20代後半からプログラミングを学んでエンジニア転職する方法

チートすぎ

20代後半から未経験でプログラミングを学んでエンジニア転職できます。というか20後半は疑いようのないベストタイミングですね。

筆者は20代前半の人からエンジニア転職の相談を受けることがあります。
ただ20代前半の人なら石の上にも3年ではないですが現在の仕事をもう少し極めてから転職しても良いのでは?と考えます。

しかし20代後半の人だと現在の仕事で自分がどこまでやれるかある程度見通しも立っているはず。新たなフィールドで可能性を探ってみるのも良いでしょう。

エンジニアはその新たなフィールドとして最適かなと。20代のうちにエンジニアになって数年実務経験を積むことのメリットは極めて大きいです。

現在、圧倒的なエンジニア不足でエンジニアは企業から引っ張りだこ状態で仕事に困りません。
2、3年実務経験を積んでフリーランスエンジニアになれば年収1000万円も射程圏内に入ります。

正社員のままでもエンジニアリングマネージャーやCTOなど上位職になれば年収1000万円以上も射程圏内に。

30代になってエンジニアからコンサルタントやマーケターなど別の職種への転職も容易です。他の職種でもエンジニアのスキル・知識は重宝されますからね。

ただ逆は難しいです。30代になってコンサルタントやマーケターからエンジニアへの転職は難度が高いです。

20代後半でエンジニア転職にトライするのはリスクも低いし何の問題もないでしょう。もし転職に失敗しても全然挽回できる年齢ですからね。

本記事では20代後半でエンジニア転職するのがおすすめな理由とその具体的な方法について解説します。

当メディア『ノースキルの逆襲』編集部(須賀)より

当メディア『ノースキルの逆襲』編集部の須賀です。当メディアではこれまで20社以上のプログラミングスクールと受講生を取材してきました。

各スクールの教材や講師についても授業を受講し、チェックした上でおすすめスクールをこちらの記事「本当に力のつくおすすめプログラミングスクールまとめ」で掲載しています。参考にしてくださいね。

実際受講した際に使用したスクールの教材、取材させていただいた方々(※一部)
スポンサーリンク

20代後半でエンジニア就職・転職するのがおすすめな3つの理由

20代後半でエンジニア転職するのがおすすめな理由は以下3つです。

1.20代後半でのエンジニア転職の難易度は低いから
2.30代以降のキャリアの選択肢が増えるから
3.万一失敗してもまだまだ挽回できる年齢だから

1.20代後半でのエンジニア転職の難易度は低いから

まず20代後半のエンジニア転職の難易度はかなり低いです。楽勝で転職できるわけではありませんがしっかりプログラミング学習して転職活動に挑めばまず転職できるでしょう。

今あなたが20代後半でエンジニア転職を検討しているならすぐにエンジニア転職に取り掛かるのを強くおすすめします。

30代に入るとエンジニア転職の難易度が20代に比べるとグッと上がってきます。

20代後半のエンジニア転職の難易度が低い理由はスキルよりもポテンシャルを見て採用してもらえる傾向が強いからです。

企業は20代後半の求職者に対しては長期間働いてもらうことを前提にポテンシャルや伸びしろを見て採用に踏み切ります。採用時点で実務レベルのスキルは求められません。

実績やスキルよりも学習し続けられるか、問題に突き当たった際に自ら調べて問題解決できる”自走力”が重視されます。

この自走力を示すことさえできれば採用してもらえる可能性は高いです。

2.30代以降のキャリアの選択肢が増えるから

20代のうちにエンジニア転職してそこから数年実務経験を積んでいるとキャリアの選択肢がグッと増えて自由度が高まります。

いくつもキャリアパスはありますが代表どころを挙げておきましょう。

①独立・フリーランスエンジニアになる

②CTOやエンジニアリングマネージャーなど上位職を目指す

③ITコンサルなど他職種に転職する

①独立・フリーランスエンジニアになる

実務経験を2、3年積むとフリーランスエンジニアになることも可能です。

フリーランスエンジニアになってアップサイドを狙うことが可能で年収1000万円以上稼ぐのも十分可能です。実際、私の周りのフリーランスエンジニアで年収1000万円を下回っている人はいませんからね。

本当なの?怪しい…

そう思う人もいるかもしれないので参考にフリーランスエンジニア向け案件紹介サイトのレバテックフリーランスで案件を確認してみましょう。

レバテックフリーランス


Rubyの案件の平均単価は79万円です。年収換算すれば約950万円となります。これが平均です。

②CTOやエンジニアリングマネージャーなど上位職を目指す

フリーランスエンジニアになるのはちょっと怖い。そんな人であれば正社員のまま管理職でマネジメント経験を積むと良いです。

マネジメント経験を積んでから別の企業に転職してエンジニアリングマネージャーやCTOなどの上位職を目指すのもありでしょう。これだと正社員の安定した待遇のまま年収800万円以上を目指せます。

このルートが一番手堅いかなと。20代のエンジニアは管理職になりたがらない人も多いので狙い目ですよ。

③ITコンサルなど他職種に転職する

エンジニアとして培ったITスキル・知識を活かしてITコンサルなどの他職種に転職するのもキャリアの方向性としてあるでしょう。実際、エンジニア出身のITコンサルは多いです。

一般的にエンジニアよりもITコンサルの方が年収は高いです。ただしITコンサルは激務な職場が多いのでその点は注意です。バリバリ働いて市場価値を高めたい人におすすめです。

3.万一失敗してもまだまだ挽回できる年齢だから

万一20代後半にエンジニア転職に失敗したとしてもまだまだ挽回可能です。

エンジニアは合っていなかったけどマーケターに転職したり20代後半は自分の可能性を探ることができる年代です。

他の職種に転職した際にエンジニアとして培ったスキルが役立つ可能性も高いです。

たとえばマーケターに転職した場合、顧客データの集計や分析などの作業もありますがそうした作業をプログラムを組んで自動化するなどプログラミングスキルを活かした活躍の仕方も可能です。

これが30代になると話は変わってきます。「この人はジョブホッパーかな」と見なされれば企業から敬遠されます。

スポンサーリンク

20代後半のエンジニア就職・転職の実態

前述した様に20代後半のエンジニア転職では企業から実務レベルのスキルが求められるわけではありません。

問題にぶち当たった際に自ら問題を解決できる自走力があるか、技術にキャッチアップできる学習を継続できる姿勢などのポテンシャルを見て採用してもらえます。

しかしながらこのポテンシャルを採用企業に示す上では一定レベルのプログラミングスキルを習得しておくのが望ましいです。

ベストなのはポートフォリオとして自ら企画し開発したオリジナルWebアプリを開発して持っておくことですね。

オリジナルWebアプリとは以下の「靴のシェアリングサービス」のようなものになります。

このオリジナルWebアプリがあるとエンジニアに求められる以下の素養を示しやすいです。選考において有利になります。

・自走できるか
・論理的思考力があるか

オリジナルWebアプリのソースコードを見ながら面接すればその人がロジックを一つ一つ理解してコードを書ける人なのか論理的思考力は分かります。

オリジナルWebアプリをどのような考えを持って開発したのか質問すれば自走できる人なのかも把握できます。

ゆえにオリジナルWebアプリをポートフォリオに持っておりエンジニアの素養を裏付けるエピソードを語ることができれば高確率で採用されます。

スポンサーリンク

20代後半プログラミング未経験からエンジニア就職する方法

前述した様にオリジナルWebアプリをポートフォリオとして持って転職活動に挑むと高確率でエンジニア転職できます。

ただしオリジナルWebアプリ開発は独学だと相当に難しいです。

私自身もエンジニア転職する際にオリジナルWebアプリを開発しましたがその際にはプログラミングスクールの助けを借りました。

独学だと「何をどの様に学習すればオリジナルWebアプリを開発できるのか」分からなかったんですよね。そのためスクールを受講し講師からヒントをもらいながら開発していきました。

観測範囲だと独学でオリジナルWebアプリの開発までできてる人はエンジニア転職者の中で5%もいないのではないでしょうか。

それくらいに難易度が高いので最初からプログラミングスクールを活用されることをおすすめします。

以下の3つのスクールがエンジニア転職におすすめのスクールです。この中から選べば間違いないです。

スクール強み向いてる人
DMM WEBCAMP転職・就職(質重視)・就職、キャリアサポート重視
RUNTEQ転職・就職(質重視)・就職先にこだわる
・実務レベルスキル習得
・働きながら学びたい
プログラマカレッジ転職・就職(コスパ重視)・無料で受講したい人

各スクールの詳しい解説は以下を参照ください。

スポンサーリンク

結論:20代後半はエンジニア転職のベストタイミングです

ベストタイミングです

20代後半からエンジニア転職するのは良い選択でしょう。新たなフィールドで可能性を探ってみると今より飛躍できる可能性があります。

20代後半からエンジニアになって数年実務経験を積むと30代でグッと飛躍できますよ。

エンジニアは売り手市場ですし仕事に困ることはなく高収入を狙えます。さらにエンジニアとして身に着けたスキルは今はほとんどの産業において有用性の高い汎用性のあるスキルですからね。

迷っている人がいたら20代後半の今のうちにエンジニア転職にトライすることをおすすめします。挑戦して成功したら万々歳ですし失敗しても余裕で挽回可能ですので。何のリスクもありません。

皆さんの健闘を祈っています。

スクール強み向いてる人
DMM WEBCAMP転職・就職(質重視)・就職、キャリアサポート重視
RUNTEQ転職・就職(質重視)・就職先にこだわる
・実務レベルスキル習得
・働きながら学びたい
プログラマカレッジ転職・就職(コスパ重視)・無料で受講したい人

併せて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました