UZUZ(ウズウズカレッジ)評判・口コミ、実際受講した感想【駄目な点も】

今回、UZUZ(ウズウズカレッジ)CCNAコース受講生のSさんに取材させていただきました。

Sさんは昨年10月まで栃木県の製造メーカーで事務職員として勤務されていました。
しかし、手取りで月15万円ほどしかもらえない上に残業が多いこと、何より「このままこの仕事を続けても将来の展望が全く見えない」と不安が膨らみ退職を決断されたとのこと。

これからどうしようかと考えていたところ、営業や事務など文系職から転職している人が多い手に職のつく仕事「ネットワークエンジニア」のことを知ったそう。

ネットワークエンジニアの登竜門ともいえる資格のCCNAを取得し転職するためにウズウズカレッジを受講されました。

ウズウズカレッジ受講生のSさん

そんなSさんにウズウズカレッジを受講されたうえで感じたメリット、デメリットについて赤裸々に語っていただきました。

当メディア『ノースキルの逆襲』編集部(須賀)より

当メディア『ノースキルの逆襲』編集部の須賀です。当メディアではこれまで20社以上のプログラミングスクールと受講生を取材してきました。

各スクールの教材や講師についても授業を受講し、チェックした上でおすすめスクールをこちらの記事「本当に力のつくおすすめプログラミングスクールまとめ」で掲載しています。参考にしてくださいね。

実際受講した際に使用したスクールの教材、取材させていただいた方々(※一部)
ウズウズカレッジ教材

ウズウズカレッジ受講生の受講感想を今すぐ読みたい人はスキップしてください。

スポンサーリンク

UZUZ(ウズウズカレッジ)の特徴‐他のスクールにない強み

料金・期間CCNAコース:1~3カ月16万5000円
プログラミングコース:1~3カ月16万5000円
受講形態オンライン完結
(eラーニング、学習動画、演習、講師によるマンツーマンの補講)
進捗管理
就活サポートキャリアカウンセリング
選考対策
求人紹介

ウズウズカレッジにはネットワークエンジニアを目指すCCNAコースとプログラマーを目指すプログラミングコースの2つのコースがあります。

他のスクールと大きく異なる点は紹介求人がしっかり精査されブラック企業が除外されている点にあります。
それゆえウズウズカレッジ卒業生の入社後の定着率は94.7%と極めて高い定着率となっています(入社1年以内)

他のスクールだと紹介求人がブラック企業だったり、エンジニアの業務と全く異なる営業をやらされるような企業に就職することになり泣きを見るケースも散見されます。

ウズウズカレッジの場合はそういったことは起きず、安心して就職活動に臨めます。

ポイント3つ

①わかりやすい教材を使って自分のペースで学べる
②日々の進捗管理で学習に挫折しにくい
③就職先の質が高い(ブラック企業を避けられる)

①わかりやすい教材を使って自分のペースで学べる

ウズウズカレッジではeラーニング&動画の教材で学んでいくため自分のペースで学習を進めることが可能です。
教材はスマホからも見れるので受講生の中には仕事の休憩中など隙間時間を使って学習している人もいるそうですね。

このウズウズカレッジの教材、無茶苦茶分かりやすいです。

一般的なスクールではオンライン上のスライドを読み進めていく形式のものが多いです。それで問題なのが「専門用語が多い」ことです。

教材に頻出する専門用語をいちいちググって読み進めていかなければならないので疲れてしまうんですよね。

一方で、ウズウズカレッジの動画教材の場合は講師が専門用語をかみ砕いて初学者でも理解できるようにイラストを交えて説明してくれているのでスッと内容が入ってきます。

また分からないことがあった場合には講師による補講をマンツーマンで行ってもらえます。

補講の様子

②日々の進捗管理で学習に挫折しにくい

受講生個々のライフスタイルに合わせ、日ごとに学習すべき学習項目が書かれた学習計画を立ててもらえます。

「今日は○○まで終わらせる」「明日は○○まで終わらせる」と日々、学習すべきことが明確なので学習を進めやすいです。

さらに講師は受講生の毎日の学習進捗を確認しており、もし受講生がつまづいていればフォローしてくれます。

③就職先の質が高い(ブラック企業を避けられる)

ウズウズカレッジ運営元の株式会社ウズウズは既卒・フリーターの就職サポートを行っているウズキャリを運営しています。
ウズウズカレッジ卒業生はこのウズキャリが有する未経験可の独自求人を紹介してもらえます。

ウズキャリの紹介求人はブラック企業は除外されていますので安心です。
凄いのがウズウズのスタッフは実際に企業を訪問し、現場の労働環境や教育体制を細かくチェックし基準をクリアした求人のみ厳選紹介していること。

これだけの手間暇をかけるのはなかなかできることではないです。ウズウズカレッジほど紹介求人の質にこだわっているスクールは珍しいでしょう。

あと1回の選考につき約2時間の面接対策を実施してくれたり、自分の資質や性格に合っている企業の求人を紹介してくれるマッチング率に定評があるキャリアカウンセリングにも強みがあります。

マッチングの精度が高いので入社1年以内の定着率は94.7%となっています。

以降ではウズウズカレッジのCCNAコースを受講されたSさんに取材しウズウズカレッジは実際どうだったのか、良いところ、悪いところを率直に語っていただきました。

スポンサーリンク

受講生が語るUZUZ(ウズウズカレッジ)CCNAコース受講理由

Sさん
Sさん

2020年10月まで栃木県の製造メーカーで事務職員として勤務していました。月の給料は手取り15万と安いうえにスキルと言えるものは何一つついておらず「このままやっていて大丈夫なのだろうか」と将来に不安を覚えて退職しました。ネットワークエンジニアに転職するためにウズウズカレッジを受講しました。

残業漬けの日々、将来が見えない不安

高校卒業後に就職した製造メーカーでは製造ラインで作業員として勤務しました。
製造ラインでは2、3年ほど働きましたが身体的、精神的にきつくなったため事務職に移らせてもらいました。

しかしその事務職でも資料の整理や仕分けなどかなりの量の仕事がのしかかってきました。

作業量は膨大で明らかに人手不足。残業ばかりの日々が続きました。

本来の帰社時刻は17時なのですが、21時、22時に帰社する日が続き、最終的に過労でぶっ倒れてしまいました。

さらに当時は手取りで月15万円しかもらっておらず残業込みでも16~17万円しかもらえてませんでした。

ずっと、この給料のままだと生活するのは難しく、経済的にも将来に不安を覚えるようになりました。



事務職の仕事はスキルと言えるものがついたり成長している感覚は皆無でした。

このままの状態をずっと続けていくことは想像できず、不安でたまらなかったです。

ウズウズカレッジを選んだ理由~ここなら武器を身につけられると確信したから

2020年10月、とうとう会社を退職しました。

次の仕事を見つけなければと少し焦っていましたが、どうすれば良いのか見当がつきませんでした。
営業職はどうも自分には向いていなそうですし、技術職が向いているかもとぼんやり考えていました。何にせよフリーターなので何か武器をつけてから転職したいと思っていました。

そんなある日、ネットでいろんなブログを見ている中でネットワークエンジニア(インフラエンジニア)という職種について知りました。

そのブログではCCNAを取得してネットワークエンジニアになれば手に職がつき、この先も安定して食べていける職種であると紹介されていたんです。
そしてウズウズカレッジがおすすめのスクールの1つとして紹介されていたので説明会に申し込むことにしました。

説明会で話を聞いた感じ、ネットワークエンジニアはプログラマーと比較すると「自分でもやれそう」と感じました
以前よりIT関係の仕事に興味があったのとネットワークエンジニアに転職すると前職よりも確実に給料は上がるという見込みも立ちました。

あとウズウズカレッジ以外の他のスクールも調べましたが比較するとウズウズカレッジが一番授業料が安くて、1カ月の短期で転職できるのも受講の決め手となりました。

ウズウズカレッジの就職先の紹介ではブラック企業が排除されているので安心して就職活動ができそうだったのもウズウズカレッジに決めた理由です。

補足)CCNAとは…

CCNAとは世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社シスコシステムズ社が提供するシスコ技術者認定の5段階のレベルのうち入門レベルの技術者を認定する資格です。ウズウズカレッジではまずはネットワークエンジニアの入門レベルであるCCNAを取得します。

ネットワークエンジニアになるのはプログラミングをがっつり学ぶ必要のあるプログラマーよりは難易度は低めです。なので文系でノースキルな人にとってネットワークエンジニアは手堅く狙い目な仕事。

スポンサーリンク

UZUZ(ウズウズカレッジ)の良かったところ

①学習計画を立ててもらえ学習ペースを掴みやすかった
②理解度確認テストで確実に知識を習得しながら学習を進めれた
③進捗管理がで程よいプレッシャーがあり学習を継続できた
④講師が褒め上手、教え上手だった

①学習計画を立ててもらえ学習ペースを掴みやすかった

基本的には動画を見てから演習問題に取り組む形で学習を進めました。

ややこしい計算はなく、基本は単語を覚えたらOKでしたので数学に苦手意識のある自分でも全く問題なかったです。

演習問題は選択方式なので動画でしっかり学習しておけばなんとかクリアできました。ただ二進数や十進数、十六進数の計算問題は難しかったですね。

ちょっと詰まったこともありましたが、分からないことがあれば講師の方にいつでもLINEで質問できたので、なんとかなりました。

仕事をしていなかったので昼頃から夕方まで1日4、5時間ほど集中的に勉強しました。

その日に学習すべきことがスケジュールシートに書かれているので、それを目安に学習を進めれたのも良かったですね。

※補足)以下の様なスケジュールシートになります。単元ごとに必要な学習時間が書かれています。

また単元ごとにチェックボックスがあって、受講したらチェックしていきます。

自分が今どれくらい進んでいるのを確認しながら学習を進めれたのが良かったです。

②理解度確認テストで確実に知識を習得しながら学習を進めれた

定期的に理解度確認テストがあって講師の方と1時間ほどZOOMを繋ぎながら、テストを受講しました。

テストは正答率が80%以上であれば合格ですがそれ以下なら不合格となり、再度勉強してからもう一度受け直すことになります。

この理解度確認テストがあったため知識がしっかり定着した上で進めれたのが良かったです。

テストはその場で答え合わせをし、講師の方にすぐに間違った部分を教えてもらいながら進められたので理解を深めることができました。

またテストを突破できた時は講師の方にも「いい感じで学習進んでますね」と褒めてもらえたのもうれしかったです。

前職では褒められたことなんて一度もなかったのですごく新鮮に感じました。

③進捗管理で程よいプレッシャーの下で学習を継続できた

講師の方が毎日、自分がどこまで進んでいるのか進捗管理をしてくれました。

一度、進捗が遅れたときは「大丈夫ですか?何かあれば相談に乗りますよ」と連絡が来ました。しっかり見てくれているのだと思いました。

監視されている感じではなかったですが程よくプレッシャーがありました。完全放置だとさぼってしまったと思いますが、ウズウズカレッジはちょうど良い按配だったと思います。

④講師が褒め上手、教え上手だった

先生と生徒という感じではなく対等なパートナーの様な感じで教えてもらえたのが心地よかったです。

講師の方は元々は塾を経営されていた人でCCNAの資格を持っておられました。

講師の方にはよく褒めてもらい「よしっ自分もできるんだ」そんな風に自信をもたせてもらえました。

ウズウズカレッジ講師の河合さん

スポンサーリンク

UZUZ(ウズウズカレッジ)の悪かったところ、改善してもらいたいところ

①個別メンタリングはZOOMで実施
②紹介求人は都内が中心

①個別メンタリングはZOOMで実施、時間を合わせるのが少し手間だった

週に1、2回個別メンタリングがありましたが夜の時間帯にメンタリングをするのが難しく、予定を合わせづらいことがありました。

②紹介求人は首都圏が中心

紹介求人は基本的に首都圏なので、私の地元の栃木にも紹介求人があればと思いました。

スポンサーリンク

UZUZ(ウズウズカレッジ)の就職先

Sさんは受講を終えて現在就職活動をされている最中です。

卒業生はCCNA試験の卒業試験に合わせ、業務未経験者向けのインフラエンジニア求人をご紹介してもらえます(希望する場合)

ウズウズカレッジの紹介求人は運営元の株式会社ウズウズが紹介している求人となります。

この求人に関してはウズウズのスタッフが企業を訪問して就労環境や教育体制を確認した上で紹介している求人のみです。

卒業生の入社一年以内の定着率が94.7%となっていますので安心して紹介を受けられる企業ばかりです。

卒業生の就職先実例

株式会社VSN
株式会社ラクスパートナーズ
株式会社アルテニカ
株式会社ボードルア
株式会社マンパワー
株式会社KSKテクノサポート
株式会社テクノプロ様
株式会社アウトソーシングテクノロジー様

ウズウズカレッジから就職できる企業の給与水準や労働環境については説明会でも詳しく教えてもらえるので参加してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

UZUZ(ウズウズカレッジ)の口コミ・評判

口コミ「教材が分かりやすい」

口コミ「UZUZカレッジのネットワーク講座、今見たらめちゃくちゃ深いところまでやってる」

UZUZカレッジのネットワーク講座、今見たらめちゃくちゃ深いところまでやってる… 自分が受けた時はOSI参照モデルくらいしかなかったのになーいいなー

Twitter

口コミ「UZUZカレッジで内定貰った」

自分もカレッジで内定をもらいました! 第2新卒、既卒で就活で悩んでいる人は是非受講してもらいたい!ITだけじゃない求人もあります! #uzuz

Twitter

スポンサーリンク

UZUZ(ウズウズカレッジ)を他のスクールと比較してみる

スクール名期間
ウズウズカレッジプログラミングコース※Javaを学習します。1~3カ月 16万5000円
※期間は受講生の進捗次第で最大3カ月まで同料金で受講可能。
TechAcademy Javaコース3カ月 28万4900円
CodeCamp Javaマスターコース2カ月 19万8000円

TechAcademyもCodeCampもプログラミングスクール業界では最安に入るスクールです。それらのスクールと比較してもウズウズカレッジがいかにコスパが良いのかが分かります。

TechAcademyとCodeCampはマンツーマンのレッスン回数が決まっています。一方でウズウズカレッジの場合は講師へのマンツーマンでの質問は無制限にし放題です。コスパ良すぎ。

Javaは無料プログラミングスクールでも学べますが、無料スクールはスクール提携先企業への就職が必須です。ウズウズカレッジの場合はスクール提携先企業への就職が必須ではありません。

もし就職先にこだわりがない場合は無料スクールでも良いかもしれません。

おすすめの無料スクールはこちらの記事「無料プログラミングスクールおすすめ5選【生徒50人の評判】」で紹介しています。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

UZUZ(ウズウズカレッジ)がおすすめな人

ウズウズカレッジがおすすめな人は以下に該当する人です。

・文系でノースキルな人
・ネットワークエンジニアの資格CCNAを取得したい人
・ホワイトな職場に就職したい人

ウズウズカレッジは就職先がしっかり精査されており着実にエンジニアとして力を付けられる環境の企業に就職可能です。

この点が他のエンジニア転職向けスクールにはないウズウズカレッジの大きな利用メリットでしょう。

ウズウズカレッジについてもっと知りたい人は公式ページで確認ください。

プログラミングを学習する場合はこちらの記事「おすすめプログラミングスクール7選」で20社以上のプログラミングスクールから厳選したプログラミングスクール7社を解説しています。

スポンサーリンク

説明会の流れ

説明会は以下の流れで進めます。

1.Webサイトから申し込み
2.説明会日程調整
3.個別説明会

1.Webサイトから申し込み

Webサイトから名前や基本情報を入力します。

2.説明会日程調整

1営業日以内にウズウズカレッジ運営より連絡が来ます。個別説明会の日程を調整。

3.個別説明会

個別説明会は一対一でオンラインで行います。そもそもプログラマーやインフラエンジニアの違い、そのコースに参加すべきかからしっかり説明してもらえます。

説明会の詳細については公式ページで確認してください。

一緒によく読まれてる記事

インフラエンジニア関連記事

プログラマー関連記事

プログラミング学習関連

タイトルとURLをコピーしました