30代未経験のプログラマー転職は難しい、でも希望もある

半端ない

30代でプログラマー転職したい人が爆増しています。

当メディアもこれまでにも何度か読者から
「30代なのですがプログラマー転職は可能でしょうか?」
という質問メールを頂いてます。

30代にプログラマー転職が人気になるのも納得なんですよね。

今のストレスフルな仕事を何歳までやるんだっていう将来不安。

プログラマーの方が精神的ストレスは割合少なめかなと思います。

私はプログラマーになる前は保険の営業マンをしてたんですが何の価値も感じられない商品を売り続けることに苦痛を感じるようになり、最終的には出社するのも困難となりました。

自分の中に積みあがっているものが何も感じられず将来に対する不安も膨れ上がっていました。

俺このままでいいんだろうか?と毎日のように煩悶していました。それで最終的にプログラマー転職するに至ったんですが、その決断は大正解だったと思っています。

30代未経験のプログラマー転職に関して先に言っておくと20代より間違いなく難易度は高いです。

一方、やり方次第で30代未経験のプログラマー転職は普通に可能です。やり方を間違えなければですが。

本記事では30代未経験のプログラマー転職が難しくなる理由、そして30代未経験がプログラマー転職を成功させるための方法について解説します。

編集部(須賀)より

編集部の須賀です。これまで20社以上のプログラミングスクールと受講生を取材してきました。各スクールの教材や講師についても授業を受講しチェックした上でおすすめスクールをこちらの記事「本当に力のつくおすすめプログラミングスクールまとめ」で掲載しています。

実際受講した際に使用したスクールの教材、取材させていただいた方々(※一部)
スポンサーリンク

前提:30代未経験のプログラマー転職は難しい、その理由を解説

30代未経験のプログラマー転職が難しい理由は以下2つに集約されます。

理由①IT業界は平均年齢が低いから

理由②30代は即戦力であることが求められるから

理由①IT業界は平均年齢が低いから

ITは新しい産業です。プログラマーを雇用しているIT企業の社員も総じて平均年齢が低いです。

20代後半~30代前半が中堅社員として新入社員の教育係を担っている企業も多いです。社長が20代というのもザラですからね。

この平均年齢の低さが要因となって「20代の採用を好む傾向が強い」のです。

教育係の中堅社員にとっては未経験であれば自分より年下の方がやりやすいでしょう。
仕事上どうしても強めに接しないといけない場面もありますしそういう時に年上だとやりづらさが出てきます。

あなたが26歳だとして一回り年上の36歳の何も知らない社員にあれこれ教えなければならないシチュエーションを想像してみてください。凄く気を遣いますよね。

同じ未経験なら年齢が若い方を採用しようとなるのは当然なのです。

30代は経験者であれば採用されることもあります。しかし30代で未経験だと履歴書すら見ない企業もあります。

理由②30代は即戦力であることが求められるから

企業は30代の応募者に対してはポテンシャルよりも即戦力かどうかを基準に採用するようになります。

一方で21〜29歳の応募者に関してはエンジニアの実務経験がなくともポテンシャルを見て積極的に採用します。長期間自社で働いてもらうことを前提に伸びしろ込みで採用しているのです。

あと正直なところ、企業側からすると20代の社員にはそこまで高額な報酬を払わなくても良いですし、順調に育ってくれて自社の幹部候補になってくれたら元を取れますからね。

対照的に年齢が30代の社員なら家庭を抱えている人もいるでしょうし、ある程度高額な報酬をオファーする必要が出てきます。
それ相応の働きをしてくれる可能性が高くない限り採用に踏み込めないというのが実際なのです。

ゆえに企業は30代の応募者は即戦力になりそうな確度が高い有望な人がいたら採用するスタンスを取ります。ポテンシャルを見て採用する姿勢はありません。

――――――――

ここまでの話を聞くと「やっぱり30代だとプログラマー転職は無理なのか」と落胆する人もいるかもしれません。

ただし希望があります。解説していきますね。

スポンサーリンク

希望もある。今なら30代未経験でもプログラマー転職が可能になっている

30代未経験からのプログラマー転職は20代に比べると難しいです。

しかしだからといって不可能なわけではありません。現在、圧倒的なプログラマー不足であるがゆえ、30代未経験でもプログラマー転職は可能となっています。

30代未経験でもプログラマー転職可能な理由は3つあります。

理由①30代未経験歓迎の企業もあるから
理由②圧倒的なプログラマー不足だから
理由③30代未経験でプログラマー転職に成功してる人は沢山いるから

理由①30代未経験歓迎の企業もあるから

前述したようにIT業界は総じてどの企業も平均年齢が低いゆえに、プログラマーの採用においても20代を好む傾向が強いです。

それは揺るぎない事実なのですが30代未経験を採用している企業も沢山あります。年齢の関係ないフラットな風土の企業は30代だろうが40代だろうが能力重視で採用しています。

ただこの未経験というのがくせ者でして、プログラミングに全く触れたことのないプログラミング未経験者だと採用されません。

スクールなり独学なりでプログラミングを学んで実際にWebアプリを自分で開発したことのあるような未経験者が採用されるのです。

つまり、この未経験歓迎が意味するのはプログラミング未経験ではなくプログラミング”実務”未経験のことなのです。

実務経験はないものの高い技術力のプログラミングスキルがあると採用される確率は高くなります。

理由②圧倒的なプログラマー不足だから

現在、IT業界は圧倒的な人材不足でプログラマーに関しても同様に不足しています。

これからベテランプログラマーは退職し減っていきます。一方で少子高齢化で若年層のプログラマーの供給は先細っていきます。

それなのにかかわらずプログラマー含むIT人材を求める企業は増加し続けています。

2030年になると最大で約79万人ほどIT人材の不足が拡大すると推定されています。

人材不足は数字でも顕著に表れていて、人材会社のDodaが発表した求人倍率だとIT・通信部門の求人倍率はなんと5.22倍です。異常な高さです。

無茶苦茶売り手市場なわけです。

こうした状況下において30歳という年齢そのものはプログラマー転職において大したハンデではなくなりつつあります。

理由③30代未経験でプログラマー転職に成功してる人は沢山いるから

「○○は無理」とネガティブな情報の方が私たち人間の関心を引きやすいため目立ちやすいです。

同様に「30代未経験でプログラマー転職は無理、やめとけ」という意見もネット上では目立ってますよね。

すると、どうしても「30代だとプログラマー転職無理なのかな?」と不安になりますよね。

しかし少し調べるとすぐ分かりますが30代未経験のプログラマー転職成功者は沢山います。

私自身がプログラマーの採用を支援している企業を見ていても30代未経験を普通に採用してますからね。

これは私の知人の話になるのですが、30代未経験どころか40代未経験で転職に成功した人もいます。

彼は元々は事務スタッフとして働いていました。
事務作業でエクセルでデータをまとめる際にプログラミング言語「VBA」に触れ、それをキッカケにプログラミング学習を開始しました。

当初プログラマーになる気はなかったようですがプログラミングを学ぶうちに仕事にしたいと思う様になりプログラミングスクールを受講することに。

スクールではWebアプリ開発にガンガン取り組んで講師からフィードバックをもらいプログラミングスキルを実務レベルにまで高めました。

その後、就活すると企業の反応は意外なまでに良く都内のベンチャー企業からプログラマーとして内定を獲得しました。

断言できますが30代未経験でもプログラマーに転職するのは可能です。

しかし20代未経験のプログラマー転職とは異なる、30代未経験のためのプログラマー転職の方法があります。

上記の40代でプログラマー転職した彼はまさにその方法を実行することでプログラマー転職に成功しています。

以降では30代未経験のためのプログラマー転職の具体的な方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

30代未経験がプログラマー、エンジニアになる方法

繰り返しますが30代未経験でもプログラマー転職は可能です。

ただし企業は30代にはすぐに活躍してもらえる、即戦力となる人を求める傾向が強いです。

プログラミングスキルが全くない完全未経験は採用されません。

以下のステップを踏むことが重要です。

ステップ①実務レベルのスキルをつける
ステップ②オリジナルWebアプリをポートフォリオとして作成する
ステップ③これまでの職務経験の棚卸をしっかりする

ステップ①実務レベルのスキルをつける

まずは現場にすぐ入っていけるレベルの技術力を獲得することが最重要です。実務レベルのプログラミングスキルを習得しておく必要があります。

先に言っておくと実務レベルのスキルをつけるのは独学だと相当厳しいです。

そもそもどんなスキルが現場で求められているか分かりませんよね。分かったとしてもどうやってそのスキルを獲得すれば良いのか分からないでしょう。

潔くプログラミングスクールにお世話になりましょう。

プログラミングスクールでは現場で求められるスキルを重点的に習得できるカリキュラム内容となっています。

30代で転職実績の多いスクールは以下です。

ステップ②オリジナルWebアプリをポートフォリオとして作成する

実務レベルのスキルをつけたら後はオリジナルWebアプリをポートフォリオ(スキルを示すプロダクト集)として作成しましょう。
いくら実務レベルのスキルがあると言ってもそれを示す証拠がなければ何もなければ説得力に欠けますからね。

実際に自分で企画し開発したオリジナルWebアプリがそのスキルを示すポートフォリオとなります。

ポートフォリオ例「靴のシェアリングサービス」

またポートフォリオはスキルだけでなく開発する際の考え方や取り組み方を示す意味でも重要となります。

企業は「自分で考え、自分で問題解決できる自走力」を求めています。そのためオリジナルWebアプリ開発において試行錯誤し「自分で考え自分で問題解決した」エピソードを語ることができれば強いです。

ステップ③これまでの職務経験の棚卸をしっかりする

30代は20代と比べて長く働いているわけで、そこで得た経験をアピールしましょう。

たとえばマネジメント経験があったり営業経験があってコミュ力が高いとプラスになります。これまでの経験で他の候補者にはない能力や資質をアピールできると有利に立てるのです。

業界知識もアドバンテージになりえます。

たとえば以前、採用のお手伝いをした不動産テック企業では30代未経験の男性をプログラマーとして採用してました。
採用された人は10年以上不動産営業での勤務経験があったんですよね。プログラマーとしてのスキルに併せて業界知識を買われて採用された側面も強いです。

これまでの職務経験で活かせそうな点はすべて絞り出して文章にまとめて棚卸しておきましょう。

30代未経験でプログラマー転職を成功させるステップを再度まとめると以下となります。

ステップ①実務レベルのスキルをつける
ステップ②オリジナルWebアプリをポートフォリオとして作成する
ステップ③これまでの職務経験の棚卸をしっかりする

なお上のステップをすべて一気通貫でサポートしてもらえるプログラミングスクールもあります。
下の30代の転職に強いプログラミングスクールです。

(通学)テックキャンプ エンジニア転職
70日64万8000円
70日でエンジニア転職できる。転職できない場合の受講料全額返金あり。

(オンライン)ポテパンキャンプ
5か月間40万円
みっちり開発経験を積んでエンジニア転職できます。仕事しながら受講可能です。

スポンサーリンク

結論:30代未経験のプログラマー転職を諦める必要は全くありません

30代未経験のプログラマー転職は十分可能性があります。

確かに20代に比べると難易度は高くなります。
とはいえWebマーケターにせよ、営業にせよ、他のどんな職種でも30代の転職難易度が上がるのは同じ事なんですよね。

企業はすでに実務経験のある人や実務経験がないならより使いやすい若い人を優先的に採用します。

ただ、だからといって諦める必要は全くないです。現状のプログラマー不足は深刻です。30代未経験でも戦力になる人なら普通に採用されます。

採用されて企業で3年ほど開発経験を積めばこちらのものです。引く手あまたとなり仕事に困ることはありません。
フリーランスになれば年収1000万円も目指せます。

嘘だと思われる人はフリーランス向けの案件紹介サイトのレバテックフリーランスを確認してください。


案件の平均単価は79万円です。年収換算すれば950万円近くとなります。これが平均です。

プログラマー転職に限りませんが最初の一歩を踏み出すのがが最も難しい。心理的ハードルが大きいのです。無理だと自分に言い聞かせる言い訳をついつい探してしまうのです。

でも考えていただきたいのが別にプログラマー転職を目指すことそのもののリスクはほとんどないということです。

もしプログラミングを学んで最終的にプログラミングを仕事にするには微妙だと感じたら今の仕事を継続すれば良いでしょう。
プログラミングを学んだら学んだで、その学びは決して無駄になりません。業務効率化のプログラムを組んだり今の仕事にも活かせキャリアアップにつながりますしね。

オンラインスクールのポテパンキャンプであれば仕事しながらでも学べますしノーリスクです。一度挑戦してみるだけの価値はあると思いますよ。

(通学)テックキャンプ エンジニア転職
70日64万8000円
70日でエンジニア転職できる。転職できない場合の受講料全額返金あり。

(オンライン)ポテパンキャンプ
5か月間40万円
みっちり開発経験を積んでエンジニア転職できます。仕事しながら受講可能です。

併せて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました