【採用目線】テックアカデミーだと就職できないと言われてる理由

テックアカデミーだと就職できないの?

テックアカデミーの受講を検討するに際し、そんな不安を持っている人も多いと思います。

前提ですが「テックアカデミーは就職特化のスクールではない」です。

そのためテックアカデミーで学んだからと言って必ずじも就職できるわけではありません。

テックアカデミーが悪いスクールだと言っているわけではありません。

スクールに求めることとそのスクールの持つ強みが違うのです。

結論から言うと就職を目的とする人なら就職に特化している他のスクールを利用した方が良いです。これは企業のエンジニアの採用にも携わっている筆者の採用目線から言っています。

ただし

テックアカデミーを上手に使って就職を成功させる方法もあるにはあります。その使い方をせずして、ただ受け身で学習しても就職に成功する確率はかなり低くなります。

本記事ではテックアカデミーだと就職できないと言われている理由、テックアカデミーを使って就職する方法、テックアカデミー以外の就職特化型のおすすめスクールについて紹介します。

スポンサーリンク

テックアカデミーだと就職できないと言われている理由

テックアカデミーって就職できないって口コミみるけど、駄目なスクールなの?

最初に補足しておきたいですがテックアカデミーはプログラミングスクールの中でも非常に良心的なスクールであることです。

これまで30社以上プログラミングスクールを取材した中でボッタくりに近いスクールもありました。テックアカデミーはその様なスクールとは一線を画しています。

テックアカデミーは料金も良心的な価格設定ですし講師は現役エンジニア講師が務めている「極めてしっかりしたスクール」です。

テックアカデミー料金社会人学生学習時間(1週間)
4週間プラン14万9000円12万9000円40〜50時間
8週間プラン19万9000円15万9000円20〜25時間
12週間プラン24万9000円18万9000円14〜18時間
16週間プラン29万9000円21万9000円10〜13時間

この低価格の料金に関わらず以下のサポートを受けられます。

テックアカデミーの特徴

・専属の現役エンジニア講師による週2回のマンツーマンレッスン
現役エンジニアが専属講師としてついて週2回もマンツーマンレッスンをしてくれます。質疑応答はもちろん学習計画も講師が立ててくれます。

・オンラインチャットで質問し放題
プログラムを組んでいてエラーが出たり分からないことがある場合はオンラインチャットで質問し放題です。15~23時であれば数分で返信が返ってきます。

・転職サポート
キャリアカウンセラーが1人ついて履歴書や職務経歴書の添削などビデオ電話やメッセージのやりとりでサポートしてくれます。

ただし冒頭でも述べたように「テックアカデミーは就職特化のスクールではない」です。

就職に特化したスクールとはどんなスクールなのか例を挙げますね。

たとえばですが「このECサイトにログイン機能を追加してください」みたいな現場の仕事に近い課題が課されます。

以下のような感じの課題をガンガン解いていきます。

提出した課題は現役エンジニア講師の現場目線からフィードバックを与えられます。

ちなみに上記の課題は自社開発企業への就職に特化したスクールRUNTEQの課題になります。

プロの現役エンジニアのコードと自分のコードとを見比べながらコードの書き方を学んでいけるわけです。

卒業する頃にはすでに実務をこなせるようなスキルがついているがゆえに採用企業からの評価が極めて高いです。

一方で

テックアカデミーは現場の仕事に近い課題をガンガン解いていくスクールはありません。

テックアカデミーも体系だった素晴らしいカリキュラムが用意されていますがそれでもエンジニア就職には最適とは言えません。

就職目的ならRUNTEQもしくはポテパンキャンプがおすすめです。どちらもテックアカデミーと同じオンライン完結のスクールです。

テックアカデミーよりも若干料金は高くなりますがエンジニア就職の成功確率を上げられるでしょう。

RUNTEQポテパンキャンプ
料金39万8000円40万円
期間5~9か月5か月

どちらのスクールも就職に強い優良スクールですが若干違いがあります。

RUNTEQ:進捗管理が手厚く学習に挫折しにくい

ポテパンキャンプ:運営元のポテパンがエンジニア人材業を運営しており独自求人多数保有

スポンサーリンク

テックアカデミーを使って就職する方法

RUNTEQもポテパンキャンプも良さそうね。でも料金が40万円ほどか。テックアカデミーの方が随分安く済みそうだしテックアカデミーが良いな~何とかならないの?

以降ではテックアカデミーでも就職を成功させる確率を高める方法について解説していきます。

まず学習言語はPHPにしましょう。この言語選択が極めて重要です。テックアカデミーのPHP/Laravelコースを選択しましょう。

PHPはWeb系言語の中でも求人が圧倒的に多いです。Web系言語でもう1つ人気の言語であるRubyは求人が少ないのでPHPを選択するのがベターです。

テックアカデミーではザックリ以下のような流れで学習します。

基礎学習

オリジナルWebアプリ開発

このオリジナルWebアプリ開発においてオリジナリティがあり十分なプログラミングスキルを持っていると認められるレベルのアプリを制作できたら就活でも企業から評価されます。

オリジナルWebアプリを磨き込む意味でも4か月プランの選択がおすすめです。1か月プランだとアプリを磨き込むための時間があまりに十分ではないからです。

ただ、この戦略を使ってもエンジニア就職成功の確率はあまり高くないです。

オリジナルWebアプリ開発の出来というのはその人個人の能力に大きく依存するためです。

>>テックアカデミーPHP/Laravelコース詳細

テックアカデミーに就職特化のコースはないの?

テックアカデミーには就職特化の「TechAcademyPro」という12週間のコースがあります。料金は29万円8000円。

しかし正直おすすめできません。

TechAcademyProで学習する言語はJavaであり就職先は基本的にSESになることは覚悟しておきましょう。

SESへの就職であれば29万円8000円もの受講料を払ってわざわTechAcademyProを受けるメリットがないです。

無料スクールのプログラマカレッジはオンラインで受講できSES企業への就職を中心とするエンジニア就職に強いです。

TechAcademyProの取材レポートは以下です。

無料スクールのプログラマカレッジ取材レポートは以下です。

スポンサーリンク

テックアカデミー以外の就職特化型のおすすめスクール

分かったわよ!少し高くなってもいいから確実にエンジニア就職を成功させたい!どのスクールが良いの?

繰り返しとなりますがエンジニア就職の成功確率を上げたい場合はテックアカデミー以外の就職特化型のスクールを検討されることをおすすめします。

就活に臨むうえで就職特化型のスクールにおいて最大限までプログラミングスキルをつけておけば就職先企業を選べる立場となり長期的に見て展望のあるキャリア形成がしやすいメリットもあります。

オンライン型であればRUNTEQもしくはポテパンキャンプが良いです。

RUNTEQポテパンキャンプ
料金39万8000円40万円
期間5~9か月5か月

どちらのスクールも就職に強い優良スクールですが若干違いがあります。

RUNTEQ:進捗管理が手厚く学習に挫折しにくい

ポテパンキャンプ:運営元のポテパンがエンジニア人材業を運営しており独自求人多数保有

RUNTEQの取材レポートは以下です。

ポテパンキャンプの取材レポートは以下です。

併せて読みたい

テックアカデミーの評判

テックアカデミーの料金と安くする方法

テックアカデミーのおすすめコース

コメント

タイトルとURLをコピーしました