フリーターがプログラミングを学び就職できる再現性高い方法はこれです

ここまで再現性高い人生を軌道に乗せる方法は他にない

現在、フリーターや派遣で働いていて将来に不安を覚えている人は結構いるのではと思います。

社員として就職したいけど面接にすら辿りつけない。やっと面接に辿り着いても落とされ続ける。

そんな人はほぼノーリスクなのでプログラミングを学んでエンジニアを目指すのがおすすめです。

他の職種と比べて、これまでの職歴はあまり見られることなく身に着けたプログラミングスキルで勝負できます。

履歴書が真っ白な人でもプログラミングを習得後に就職に成功している人は思っている以上に沢山いるんですよね。

エンジニアとして2、3年実務経験を積めば引く手あまたとなり仕事に困ることはありません。
フリーランスエンジニアになると年収1000万円も射程圏内に入ります。

参考までにフリーランスエンジニア向け案件紹介サイトのレバテックフリーランスで案件を確認してみましょう。


Rubyの案件の平均単価は79万円です。年収換算すれば約950万円となります。これが平均です。

これ以上に再現性が高く人生を軌道に乗せる方法は他にないでしょう。

本記事ではフリーターからプログラミングを学んで就職する方法についてお伝えします。

編集部(須賀)より

編集部の須賀です。これまで20社以上のプログラミングスクールと受講生を取材してきました。各スクールの教材や講師についても授業を受講しチェックした上でおすすめスクールをこちらの記事「本当に力のつくおすすめプログラミングスクールまとめ」で掲載しています。

実際受講した際に使用したスクールの教材、取材させていただいた方々(※一部)
スポンサーリンク

フリーターでもプログラミングを学ぶと就職できる理由

フリーターがプログラミングを学ぶと就職成功率は飛躍的に上がります。

理由は3つあります。

①IIT業界は人手不足で売り手市場だから
②プログラミングはスキル証明がしやすいから
③エンジニア業界は職歴に寛容だから

①IT業界は人手不足で売り手市場だから

フリータがプログラミングを学ぶことで就職できる最大の理由は「IT業界は圧倒的な人材不足」だからです。

とにかくIT業界は人が足りていません。

これはわたし自身が実感しているところです。ひっきりなしに採用支援をしている企業から「良いエンジニアいない?」と連絡来ますからね。

現時点ですでに人手不足ですが2030年には最大約79万人IT人材が不足すると推定されています(経済産業省調査)

人材不足ゆえ求職者が優位の売り手市場となっています。



人材会社dodaの調査でIT・通信部門(つまりエンジニア)の求人倍率は5.22倍です。

これが何を意味するのかというと

求職者1人につき5社以上の求人がある」わけです。

実務経験が数年あるエンジニアは企業から引っ張りだこ状態。そうなると収入も上がりやすく待遇の良い条件を勝ち取れます。

②プログラミングはスキル証明がしやすいから

プログラミングはスキル証明がしやすいのでフリーターからの就職に最適なスキルです。

他の職業だとスキル証明がしにくいのです。つまり採用企業から再現性が判断できないのです。

営業だと「○○件、受注獲得しました」と実績を語られても採用企業からするとそれを自社でまた再現してもらえるかどうかが分かりづらいところがあります。

一方でプログラミングは実際にPHPで開発したWebアプリを採用企業に見せれば「PHPでWebアプリを開発できます」とスキルの証明ができます。

採用企業からすると「PHPでWebアプリを開発できる人なんだな。自社でもPHPできるエンジニア欲しいし採用を検討しよう」と判断しやすいのです。

③エンジニア業界は職歴に寛容だから

スキル証明がしやすいのと関連していますがエンジニア業界は基本的に職歴に寛容です。

2年間フリーター期間があったとしてもさほど突っ込まれません。ほかの業種であればその2年間いったい何をしていたのか無茶苦茶突っ込まれますよね。

ただエンジニア業界は「あなたは一体何ができるの」ってところが極めて重要なので職歴はさほど重視されません。

多くのエンジニアは2年周期で転職してたり、人材の流動性が極めて高いのも職歴の寛容さに影響しています。

スポンサーリンク

ただし年齢に応じて難易度は異なる

フリーターがプログラミングを学ぶと就職しやすくなりやすい理由については前述したとおりです。

しかし年齢によって就職のしやすさは違ってきます。以降で見ていきましょう。

20代は余裕で就職可能

20代でプログラミングを学んでプログラミングスキルを一定レベルつけていると就職成功確率は極めて高くなるでしょう。

企業は20代の求職者に対してはポテンシャルを見て採用します。長期間自社で働いてもらうことを前提に伸びしろを買ってくれる傾向があるわけです。

裏事情ではありますが企業からすると20代の社員には高い報酬を払わなくても良いのもありますね。実は給与の額は養っている子供の人数など家庭事情も関わってきますからね。

20代は子供を持っていない人も多いですから報酬は低めに抑えても大丈夫という判断ができます。

あと20代で順調に育ってくれて技術・開発リーダーになるなど幹部候補になってくれたら後々十分に元を取れますからね。

30代での就職は少し難しくなってくる

30代になると20代と比較して少し難易度が上がります。

これはIT企業の社員の平均年齢が低いことと関係しています。

IT自体が新しい産業であることもあってIT企業の平均年齢も他の業界より低めです。

20代後半から30代前半の中堅社員が新入社員の教育係を担当することも珍しくありません。

26歳の社員が36歳の社員を教育するのを想像してください。やりづらいと思いませんか?

こうした理由から企業は30代に対しては即戦力になりそうな有望な人がいたら採用するスタンスを取ります。ポテンシャルを見て採用することはありません。

ゆえに30代になると就職難易度が高くなるのです。とはいえ30代はまだまだ就職可能です。

プログラミングスキルを実務レベルまで高めておくと採用してくれる企業は出てきます。ただ独学だと厳しいのでプログラミングスクールを頼りましょう。

僕は31歳までフリーターやニートだったりして、職務経歴書に書ける事は何も無い人生だけど、それでもエンジニアとして働けているから、多分誰でも頑張ればエンジニアになれるはず。

Twitter

スポンサーリンク

フリーターがプログラミングを学んでエンジニアになると人生変わる

フリーターからプログラミングスキルを習得してエンジニアになると人生は間違いなく変わります。もちろん良い方向にです。

フリータでなんだか将来に不安を感じるのは以下の2つが原因でしょう。

・収入が不安定
・自分に何かを積み上げている地に足がついた感覚がない

この2つはエンジニアになれば解決します。

まず収入面ですが間違いなく安定します。先ほど言ったように売り手市場なので着実にスキルを身に着ければ仕事に困ることはないです。

ただ高収入を実現可能かというとエンジニア就職初年度にいきなり年収800万円は無理です。

エンジニアになりたての頃は戦力にならない”赤字”要員です。

企業側は研修コストもかけてるいるわけで高額な給料を払えるわけがないのです。

エンジニアになりたて初年度の年収は大体300~400万円ほどが一般的です。

しかし実務経験を2年ほど積むと状況はガラッと変わります。400万円、500万円、600万円と収入のアップを見込めます。

またフリーランスエンジニアになると普通に1000万円は稼げます。

実際わたしの周りのフリーランスエンジニアで年収1000万円以下の人はいないです。

信じられない人もいるかもしれないので参考までにフリーランスエンジニア向け案件紹介サイトのレバテックフリーランスで案件を確認してみましょう。


Rubyの案件の平均単価は79万円です。年収換算すれば約950万円となります。これが平均です。

また収入面だけでなくエンジニアは日々スキルと知識が積みあがっていくのを実感できる仕事なのも良いですね。

半年前にはできなかったことが今はできるようになっている、自分に何かが積み上がっている実感を得られる仕事なのです。

コツコツ積み上げるのが好きな人には向いてる仕事でしょう。

スポンサーリンク

正しい方向性で努力することが重要

プログラミングを習得し就職を目指す人が陥りがちなのが間違った方向性で努力してしまうことです。特に独学はそうなりやすいですね。

オンライン教材のProgateを何週も周っているだけで、いつまでたってもプログラミングスキルがつかず最終的に挫折してしまう。就職も遠のく。

こういう人すごく多いんですよね。

もちろんProgateそのものは良い教材です。神教材と言って良いでしょう。

プログラミング基礎を身に着けるには最適です。しかしProgateで基礎を学んだたらサッと切り上げて次のフェーズに行くべきなのです。

一例ですが

1.Progate

2.Railsチュートリアル

3.オリジナルアプリ開発

こういったロードマップに従い学習を進めていく必要があります。しかしこれ独学だと相当きついですよ。

何をどうやって勉強すれば良いか分からないですし、果たしてどのスキルをつけると就職に強いのかも分かりませんよね。

正しい方向性で努力するための戦略をまずは考えましょう。

以降で解説していきますね。

スポンサーリンク

IT未経験のフリーターがエンジニアになるための方法

フリーターがプログラミングを学んで就職するには以下の方法があるでしょう。

成功確率の高い順に挙げますね。

1.プログラミングスクールを利用する
2.フリーター向けの就職サービスを使う
3.転職サイトで未経験求人を狙う
4.アルバイトからの正社員登用を狙う
5.ハローワークを利用する

1.プログラミングスクールを利用する

実質的には「プログラミングスクールを利用する」の一択かなと。少なくともわたしはそう考えます。再現性が最も高いので。

わたし自身独学でのプログラミング習得に失敗した後にプログラミンスクールを受講してエンジニア転職を成功させました。独学だと無理だったと思います。

プログラミングスクールではオリジナルWebアプリを開発できます。

就職活動においてオリジナルWebアプリはコーディング技術を示す重要なポートフォリオ(スキルを示すプロダクト集)になります。

スクールで作り込んだオリジナルWebアプリを持った状態で就活に臨めば就職できる確率は極めて高いです。

たとえばプログラミングスクールでPHPを学習しオリジナルWebアプリを開発するとします。

そのオリジナルWebアプリをポートフォリオ(スキルを示すプロダクト集)として持っていると採用企業から

採用担当
採用担当

PHPでWebアプリを開発できる人なんだな。PHPで開発できるエンジニアが欲しいところだし採用を検討しよう。

こう判断してもらいやすいのです。そのためプログラミングを学んでエンジニア転職を目指す場合にはスクールを利用するのを強くおすすめします。

以降ではスクール以外の他の方法だとどうなのか見てみましょう。

2.フリーター向けの就職サービスを使う

ハタラクティブなどフリーター向けの就職サービスを利用すれば未経験歓迎のエンジニア求人に就職できる可能性はありますが、あまりおすすめはできないです。

未経験歓迎のエンジニア求人では就職してからエンジニアになるための社内研修を受けます。

ただ問題なのはプログラミングスキルをつけてない状態で採用してくれる企業はエンジニアとして市場価値の高いスキルをつけるのが難しめな企業であることです。ほぼ100%SES企業への就職となるでしょう。

雑用ばかりやらされエンジニアとしてスキルをつけれない可能性もあります。市場価値を高めることができず年収も300万円付近から一向に上がらずキャリア的に積む可能性が高いです。

SES企業については以下の記事を参考にしてください。

3.転職サイトで未経験求人を狙う

転職サイト経由での就職ですが転職サイトにも未経験を募集している求人はあるにはあります。ただし「エンジニアになれる」というのを釣りにしたブラック企業の可能性が極めて高いです。

エンジニアになれると思って就職したのにテレアポをさせられたなんて怖い実話もあります。

4.アルバイトからの正社員登用を狙う

次にアルバイトからエンジニアとして正社員登用されるルートを狙う手段について。アルバイトとしてテスターやバグチェックをしながらプログラミングを学んで正社員に抜擢されるケースもなくはないです。

しかし、相当に可能性が低いです。必ずしも正社員登用してもらえるわけではなく再現性低すぎなのでおすすめできないです。

5.ハローワークを利用する

ハロワークは基本的に「中途採用」をメインにしています。エンジニアの実務経験がある人でないと書類選考にも通りづらいです。

繰り返しますが「プログラミングスクールを利用する」の一択でしょう。

一定のプログラミングスキルがあって初めてエンジニアとして正社員雇用してもらえる土俵に乗れます。現状のエンジニア就職はこれがスタンダードです。

独学でプログラミングを習得するのは難度高い

プログラミングスキルの習得は無茶苦茶難しいわけではないものの簡単なわけでもないです。

実際、わたし自身も25歳の時にプログラミング学習を独学で始めました。しかしあっけなく2か月で挫折。

その後プログラミングスクールを受講しプログラミングを習得しました。

誤解のない様に言うとプログラミング自体はそこまで難しくないです。英語の様な語学を学習する感覚に近いですね。

基礎的な学力があれば問題ないです。

それよりも独学だと何をどのように学習すれば良いのかがいまいち分からないがゆえ挫折しやすいのです。

プログラミング独学はゴールの見えないマラソンを走るのに近いです。

自分が今どこを走っているか分からず、いつゴールに着くのかも分からない。この状態でまず努力し続けられません。

一方で今、自分がどこを走っているのかが分かりゴールが見えていると走り続けられる、努力し続けることが可能です。

プログラミング習得に挫折しないためにもプログラミングスクールを利用するのをおすすめします。

講師が学習計画を策定し進捗管理をしてくれ、何をどのように学習すれば良いのかが分かるゆえ挫折しにくいです。

以下でおすすめのスクールを紹介しておきますね。

スクール期間・料金向いてる人
DMM WEBCAMP3か月 62万8000円・優良企業に就職したい
・20代
ポテパンキャンプ5か月 40万8000円・高年収を実現したい
・30代
プログラマカレッジ3か月 無料・無料で受講したい
20代 → DMM WEBCAMP

30代以下であればDMM WEBCAMPがおすすめです。

手厚い進捗管理とサポートで挫折しにくいです。また卒業生の離職率も1%と優良な企業への就職実績豊富です。

転職できない場合には受講料が全額返金される転職保証付き(※20代対象)

30代 → ポテパンキャンプ

30代であればポテパンキャンプがおすすめです。

グノシーやhuluなど一流エンジニア講師指導の下で実務レベルのスキルをつけます。30代の就職実績も豊富です。

無料で受講したい →  プログラマカレッジ

無料で受講したい人にはプログラマカレッジがおすすめです。

現役エンジニア講師の指導の下プログラミングを習得でき、就職先に関しても優良企業が多いです。違約金制度もありません。

スポンサーリンク

一歩踏み出そう

自分にプログラミング習得して就職なんてできるのかな

そんな人もいるかもしれません。それはメンタルブロックです。人間は本質的に現状維持をしたく生き物なのでネガティブな考えが出てきて行動を抑制しようとしているのです。

しかし、現状を打破するには一歩踏み出すほかないです。特にこのままだとまずいと思っている人はまずはスクールの説明会に参加するなり行動してみましょう。すると何らかの発見を得られるでしょうし状況は変わり始めますよ。

健闘を祈っています。

本記事で紹介したおすすめのスクールを再掲しておきます。

スクール期間・料金向いてる人
DMM WEBCAMP3か月 62万8000円・優良企業に就職したい
・20代
ポテパンキャンプ5か月 40万8000円・高年収を実現したい
・30代
プログラマカレッジ3か月 無料・無料で受講したい

併せて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました