敗しなさそうなDMM WEBCAMPを選びました。

DMM WEBCAMPの悪いと感じたところ

1.カリキュラムは簡単ではなかった
2.メンターさんが塩対応の時があった
3.紹介求人は少なめだった

1.カリキュラムは簡単ではなかった

DMM WEBCAMPの1か月目のカリキュラムではアウトプット型の課題提出が求められ、理解していないままだと次には進めません。カリキュラムは簡単ではなかったです。

実はカリキュラム1か月目は進捗が思ってた様には追いつかず1か月延長することにしました。

受講開始前にドットインストールで勉強していたんですけどね。それでも追いつかなかったです。

ただしプログラミングが難しいことへの覚悟はありましたので不満とまではいきません。

延長する場合…
1カ月ごとに7万円の延長料金を支払うことで延長可能です。

2.メンターさんが塩対応の時があった

メンターさんごとに対応能力や知識・経験に差があったように思います。

プログラミング始めたばかりの頃は何が分からないか分からない状態です。

質問が明確でない状態でメンターさんに相談を持ちかけると「自分で一度は調べましたか?」と若干苦い顔をされたことがありました。

質問は質問フォームから簡単にできるようになっているので事前に質問内容を整理せずに質問する受講生が多くてメンターさんも辟易としていたのかもしれません。

一方で分からない部分を掘り下げて分からない部分を明確にしてくださるメンターさんもいました。

3.紹介求人は少なめだった

DMM WEBCAMPはDMMグループとコネクションがある求人企業を紹介してくれました。

ただ新型コロナウイルスが最も流行しており企業も採用を躊躇っている時期だったのでDMM WEBCAMP自体の紹介求人が多いか、少ないかで言うと少ないと思いました

実際、DMM WEBCAMPの紹介求人だけだと転職できない可能性もあると思ったので転職エージェントのマイナビエージェントも活用して就活を進めることとなりました。

とはいえ結果的にはDMM WEBCAMPに紹介いただいた求人企業に就職することになったんですけどね。

DMM WEBCAMPの良いと感じたところ

1.3か月と短期ながらも学習カリキュラムが充実している
2.本当に学習に挫折させない手厚い学習サポート
3.全力で転職成功にコミットしてくれるキャリアアドバイザー

1.3か月と短期ながらも学習カリキュラムが充実している

DMM WEBCAMPでは3か月の短期のカリキュラムでチーム開発からオリジナルWebサービス開発まで経験できました。

3か月の学習カリキュラム

1か月目:オンライン教材を使用した基礎プログラミング学習
2か月目:チーム開発
3か月目:オリジナルWebサービス開発

1か月目:オンライン教材を使用した基礎プログラミング学習

1か月目は講義はなくDMM WEBCAMPが提供するオンライン教材でHTML・CSS・Rubyの3つの言語の基礎、そしてRuby on Railsを使ってブログの様なWebアプリを開発しながら学んでいきました。

教材で学んだ内容がしっかり定着しているか確認するための課題が3つ課されました。課題はメンターに提出し合否判定をもらいます。

課題はWebアプリを実際に開発するアウトプット型のもので学んだ知識を実際に使えるようになってないと合格をもらえません。だからこそ教材で基礎をしっかり身につけられたように思います。

ただ、教材自体はそこまで特別感はなかったです。忖度抜きで教材に点数をつけるとすると100点中70点ほどかなと。

これはDMM WEBCAMPに限らずどのスクールの教材もそうだと思いますが教材の内容自体は市販のものとさほど変わらないと思います。

自分自身は教材で学習している際に分からないことがあればすぐメンターに質問できたり、アウトプットに対してフィードバックをくれるDMM WEBCAMPの学習環境により価値を感じました。

2か月目:チーム開発
DMM WEBCAMPチーム開発の様子

2か月目は同じ月に受講している同期の受講生3、4人で1つのチームを組み、チーム開発していきます。

チーム開発では受注開発を行う企業の現場さながらの設定で、ECサイトの設計から開発、テストまで開発の一連の流れを実践できました。

率直に言って凄く楽しかったです。

私たちのチーム名は”蟹肉トマト”でした。チーム名にあまり深い意味はないです。



蟹肉トマトのチームメンバーは個性豊かでしたね。イケヤで家具の販売員をしていた人、会社のマネージャー職についていた人、番組のADだった人、そして眼鏡屋の販売員だった私の4人で開発をしていきました。

最初の2週間はチームで話し合って画面設計、データベース設計、アプリケーション設計を進めました。

この設計をDMM WEBCAMPのメンターに見せて合格をもらえればチーム開発へ移り、役割を分担していきます。

レイヤーやデザインは○○さん、カートや注文機能は○○さん、ログイン機能は○○さんみたいに実際の開発現場と同様の環境でチーム開発を進めます

私はECサイトのデザイン面を担当。最初から美術大学出身であることをチームメンバーにアピールしていたのでデザイン面の仕事はすべて任せてもらいました。

チーム開発において自分はやはりデザインやフロントエンドは得意だけどバックエンドには苦手意識があるのだと気づけました。
チーム開発は自分の得意・不得意を認識できるすごく良い機会だっと思います
(※フロントエンドとバックエンドの違いは『Webエンジニアに求められるスキル・知識を徹底解説』を参考にしてください)

後日、私はフロントエンドエンジニアを目指す方向で就職活動をしていくことになりますが、それもチーム開発での気づきがあったからこそです。

実際にDMM WEBCAMPのチーム開発で作られたECサイト



3か月目:オリジナルWebサービス開発
食べログの観光スポット版アプリ「tabi share」

3か月目は就活用ポートフォリオとしてオリジナルWebサービス開発に取り組みました。

私はポートフォリオとして女性向けの電化製品のレビューサイトを開発しました。
他の人と差別化するためにも「女性×家電」という少しひねったコンセプトと自分の得意なデザインで勝負しました。

このオリジナルWebアプリ開発では現場で実際に開発している現役エンジニアのメンターが指導してくれました。

メンターは技術力だけでなくコミュニケーション能力も高い人が多かったのが印象的でした。

・保守性は高いか?
・多くの人に使用されても動くか?
・他の人から見て読みやすく可読性は高いか?

上記の様な現場目線での指導もいただけました。

2.本当に学習に挫折させない手厚い学習サポート

・ライフコーチによるサポート
・講師にいつでも質問可能

ライフコーチによるサポート

イフコーチのサポートに度々救われました。

ライフコーチとは…

受講生の目標達成に向けコーチングを行いモチベーションを高める役割を担うスタッフのこと

人によっては必要ないという人もいるかもしれませんが自分の場合は度々お世話になりました。

自分が受講していた当時は特にコロナが最も流行していた時期だったこともあって教室に気軽に行ける状態ではなかったです。時間管理や学習ペースの配分ができず苦労するところもありました。

そんな時にライフコーチにお世話になりました。カリキュラム1か月目の学習に難航し「学習が追いつきそうにない、難しそうです。無理かもしれません。」とライフコーチに相談したんですね。

するとライフコーチはじっくりと私の話に耳を傾けてくれ「多くの人が挫折している中でエンジニアを目指す想いが強い猪原さんの姿勢は凄く良いと思います」と励ましてくれました。

不安を共有できるだけでも救われた部分は大きかったです。

ライフコーチからは「もしどうしても学習が追いつきそうにないなら受講期間を1か月延長しましょう」と提案いただき延長する際のメリット・デメリットについても教えていただきました。

講師にいつでもどこからでも質問可能
メンターに質問している様子

プログラミング学習ではエラーやバグに悩まされて1日潰れてしまうこともあります。そんな時にすぐ質問できるメンターや講師がいる環境は心強かったです。

教室またはオンライン上に常駐しているメンターにいつでも質問可能で私の場合だと受講期間中は合計で50回近くは質問したと思います。

恐縮ながらメンターさんに点数をつけるなら100点中80点でしょうか。

単に答えをそのまま教えるというよりかはヒントを与えてくれる教え方のメンターさんもいて「自分で調べることの大切さ」も学べたように思います。

3.全力で転職成功にコミットしてくれるキャリアアドバイザー

DMM WEBCAMPキャリアドバイザーの白井さん

これも恐縮ですがキャリアアドバイザーの方には100点中90点をつけたいです。

キャリアアドバイザーの方からは本当に転職を成功させたいという気概を感じましたし人柄もとてもよく感じました。本当にお世話になりました。

キャリアカウンセリングは2か月目からスタートして企業はどういうエンジニアを求めているのかの理解から始まりました。

私の場合は美術大学に通っていた経歴や、デザインに対する興味関心をエンジニアとしてどう活かすのか理由づけするやり方を教えていただけました。

キャリアアドバイザーとのやり取りの中で自分自身では気づいていなかった何のために働くのか、何にやりがいを感じるのかという隠れた欲求や価値観を言語化できたました。

それらをエンジニアになる動機とリンクさせることで強力な自己PRが可能になったのも良かったです。

もちろん最初に自分で考えていた自己PRもあったのですが、キャリアアドバイザーの方にブラッシュアップしてもらった方がよりエンジニア転職向きの内容になったと思います。

あと、私個人としてとても役立ったと感じたのが面接時の逆質問対策へのアドバイスです。

面接では企業の採用担当から「最後に何か質問ありますか?」と聞かれます。

キャリアアドバイザーの方に教えてもらった逆質問の用意が凄く役に立ちました。

DMM WEBCAMP受講して転職活動はどうなったか

応募30~40社

DMM WEBCAMPではキャリアアドバイザーが代わりに応募してくれ書類選考に通過した企業から面接案内が来ます。マイナビエージェントでは20社くらい応募しました。

面接20社
マイナビエージェント経由で面接を受けた企業の数はDMM WEBCAMP経由より多かったと記憶しています。

内定は2社
マイナビエージェント経由で1社、DMM WEBCAMP経由で1社内定を頂きました。最終的にDMM WEBCAMPに紹介いただいた企業に就職することになりました。

転職活動は成功だったと言えると思います。就職先はSES企業で将来的に自分が目指しているフロントエンドエンジニアの業務に携われる企業です。

入社時の報酬よりも自分のやりたいこと、実現したいことを優先して企業を選びました。

猪原さん
猪原さん

「プログラミングの勉強は参考書買えばできるよ」という話もよく聞きます。でも参考書で学んでエンジニア転職できるかというとそうではないですね。
DMM WEBCAMPは0からエンジニアを目指せる環境、キャリアを実現するための転職サポートがあったのが本当に良かったと思います。感謝の気持ちが強くあります。

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングについて

DMM WEBCAMPでは無料カウンセリング実施中です。

猪原さん
猪原さん

DMM WEBCAMPを受講する前にテックキャンプなど他のスクールの無料カウンセリングに参加して比較検討しました。無料カウンセリングの内容自体はどのスクールも大差なかったですが、DMM WEBCAMPのキャリアカウンセラーの印象が一番良かったです。

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングは「エンジニア転職の現状について、就職してからの長期的なキャリアプランについて」理解を深められる内容となっています。

無料カウンセリング参加の流れは以下3ステップとなります。

ステップ1.公式サイトにアクセス
ステップ2.日程予約
ステップ3.日程確認&ビデオ電話URL

ステップ1.公式サイトにアクセス

DMM WEBCAMPの公式サイトにアクセスします。

ステップ2.日程予約

スケジュール表から空いている日程を選びます。

ステップ3.日程確認&ビデオ電話URL

日程確認&ビデオ電話URLが送られてきますので当日はURLから参加すればOKです。

無料カウンセリングではプロのキャリアカウンセラーによる1対1のヒアリングを受けられます。

人によっては「エンジニア転職はあまりおすすめできないかもしれません」とアドバイスされることもあります。

エンジニア以外の職種が合ってる人もいますからね。

煽ることなく、本当にその人のためになるキャリアアドバイスをくれるのがDMM WEBCAMPの無料カウンセリングの良いところです。

無料カウンセリングを覆面取材した記事はこちら「DMM WEBキャンプの無料カウンセリングの内容を語る」。参考になれば。

以降では猪原さん以外の受講生の評判・口コミも参考にしてみましょう。

DMM WEBCAMP受講生52人の評判・口コミから判明したメリットとデメリット

受講生1人の情報だとどうしても偏りが出ます。

より客観的、中立的にDMM WEBCAMPの実態に迫るべく受講生52人の口コミ・評判も併せて記事内でメタ分析しました。

DMM WEBCAMPは良い口コミが圧倒的に多く悪い口コミがほとんどなかったです。

デメリット

1.受講期間は忙しい
2.教材が難しい
3.料金が高い
4.原則30歳以上は受講できない

メリット

1.メンターの質が高い
2.キャリアアドバイザーが凄腕
3.チーム開発あり
4.現役エンジニア指導の下でWebサービス開発
5.転職保証あり
6.離職率1%、転職失敗しない可能性が高い
7.教室も利用可能
8.給付金最大56万円

DMM WEBCAMPのデメリット4 つ

DMM WEBCAMPのデメリットは以下です。

1.働きながら受講は難しい
2.教材が難しい
3.料金が高い
4.原則30歳以上は受講できない

1.働きながら受講は難しい

DMM WEBCAMP COMMITでは3か月のカリキュラムで420~600時間の学習時間が求められます。1日あたり5~6時間の学習時間の確保が求められます。無茶苦茶忙しくなることは避けられません。

働きながら受講するのは難しいでしょう。

口コミ「思った以上に忙しい」

思った以上にDMMwebCamp忙しいというか普通に1ヶ月目で脱落者いるんじゃないかって感じでも楽しいわプログラミング、ワクワクする

引用元:Twitter

2.教材が難しい

DMM WEBCAMPで1か月目に使用するオンライン教材を筆者もこの目で確認しましたが、教材は簡単ではないです。

教材で学んだことがしっかり知識が定着しているか、内容を理解しているかチェックする「Webアプリを開発する」アウトプット型の課題が3つ課されます。

課題はメンターに提出して合格がもらえない限り次の単元に進めません。

力がつくのは間違いないですが、理解できてなくてもなあなあで次の単元に進む様なことは不可能です。

口コミ「独学でやるとしたらかなり難しいカリキュラム」

DMM1ヵ月目を振り返ると、カリキュラムを独学でやるとしたらかなり難しいと思う。
HTML&CSSとRubyは一通り勉強してスクール始まったらrailsしかやってなのに、結局課題ギリギリになったし。 0から始めたとしたら学習時間1日7時間じゃとても足りなそう。

引用元:Twitter

3.料金が高い

DMM WEBCAMPの受講料は69万800円です。

「料金高い」という声が受講生から上がっています。

料金比較(税込)
DMM WEBCAMP69万800円
テックキャンプ エンジニア転職76万7800円
ポテパンキャンプ44万円

テックキャンプの料金より安いのでエンジニア転職向けのスクールとしては平均的な料金設定です。

ただしオンライン完結のスクールよりは料金が高いですね。オンライン完結のポテパンキャンプは教室がない分だけ固定費がかからず料金も安くなっています。

口コミ「金額高いなと思ったりもしましたが通って良かった」

あと10日でDMM WEBCAMPの カリキュラムが全て終了します。

学べたことはたくさんあります。
・Rails ・チーム開発 ・自走力の大切さ ・自分の実力の低さ

金額高いなと思ったりもしましたが 通って良かったです。

引用元:Twitter

4.原則30歳以上は受講できない

DMM WEBCAMP COMMITは原則30歳以下の人のみ受け入れています。

別コースの転職保証がついていないDMM WEBCAMP PROなら年齢制限がなく30歳以上も受講できます。

DMM WEBCAMP COMMITDMM WEBCAMP PRODMM WEBCAMP SKILLS
料金(税込)3か月
69万800円
3か月
62万4800円
1か月
22万円~
コース内容ITエンジニアに転職。転職保証付き。ITエンジニアに転職。転職保証なし。ビジネス教養としてプログラミングスキルを学ぶ
仕事と両立×
受講形態通学(東京・大阪)

オンライン
オンライン通学(東京・大阪)

オンライン
年齢制限30歳以下対象



しかしDMM WEBCAMP PROは30代のエンジニア転職成功実績が少ないので30代の人にはDMM WEBCAMP PRO以外のスクール受講をおすすめします。

30代の人におすすめのスクールはポテパンキャンプです。

口コミ「DMMは30代以上を入学段階でかなり弾いている」

TECHCAMPのカウンセリングを受けてきた。 30代以上ならDMMWEBCAMPより前向きに話を聞いてもらえます。 (DMMは30代以上を入学段階でかなり弾いている)

引用元:Twitter

DMM WEBCAMPのメリット8つ

DMM WEBCAMPの利用メリットは以下です。

1.メンターの質が高い
2.キャリアアドバイザーが凄腕
3.チーム開発あり
4.現役エンジニア指導の下でWebサービス開発
5.転職保証あり
6.離職率1%、転職失敗しない可能性が高い
7.教室も利用可能
8.給付金最大56万円

1.メンターの質が高い

DMM WEBCAMPのメンターは1~2か月目は学生エンジニアやフリーランスエンジニアで3か月目からは実際に開発に携わっている現役エンジニアに切り替わります。

先日、DMM WEBCAMPの担当者に取材した際に以下のコメントを頂きました。

DMM WEBCAMP担当者
DMM WEBCAMP担当者

1、2か月目は初学者の受講生と立場が近く同じ目線で教えられる学生エンジニアや経験の浅いエンジニアを配置するようにしています。
3か月目はオリジナルWebサービス開発に取り組むので技術的な質問なら何でも答えられる経験豊富な現役エンジニアを配置しています。

口コミ「DMMのメンターの方々本当に凄すぎます」

DMMのメンターの方々本当に凄すぎます。
自分が何を分かっていないのか 理解出来てない状態で
•やりたいこと
•やったこと
を伝えると間違っている箇所を スグに見つけていただけます。

引用元:Twitter

>DMM WEBCAMPのメンターについて徹底解剖

2.キャリアアドバイザーが凄腕

DMM WEBCAMPキャリアアドバイザーの白井さん

DMM WEBCAMPでは2か月目からキャリアアドバイザーと週1回の定期面談があります。

リクルートも採用しているWCM面談が人気です。

口コミ「DMMWEBCAMPのWCM面談をしてもらった」

DMMWEBCAMPのWCM面談をしていただきました! 就きたい仕事のこと以前に、人としてどう在りたいのかを深掘りするのはさすがだなぁ〜と感心してしまいました。

Twitter

Will:将来成し遂げたいこと、なりたい自分
Can:
今できること
Ⅿust:
今やらなければならないこと

将来成し遂げたいこと、なりたい自分から逆算して今何をやらなければならないのかどんな能力をつけるべきなのかキャリアアドバイザーとやり取りしながら明確にしていきます。

このWCM面談は就活でも相当役立ちます。

なぜなら「自分が将来成し遂げたい目的をエンジニアになることによって達成する」という一貫性あるストーリーを語ることによってエンジニアになりたい強い想いを企業に伝えやすくなるからです。

口コミ「色々な気付きをくれます」

キャリアアドバイザー白井さんと職務経歴書と履歴書の添削面談してきました。実際受けるまで私自身オマケコンテンツかと思ってましたが(失礼)超意味ありますよ。

色々な気付きをくれます。素直に受け取るべきかと。捉え違い、考え方の違い、採用からの目線とのズレみたいなのがあって軌道修正してくれます。それでいて没個性になるわけではなくむしろ個性を引き出してくれます。もったいない、もっとアピール出来るところあるよって。

引用元:Twitter

3.チーム開発あり

DMM WEBCAMPのチーム開発において他のチームメンバーのコードを読む経験は働き始めてからも役立ちます。

実際の開発では他の人のコードを読んでデバッグしたり参考にしたりする場面が多いですからね。

デバッグとは…
プログラムのバグ・欠陥を発見および修正し、動作を仕様通りのものとするための作業

口コミ「チーム開発が充実している」

DMMWEBCAMP、 1ヶ月目はコロナへの対処でなかなか期待値より低い結果が目立って不安だったけど、 2ヶ月目のチーム開発はさすが、独学では絶対できない経験させてもらってて感謝!

引用元:Twitter

4.現役エンジニア指導の下でWebサービス開発

DMM WEBCAMPでは現役エンジニア講師がオリジナルWebサービスの企画出しから一つ一つの機能実装の仕方まで指導してくれます。

プロの現場目線のフィードバックをもらいつつオリジナルWebサービスをブラッシュアップし完成度を高められます。

競合スクールのテックキャンプだとオリジナルWebサービスの段階では講師への質問はできずフィードバックももらえないです。

オリジナルWebサービスを現役エンジニア指導の下で開発したい場合はDMM WEBCAMPがおすすめですね。

DMM WEBCAMP卒業生のポートフォリオ実例

口コミ「詳細なフィードバックをもらえた」

先程ポートフォリオレビューを頂きました! 伝えていなかった工夫にまで言及していただく程に詳細にご覧いただいて感謝の念に堪えません…! ありがとうございました! 自覚はありましたが、主にDRY(特にviewファイル)に課題がありそうなので今後ちょこちょこ直していこうと思います! #DMMWEBCAMP

Twitter

5.転職保証あり

DMM WEBCAMPにはしっかり受講したのに転職できなかった場合に受講料が全額返金される転職保証があります。

ただし転職保証を受けるには一定量の学習時間を確保している、課題提出をしっかりしているなどの適用条件があります。

またDMM WEBCAMPの求人紹介以外の他の転職エージェントを利用して就活をすれば転職保証は外れます

つまり本記事で取材した卒業生の猪原さんの様にマイナビなど別のエージェントを利用すると転職保証適用外となります。

※転職保証が外れてもキャリカウンセリング、履歴書添削や模擬面接、求人紹介等の転職サポート自体は引き続き受けられます。

6.離職率1%、転職失敗しない可能性が高い

DMM WEBCAMP卒業生の離職率は僅か1%です。IT業界の離職率は20%前後が平均なので驚異的な定着率ですね。

離職率が低い理由はキャリアアドバイザーの求人紹介のマッチング精度が高いからです。

完璧な職場はないですが自分と相性の良い職場は存在します。DMM WEBCAMPのキャリアアドバイザーは求人企業の仕事内容や風土と受講生の希望の働き方やキャリアプランとを適切にマッチングしてくれます。

実際に働きだしてから「思っていたのと違った」みたいなギャップを感じることが少ないがゆえに定着率が高いのです。

DMM WEBCAMP卒業生の就職先

口コミ「都内の自社サービスを展開している企業でWebエンジニアとして勤務することとなりました」

【ご報告】
7/1より、都内の自社サービスを展開している企業でWebエンジニアとして勤務することとなりました。 幾つか内定があったのですが、 最終的に #DMMWEBCAMP さんの紹介先の企業とマッチする部分が多いため、承諾しました。

引用元:Twitter

7.教室利用可能

DMM WEBCAMPはオンラインで受講可能ですが教室にも11時~22時の時間帯で通い放題です。

口コミ「必死に学ぼうとしている姿勢を見てると、刺激になる」

DMM WEBCAMPでプログラミングの勉強をしているのだが、受講している方の属性をみると、 ・学生 ・社会人 ・年配の方などさまざま。 目的は異なるにせよ、必死に学ぼうとしている姿勢を見てると、刺激になるし、素敵だな。って感じる。

引用元:Twitter

8.給付金最大56万円

DMM WEBCAMPには国の給付金が出る「専門技術コース」があります。条件に該当している人には最大56万円の給付金が出て35万800円で受講できます。

この「専門技術コース」はDMM WEBCAMP受講生の30%近くが利用しているので条件に該当する人であれば利用しない手はないですよ。

専門技術コースの給付金条件詳細はこちら

口コミ「専門実践教育訓練給付金が出るDMM WEBCAMPを受講します」

受講料も振り込んでいましたが、テックキャンプの受講を取り消しました。 専門実践教育訓練給付金が出るDMM WEBCAMPで12月から受講することを決めました。カリキュラムにも差がなく、DMM独自のサロンがあることが将来的に役立ちそだと思いました。

引用元:Twitter

DMM WEBCAMPの就職先と卒業生の歓喜の声

DMM WEBCAMPの就職先の企業は以下の内訳となっています。

自社開発企業受託開発企業SES企業
30%40%30%

自社開発企業、受託開発企業、SES企業の違いについてはこちらの記事を参考にしてください。

DMM WEBCAMPに通って実際に転職に成功した人たちの雄叫びをまとめました。出てくる。出てくる。

口コミ「本当に行きたい企業から無事に内定を貰えました」

今日付けで #DMMWEBCAMPさんの卒業生に無事に。

1月から通いだして3月末まで毎日学習して.4月からは学習から就活にシフト。先日本当に行きたい企業から無事に内定を貰えて.自分にとってスクール選択の結果は大成功で終えることができました… 本当に良かったです…!

本当におせわになりました.

引用元:Twitter

口コミ「今の悩みはもう転職したくないくらいいい会社に入社してしまったことですね。 DMMWEBCAMP さんのせいです」

技術力の高いエンジニアになりたいのが目標なのですが、その為には何社か転職して色々な環境で経験を積むのが良いのかなと考えてます。 そして今の悩みはもう転職したくないくらいいい会社に入社してしまったことですね。 DMMWEBCAMP さんのせいですわ。マジいい会社過ぎ。

引用元:Twitter

口コミ「第一志望に内定もらいました」

内定決まりました!!!第1志望ほんとにいきたい企業様です。

未経験で不安を抱えてたのでほっとしてます…高卒で10年お世話になった企業辞め.スクール3ヶ月学び.キャリアサポート通して遂にスタート地点に!関わり・応援くれた皆様本当にありがとうございます

引用元:Twitter

口コミ「都内の自社サービスを展開している企業でWebエンジニアとして勤務することとなりました」

【ご報告】
7/1より、都内の自社サービスを展開している企業でWebエンジニアとして勤務することとなりました。 幾つか内定があったのですが、 最終的に #DMMWEBCAMP さんの紹介先の企業とマッチする部分が多いため、承諾しました。

引用元:Twitter

口コミ「第1志望の受託企業から内定」

【ご報告】
現状での第1志望の受託企業から内定をいただきました! WEBサイト・スマホアプリの制作に携わっていく予定です。 柔軟性が非常に高く、挑戦しやすく、個人的に非常に楽しく開発できそうな環境と感じています。多くを経験し成長していきたいと思います! #DMMWEBCAMP

引用元:Twitter

さらにおまけ

DMM WEBCAMP卒業生を採用した企業の人の口コミ

DMM WEBCAMPの就職先について詳しくはこちらの記事「DMM WEBCAMP就職先徹底調査」を参考にしてください。

DMM WEBCAMPとテックキャンプ、ポテパンキャンプとの比較

DMM WEBCAMPを競合スクールのテックキャンプやポテパンキャンプを比較してみましょう。
各スクールの強みを比較検討する中でDMM WEBCAMPの良い点、悪い点が明確になりますよ。

テックキャンプDMM WEBCAMPポテパンキャンプ
期間・料金(税込)70日
76万7800円
3か月
69万800円
5か月
44万円
チーム開発×
Webアプリ開発での現役エンジニアのレビュー体制×
転職保証
30歳以上もOK

30歳以下のみ
×
仕事と両立××
教室東京
大阪
福岡
東京
大阪
×

ニーズ別におすすめスクールをまとめました。

30歳以下の人
→ DMM WEBCAMP

30歳以上の人で働きながら学びたい人
→ ポテパンキャンプ

30歳以上の人で教室で学びたい人
→ テックキャンプ

ポテパンキャンプの詳細は「ポテパンキャンプ受講生の評判」、テックキャンプの詳細は「テックキャンプ受講生の評判」を参考にしてください。

またDMM WEBCAMPと他のスクールとの比較記事についてはこちら「本当に力のつくおすすめプログラミングスクールまとめ」を参考にしていただければ。

まとめ

30歳以下のエンジニア転職にDMM WEBCAMPは最もオススメのスクールですね。

卒業生の離職率1%とほぼ全員が転職先の企業に満足して働けているのが素晴らしい。

どんな人がDMM WEBCAMPに向いているか再度まとめておきますね。

DMM WEBCAMPが向いてる人

・短期集中(3か月)で優良な企業にエンジニア就職したい人
・進捗管理、キャリアサポートなど手厚くサポートしてもらいたい人
・30歳以下の人

一緒によく読まれてる記事はこちら

DMM WEBCAMP関連

エンジニア転職関連記事

動画でも音声付きでわかりやすく解説しています!

DMM WEBCAMPマジ最強や。みんな大好きDMMがプログラミング界で無双中【受講生の口コミ・評判も】

タイトルとURLをコピーしました